Gamerch
Rust攻略Wiki

【Rust】リサーチテーブルの仕様解説

最終更新日時 :
1人が閲覧中

Rustのリサーチテーブルの仕様を解説しています。リサーチテーブルの使い方や作り方なども掲載しているのでぜひご覧ください。

リサーチテーブルの仕様解説

リサーチテーブルとは?

入手したアイテムをレシピ化

レシピ

リサーチテーブルは、入手したアイテムをレシピ(ブループリント)に変換できるツールです。

変換したレシピは、使用することでクラフトに追加でき、BPワイプが実施されるまでサーバー内で何回でも作成できるようになります。作成には、レシピに対応するワークベンチが必要です。

ワークベンチで作成出来るアイテム一覧

ワークベンチよりもスクラップを節約できる

ワークベンチリサーチテーブル

リサーチテーブルを使用する事でワークベンチで解放するよりもスクラップを節約する事が可能です。

ワークベンチで解放が難しいアイテムなどは現物を入手して、リサーチテーブルを使うと早く量産する事が出来るようになります。

一部のアイテムはレシピ化する事が出来ない

リサーチテーブルでは全てのアイテムをレシピ化する事が出来ないので注意しましょう。

レシピ化出来ない場合は日本語版であれば「このアイテムはスクラップで作成することはできません」と表示されます。

リサーチテーブルの作り方

リサーチテーブル

必要素材・金属片×200
・スクラップ×20

リサーチテーブルは金属片とスクラップが必要になるので、リサイクラーなどを活用して素材を集めましょう。

比較的序盤でも作成出来るので、レシピ化したいアイテムを見つけた際に作成しておくのが良いでしょう。

リサーチテーブルの使い方

順番内容
レシピにしたいアイテムをテーブルに入れる
必要なスクラップをテーブルに入れてレシピ化する
レシピを取り出して覚える

レシピにしたいアイテムをテーブルに入れる

レシピしたいアイテムを入れる

まず最初はレシピにしたいアイテムをリサーチテーブルに入れて、必要になるスクラップの数を確認しましょう。

スクラップの数を確認するだけの時は入れたアイテムを取り忘れないようにだけ気を付けましょう。

必要なスクラップを入れてレシピ化する

必要なスクラップを入れてレシピ化する

レシピ化する時は必要なスクラップを入れてリサーチを開始しましょう。スクラップを余分に入れた場合はスクラップを抜き忘れないように注意しましょう。

レシピを取り出してレシピを覚える

レシピを取り出してレシピを覚える

レシピを取ったらレシピを取り出してインベントリからレシピを選択して覚えるようにしましょう。


Rust


Rust攻略Wikiトップへ

コメント (リサーチテーブルの仕様解説)

新着スレッド(Rust攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる