Gamerch
ディビジョン2(DIVISION2)攻略wiki

【ディビジョン2】レイド向けビルドの作り方と特徴【DIVISION2】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ディビジョン2(DIVISION2)のレイド向けビルドについて紹介しています。レイド向けビルドで発動させるタレントや特性値などをまとめていますので、装備構成に迷っている方は参考にしてみてください。

バナー

レイド向けビルドとは

レイド向けビルドとは、5/17に解禁されたレイド「オペレーション・ダークアワーズ」をクリアするために必須、またはおすすめのタレントを組み合わせたものになります。


あくまでも一例であり、この通りのビルドであればクリアできるという保証があるわけではないので、参考程度にご覧ください。

レイド向けビルドの作り方

レイドでは難易度ヒロイックと同等かそれ以上の固さ/攻撃力を持って敵が登場します。

そのため、ある程度スキルやタレントを組んで挑まないと火力不足/耐久不足になり、クリアの可能性が下がっていきます。


現在では海外のPCユーザーを中心にレイドの攻略ポイントが確率されてきており、ギミックの対処自体は慣れれば徐々にこなせるようになってきています。

ですが、ビルドに関してはプレイングでカバーしきれない部分に影響するため、しっかりと組んでおくことでギミック処理もスムーズに行いやすくなります。

火力面でおすすめのタレント

敵が固く、ブーマーなど攻撃できるタイミングが限られている敵に対しては高火力で一気にDPSを出すことが重要です。

火力を安定して発揮するために有効なタレントを記載していきます。

スキル名効果
アンヒンジド
(LMGのみ)
武器ダメージが20%上昇する代わりに、武器ハンドリングが-25%下がる
コンペンセーテッドクリティカル率が20%以下だと武器ダメージが+15%増加する
必要条件:武器パワー3以下
オンザロープ全てのスキルがクールダウン中に武器ダメージが25%増加する
必要条件:スキルパワー7以上
アンストッパブル敵を倒すと、最大アーマー25000ごとに2%の武器ダメージを得る
必要条件:装備パワー7以上
ハードヒットエリートへのダメージ+10%
デバステイティング武器ダメージ+5%

上記に挙げたタレントはすべて同時に発動させることができます。

オンザロープとアンストッパブルは条件がありますが、仮に合計アーマー225,000の場合ですべて発動すると武器ダメージ+83%(20+15+25+18+5)、エリートに対してであれば+93%まで跳ね上がります。

これにデモリショニストのパーク分を加えると武器ダメージ+100%を超えるビルドが組みあがります。

オンザロープの発動の為にスキルを無駄撃ちする必要がありますが、瞬間火力が必要な場面のみに抑えても+70%台は発揮できます。

耐久面でおすすめのタレント

レイドでは敵を早く倒すことも重要ですが、いかにキルされずに戦うかも非常に重要です。

敵の攻撃を耐えながら交戦するのに向いたタレントを記載していきます。

スキル名効果
忍耐力カバーに5秒間入った後、アーマーが1秒ごとに5%修復される

必要条件:装備パワー6以上
アンブレイカブル【PvE】
アーマーが消耗すると最大アーマーの70%が修復される。その後7秒以内に使ったアーマーキットは消費されない

必要条件:装備パワー11以上、他の有効なタレントがアーマーキットに影響していない
プリザベーション【PvE】
敵を倒すと、アーマーが10%、5秒間修復される。ヘッドショットキルなら修復量が増加する(20%)

必要条件:装備パワー7以上
ブラッドサッカー敵のアーマーを消費させると、+20%のボーナスアーマースタックが追加される。最大スタック数は5

必要条件:装備パワー11以上、AR/SMG/LMG装備時
ハードアーマー+10%
バイタルHP+20%

5/14のパッチで弱体化された忍耐力ですが、前の効果が優秀すぎただけで効果自体は優秀なタレントです。ヘイトを取っている間は動いて敵を誘導する方が優先ですが、カバーに入っているだけでアーマーキットを節約できるのでおすすめです。

アンブレイカブルは重い一撃を食らってしまった場合の保険として機能します。特定のタイミングで発動するタレントなので通常時は実質腐ってしまいますが、あるのとないのでは心のゆとりが変わるので枠があれば装備してみましょう。また、枠がアンストッパブルと被るので好みで選択しましょう。

ブラッドサッカーは必要条件がやや厳しめですが、火力系タレントと組み合わせることで条件を満たしやすくなるため火力も出したいし耐久も欲しい欲張りエージェントにおすすめです。上記のタレントの中だと、必要条件の関係上「コンペンセーテッド」とは組み合わせられないので注意しましょう。

ハードとバイタルはタレント枠が合わせやすく汎用性が高いです。火力系のハードヒットと枠が被るので好みで付け替えましょう。

レイド向けビルドの作成例

種別特性タレント
LMG-アンヒンジド
エクストラorオプティマイズド
エバーラスティングorダブルデューティー
ネメシス--
マスク攻撃特性合計3以下
防御特性合計7以上
スキルパワー合計7以上
ハードヒット
ボディアーマーアンストッパブル
ホルスターフィルアップ
バックパックオンザロープ
ハードヒット
グローブコンペンセーテッド
ニーパッド忍耐力
ハードヒット
スキル1レインフォーサー
(ケミランチャー)
スキル2クラスターor
エクスプローシブ
(追尾マイン)

上で挙げたタレントの内、対エリート火力を意識した組み合わせになります。

オンザロープ発動の為にスキルを「回復ケミランチャー」と「クラスターマイン(分裂マイン)」にしておくのがおすすめです。

クラスターマインは標的に当たるまで赤い爆発範囲が表示されるため、疑似的にパルススキャンのように使うこともできます。クールダウンタイム用のスキルはPulse系でも代替できますが、追尾マインの方が多少の火力にもなるので「死にスキル」になりづらいです。


アンヒンジド付きのLMGが無い場合は、代替としてプリザベーションかレンジャー付きのARがお勧めです。


コメント (【ディビジョン2】レイド向けビルドの作り方と特徴【DIVISION2】)

新着スレッド(ディビジョン2(DIVISION2)攻略wiki)

注目記事
ページトップへ