Gamerch

【黒ウィズ】フェアリーコード2 Story

最終更新日時 :
1人が閲覧中


目次






TOP↑

story



……ぜんぜんクエス=アリアスに帰れないにゃ。

 そうだね、と君はバスの中でうなずいた。

ちょっと前。君は馬車に乗っていたはずなのに、気がつくと、異界の「バス」という乗り物の中にいた。

だから、またバスに乗っていれば、今度はクエス=アリアスに戻れるのではと思ったが……。

ぜんぜんそんなことはなかった。

窓の外の風景や中にいる乗客が移り変わるだけで、バスがバスであるという現実は不変だった。


そのうち、運転手まで交代した。これで、君が乗り始めてから変わらないものは、いよいよ、このバスだけになってしまった。

君は、ため息を吐いて、ペットボトルのお茶を飲んだ。最後のー口だった。

最初、この使い捨て水筒の軽さには感動さえ覚えたものだが、今はその軽さが、君をとても頼りない気分にさせた。

いったん降りるにゃ。そのへんの自販機でお茶でも買うにゃ。

 ウィズが言った。いったん降りるということは、つまり、バスからクエス=アリアスに戻るのを諦めるということでもあった。

仕方ない。また別の方法を探した方がいいだろう。

ここがどこかは知らないが、エニグマデバイスがあれば、エニグマチェリーのところへ帰れるはずだ。

そう思い、バスを降りると。

あれ、魔法使いさんとウィズさん?

なに、あなたたち、また来たの?

 別の知り合いに出くわした。

久しぶり、とあいさつしながら、君は納得する。なんとなく見覚えのある異界だなと思っていたが、彼女たちのいる異界だったのか、と。

でも、キミ、普通に魔法を使えていたにゃ。フェアリーコードのある異界だと、魔法が使えなかったはずにゃ。

 確かに。どういうことなんだろう、と思いつつ、君は道端の自販機に寄って、お茶のボタンを押した。

金貨ポットのカードを押しつける。コンビニも、バスも、自販機も、これひとつで商品を買えるのだ。

が、自販機は反応しなかった。

カードを押しつける位置が悪いのかと思ったが、位置を変えても反応してくれない。

まさか――と、嫌な予感に襲われた君は、エニグマデバイスで現在地を確認する。

画面には、『どこ?』と表示されていた。

こっちが聞きたいよ、と君は思った。

どうやら、バスに乗っているうちに、異界を移動することはできたみたいにゃ。

ただし、よく似た別の異界にだけどにゃ。

 ややこしい……と、君はうめいた。





next


あらすじ


ある日、タツマは謎めいた少年と遭遇する。

暴走妖精を一撃で倒したその少年は、ぼんやりとしていて、自分の意志を持っていないかのようだった。

一方、悪魔ラファールが東京に現れ、暗躍を始める。

新たな戦いが巻き起こるなか、タツマは龍としての記憶を取り戻していく――


Fairy Chord

00. Fairy Chord Prelude
  序章前編後編
2019
01/17
01. Fairy Chord
  序章
2019
03/14
02. ルミス編(GP2019)08/30
03. リレイ編(GP2019)09/12
04. フェアリーコード2
  序章
2019
11/26
05. フェアリーコード3
  序章
2020
07/14

コメント (フェアリーコード2 Story0)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2020/08/02 19:46
  • 表示設定

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ