Gamerch
SGEM攻略Wiki

【SGEM City】おすすめデッキ編成

最終更新日時 :
1人が閲覧中

「SGEM City」のおすすめデッキ編成ついてまとめています。Baboの種族ごとにおすすめのカードを掲載しているので攻略の参考にしてください。

おすすめデッキ編成

戦士系のデッキ編成

戦士系Babo

デッキ編成

デッキ編成
強化攻撃血流し盾強化
盾撃筋肉強化血流し

初期から持っている戦士系カードと汎用カードのデッキ編成例です。豊富な攻撃力UPとHP吸収でHPを高く保ちながら施設を攻撃することができます。

編成したカードの性能と解説

カード性能(初期Lv時)
強化攻撃
強化攻撃(青)
物理攻撃の際(1回有効)、ターゲットの隣の枠を開く、1個の防御単位が現れるたびに、自身の物理攻撃力が127pt増加。有効4回
筋肉強化
筋肉強化(緑)
物理攻撃力が24(+2×魔法攻撃力)pt上昇、持続2ターン

強化攻撃は、開いた雲の数が多いほど攻撃力が上がるカードなので、周囲の雲が開いていないマスで使用すると大幅な攻撃力アップが見込めます。

カード性能(初期Lv時)
血流し
血流し(青)
物理ダメージを与える際、吸血60.0%(最現在のHP上限まで回復可能)。有効5回
血流し
血流し(白)
物理ダメージを与える際、吸血50.0%(現在のHP上限まで回復可能)。持続4ターン

物理攻撃でHPを吸収する血流しを2枚編成しています。攻撃力アップ系のカードと合わせてHPが減る前から使っておきましょう。

カード性能(初期Lv時)
盾強化
盾強化(青)
220pt耐久度を増加
盾撃
盾撃(青)
90耐久値を消耗して発動:目標に1回物理攻撃する、350pt物理ダメージを与える。

盾撃はシールド耐久力を消費して発動するため、盾強化とセットで使いましょう。戦士は一撃で高いダメージを与えられるカードが少ないので、積極的に採用したいカードです。

入れ替え候補のカード

カード性能(初期Lv時)
治療
治療(白)
HPが60(+10×魔法攻撃力)pt回復(現在のHP上限まで)
強化攻撃
強化攻撃(緑)
物理攻撃の際(1回有効)、ターゲットの隅の枠を開く、1個の防御単位が現れるたびに、自身の物理攻撃力が60pt増加。有効3回
盾強化
盾強化(緑)
230pt耐久度を増加

シンプルに使いやすい回復カードの治療や攻撃バフを増やすための強化攻撃、盾撃とのコンボを狙いやすくするための盾強化が入れ替え候補となるでしょう。

魔法系のカード編成

魔法系Babo

デッキ編成

デッキ編成
嗜血魔化電撃
雷電術雷撃乱射治療

初期から持っている魔法系カードと汎用カードのデッキ編成例です。魔法系Baboは保有マナが多いため、攻撃カードをメインに戦うことができます。

編成したカードの性能と解説

カード性能(初期Lv時)
電撃
電撃(青)
スペルアタックを開始する、ターゲットに303(+5×魔法攻撃力)ptの魔法ダメージを与える
雷電術
雷電術(青)
魔法攻撃を1回発動し、目標275(+5×魔法攻撃力)ptの魔法ダメージを2回与える
雷撃乱射
雷撃乱射(青)
ランダムのターゲットに2回魔法攻撃を発動し、毎回116(+2×魔法攻撃力)ptの魔法ダメージを与える

単体に大ダメージを与える電撃と雷電術をメインで使いつつ、複数の施設には雷撃乱射を狙いましょう。

カード性能(初期Lv時)
魔化
魔化(青)
魔法攻撃力が16pt上昇。持続6ターン。

魔化は持続時間が比較的長めで使いやすい魔法攻撃力アップカードです。常に使っているとマナコストが足りなくなるので、残りマナを計算しながら戦いましょう。

カード性能(初期Lv時)
嗜血
嗜血(青)
魔法ダメージを与えた場合、60.0%HPを回復、持続5ターン。
治療
治療(白)
HPが60(+10×魔法攻撃力)pt回復(現在のHP上限まで)

魔法攻撃でのHP吸収ができる嗜血と使いやすい回復カードの治療を編成しているので、HPを高く保つことができます。嗜血は魔法攻撃力アップカードと共に使って大量回復を狙いましょう。

入れ替え候補のカード

カード性能(初期Lv時)
電撃
電撃(緑)
スペルアタックを開始する、ターゲットに185(+5×魔法攻撃力)ptの魔法ダメージを与える
痛撃
痛撃(青)
110HPで目標に2回の魔法攻撃を発動し、毎回265(+5x魔法攻撃力)のダメージを与える

単体に対して大きなダメージを与える使いやすいカードが入れ替え候補となるでしょう。痛撃はHP消費がありますが、その分大きなダメージを与えられるのでおすすめです。

射手系のカード編成

射手系Babo

デッキ編成

デッキ編成
飛び火犠牲犠牲
血流し血流し治療

初期から持っている射手系カードと汎用カードのデッキ編成例です。射手系Baboは、攻撃力を上げた通常攻撃をメインに戦うため、攻撃力アップ系のカードを複数編成しておきましょう。

編成したカードの性能と解説

カード性能(初期Lv時)
犠牲
犠牲(青)
120HPを消耗して発動:物理攻撃力を205(+4×魔法攻撃力)pt増加させる。持続4ターン
犠牲
犠牲(緑)
120HPを消耗して発動:物理攻撃力を134(+4×魔法攻撃力)pt増加させる。持続3ターン

HPを削って大幅に攻撃力を上げる犠牲を使うことによって通常攻撃の火力を大きく伸ばすことができます。レアリティの低い緑も十分に強力なので、どちらも編成するのがおすすめです。

カード性能(初期Lv時)
飛び火
飛び火(青)
物理攻撃を行う際(有効1回)、ターゲットの隣の枠を開き、同時に隣の防御単位に45.0%の物理ダメージを与える。

雲を開きつつ隣の施設を攻撃できる範囲攻撃カードです。施設が並んでいる場所に攻撃力アップカードと合わせて使いましょう。

カード性能(初期Lv時)
血流し
血流し(緑)
物理ダメージを与える際、吸血45.0%(現在のHP上限まで回復可能)。持続5ターン
血流し
血流し(白)
物理ダメージを与える際、吸血50.0%(現在のHP上限まで回復可能)。持続4ターン
治療
治療(白)
HPが60(+10×魔法攻撃力)pt回復(現在のHP上限まで)

射手系Baboは、自らHPを減少させるカードを使うため、回復カードを豊富に編成しています。HP吸収系のカードは、攻撃力アップと共に使用して回復量を高めましょう。

入れ替え候補のカード

カード性能(初期Lv時)
筋肉強化
筋肉強化(青)
物理攻撃力が75pt上昇、持続3ターン
鷹の目
鷹の目(青)
命中率を4.0%アップして、持続5ターン

HP消費0で攻撃力をアップできる筋肉強化と低いマナコストで命中率をアップできる鷹の目が入れ替え候補です。命中率を上げると安定して火力が出せるのでおすすめです。


おすすめ記事
「SGEM City」のプレイ方法Baboの購入方法
序盤の効率的な進め方施設の役割と種類一覧
マーケットBaboの繁殖方法とコツ
Baboの種類と特徴カードの強化方法
探検者の家とは?試練場(PvPモード)とは?

SGEM攻略Wikiのトップページ

コメント (おすすめデッキ編成)

新着スレッド(SGEM攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる