Gamerch

【スマブラSP】ラグがひどい原因と対策方法【スマブラスイッチ】

最終更新日時 : コメント(0)

スマブラSP(スマブラスイッチ)のラグがひどい原因と対策方法を掲載しています。通信が遅いから改善したい、オンラインを快適に利用したい方はぜひこちらをご覧ください。

目次 (ラグがひどい原因と対策方法)

ラグがひどい原因

スマブラSPのオンライン対戦でラグがひどい原因をまとめているので、通信遅延でお困りの方はぜひご覧ください。

スマブラは完全同期型通信

スマブラの通信システムが「完全同期型通信」になっているため自分が通信速度などの回線問題をクリアしていても、他のプレイヤーの中に1人でも通信状況が悪い人がいるとラグが生じる場合があります。

ラグが発生する主な原因

通信帯域(Mbps)が弱い

よくオンラインプレイを利用する方は目にする「Mbps(通信帯域)」の数値が低いとラグが発生する可能性があります。

推奨速度30Mbps~2Gbps

Nintendo Switch本体の設定>インターネットから接続テストで通信帯域を確認することができます。

他にも確認する手段はありますが、とりあえず通信速度(ダウンロード)だけ確認できればOKです。

無線のWi-Fiを使用している

Wi-Fi

現在無線のWi-Fiを利用してラグは起きる方は、部屋の遮蔽物や電波干渉(ノイズ)の影響で通信状況が悪くなり、ラグが発生する可能性があります。


電子レンジにより通信状況が著しく悪くなったという事例もあります。

通信設定(DNS)が最適化されていない

Nintendo Switch本体のの通信設定(DNS)が最適化されていないためにラグが生じるケースがあります。


こちらはすぐ変更・対応が可能です。

ラグをなくす対策方法

ネット回線が変えよう

現在使用しているネット回線をご家族の方が契約している場合などのケースは難しいかもしれませんが、通信速度、通信帯域の数値が不十分の方はできるだけ高いパフォーマンスを持つネット回線に切り替えることをおすすめします。


【おすすめのネット回線】

NURO 光

auひかり

有線にしよう

有線

ネット回線(Wi-Fi)を無線LANから有線LANに切り替えることによって、遮蔽物の電波障害もなくなるため安定した通信速度を保つことができるため、なるべく有線LANでオンラインをプレイするようにしましょう。

有線LANアダプタを購入する必要がある

有線LANアダプタ

Nintendo Switch本体のドックには、有線LANポートがないためUSB端子から変換する「有線LANアダプタ」を用意する必要があります。


また有線LANであるためケーブルも必要です。

通信設定を設定しよう

インターネット設定のDNSを最適化することによりラグが解消される場合があります。


DNS設定から手動で優先DNSを「008.008.008.008」に代替DNSを「008.008.004.004」に変更します。


DNSの設定画面は下記から行くことができます。

Nintendo Switch本体(ホーム)>設定>インターネット>インターネット設定>登録済みのネットワーク

ガチ勢とマッチングするようにしよう

スマブラのガチ勢は比較的ネット回線の問題をクリアしている方は多く、ラグが起きにくい傾向にあります。


そのため自分もラグの原因を解消したら、その先はもう相手次第になってしまうためラグを発生しにくいガチ勢の方と対戦するのが良いかもしれません。


VIPルーム(マッチ)など基本的にプレイが上手いガチ勢の方が多いためおすすめです。


VIPルームの解放条件とボーダー

GCコンを使おう

ネット回線などのラグとは違いますが、GCコン(ゲームキューブコントローラー)はプロコンよりも入力遅延が1フレームほどの速かったそうなので、少しでも遅延(ラグ)をなくしたい方はGCコンを使用してみるのも良いのではないでしょうか?


おすすめのコントローラー



スマブラSP攻略Wikiのトップ

コメント (ラグがひどい原因と対策方法に対して)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ