Gamerch
Rust攻略Wiki

【Rust】豆缶グレネードの入手方法と作り方

最終更新日時 :
1人が閲覧中

Rustの素材「豆缶グレネード」の入手方法と作り方を紹介しています。まめ缶グレネードのレシピ、リサーチコスト、技術ツリーでの開放について記載しています。

豆缶グレネードの入手方法と作り方

豆缶グレネードの入手方法

木箱から低確率で入手

木箱から入手

豆缶グレネードは、木箱から低確率で入手できます。


確率は低いものの、木箱自体は道路沿いやモニュメント、地下などで大量に配置されているため、スクラップを集めるついでに入手できます。

技術ツリーで解放

技術ツリー

豆缶グレネードは、ワークベンチLv1の技術ツリーで、"てつピッケル"の列を下に進んで行くと解放できます。


0からスクラップを消費して解放する場合は、約800個近くのスクラップが必要になるため、スクラップが余っている場合はおすすめの手段です。

豆缶グレネードの作り方(レシピ)

豆缶グレネードのレシピ

クラフト素材かやく×60
金属片×20
リサーチコストスクラップ×75
作業台作業台レベル1

豆缶グレネードは、作業台レベル1で作成でき、クラフト素材は「かやく」と「金属片」のみです。


豆缶グレネードのリサーチコストは「スクラップ×75」で、技術ツリーで解放するより圧倒的にコストが低いです。


豆缶グレネードの使い道

爆発物として利用可能

豆缶グレネードは、爆発物として利用できます。


威力は他の爆薬よりも控えめですが、入手のしやすさであったり、通常の銃器と比較すると、壁などに与えられるダメージは全然高いです。

サッチェルチャージのクラフト素材

サッチェルチャージ

クラフト素材豆缶グレネード×4
隠し袋×1
ロープ×1
リサーチコストスクラップ×250
作業台作業台レベル1

豆缶グレネードは、サッチェルチャージ(梱包爆薬)のクラフト素材として使用します。


サッチェルチャージは、もちろん豆缶グレネードよりも威力が高く、レイドにおすすめですが、ダメージ効率は物によって変化するため、必ずしも梱包が良いとは限りません。

建築物を効率良く破壊する方法はこちら

Rust


Rust攻略Wikiトップへ

コメント (豆缶グレネードの入手方法と作り方)

新着スレッド(Rust攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる