Gamerch
Rust攻略Wiki

【Rust】武器はどれから作成すべき?

最終更新日時 :
1人が閲覧中

Rustの武器はどれから作成すべき?をご紹介。おすすめの武器、扱いやすい武器、使いやすい武器、クラフトの仕様やレシピ化について記載しています。

武器はどれから作成すべき?

序盤は弓を作ろう

作業台不要
クラフト素材・木材×200
・布×50

銃器のレシピが手に入るまでは、「ハンティングボウ(弓)」をクラフトして使いましょう。

弓は、序盤に作成できる武器の中でも威力が高く、中距離からダメージを与えられるため、動物狩りやPvPでも使用できる優秀な武器です。

ダブルバレルショットガンをレシピ化

作業台レベル1
リサーチコストスクラップ×250
クラフト素材・金属片×150
・金属パイプ×1

優先して入手しておきたい武器として、「ダブルバレルショットガン」がおすすめです。

リロードには時間が掛かりますが、威力の高さから2発でも十分PvPで使用でき、NPCの狩りやすさでもおすすめです。

リボルバーのレシピ化もおすすめ

作業台レベル1
リサーチコストスクラップ×75
クラフト素材・金属片×125
・金属パイプ×1
・布×25

リボルバーが手に入った場合は、リボルバーをレシピ化してクラフトするのもおすすめです。

リボルバーは、単発武器で反動も少なく、初心者でも弾を当てやすい武器です。

入手した武器はすぐにレシピ化

上記でおすすめした武器以外でも、入手した武器は基本的に優先してレシピ化を行いましょう。レシピ化は、リサーチテーブルでスクラップを消費して行えます。

レシピ化さえできていれば、BPワイプが実施されるまでクラフト可能となり、武器本体を失っても素材を集めれば再入手ができます。

スクラップの入手方法はこちら

クラフトには作業台が必須

銃器をクラフトするには「作業台」が必要となり、武器に応じて作業台のレベルも変化します。

上記でおすすめしている武器は「作業台レベル1」で作成できますが、「トンプソン」や「カスタムSMG」等になると「作業台レベル2」が必要になってきます。

ワークベンチのアイテム一覧はこちら

Rust


Rust攻略Wikiトップへ

コメント (武器はどれから作成すべき?)

新着スレッド(Rust攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる