Gamerch
Rust攻略Wiki

【Rust】リサイクラーの使い方と注意点

最終更新日時 :
1人が閲覧中

Rustのリサイクラーの使い方と注意点をご紹介。リサイクラーの設置場所、リサイクルのおすすめアイテムや注意点について記載しています。

リサイクラーの使い方と注意点

リサイクラーの使い方

1.リサイクラーを開く

リサイクラー

セーフゾーンなど、名前のあるエリアに向かい、リサイクラーを開きましょう。

2.リサイクルしたいアイテムを入れる

リサイクラー2

リサイクルしたいアイテムを"入力"に入れましょう。

3.出力からアイテムを受け取る

リサイクラー3

リサイクルされたアイテムを"出力"から受け取ればリサイクラー完了です。

リサイクラーの設置場所

リサイクラーの設置場所

リサイクラーは、名前のあるエリアであれば基本的に設置してあります。

「バンディットキャンプ」や「アウトポスト」は、セーフゾーン(攻撃禁止)となっているため、他のリサイクラーよりも安全に使用できます。

リサイクラーのおすすめアイテム

アイテム名分解して得られるスクラップ数
ライフル胴部スクラップ×25
電気ヒューズスクラップ×20
SMG胴部スクラップ×15
セミオートマチック胴部スクラップ×15
歯車スクラップ×10
板金スクラップ×8
金属パイプスクラップ×5
道路標識スクラップ×5

リサイクラーでスクラップを入手する際は上記のアイテムをリサイクルすると効率良くスクラップの入手が可能です。

スクラップを入手する方法はこちら

リサイクラーの注意点

リサイクラーは、運転中に離れてしまうと、他のプレイヤーがリサイクラーを開けるようになり、出力したアイテムを入手出来てしまいます。

注意点としてリサイクラーを動かしている間はリサイクラーから離れず、かつ上に乗って他のプレイヤーから移動されないように対策すると安全に使用できます。


Rust


Rust攻略Wikiトップへ

コメント (リサイクラーの使い方と注意点)

新着スレッド(Rust攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる