Gamerch

アイシャ(茶熊)・思い出

最終更新日時 :
1人が閲覧中

難問を求める学究
アイシャ CV:井上麻里奈
茶熊学園に入学した謎の女。
求める難問はすぐ側にあった。
2018/10/31


茶熊学園2018
飛行島の思い出 
その他人物紹介関連ストーリー


思い出1


やあ君たち、元気か?

いらっしゃいアイシャ。それにしても、アンタが学園の生徒なんてね……

らしくないか?

どうして学園に?

立派な冒険家になるためだ。

そうなんですね。

本当かしら。

何事も極めなければすまない性分なのさ。

でも学校でおとなしくしていられるわけ?

こう見えても、帝国アカデミーでは優秀な生徒として通っていたんだがな。

帝国アカデミー……お堅そうなとこに通ってたのね。

私にとっては宝の山だったよ。

ともあれ、学生になることにそれほど抵抗はない。

そりゃ良かったわ。

私の人生は学びと実践の連続だ。むしろ望むところだよ。

ろくでもない実践はしないでね。

退屈よりはマシだと思うがね。と、いうわけでこれだ。

<アイシャはジェリービーンズの瓶を取り出した……>


さあ、何が出るかな?


 …………

 ……


 退届よりはマシだろう?


「やれやれ。」

<不気味な声が――アイシャの心に直接響く。>


 とりあえず、私のことは試験官と呼び給え。気分はどうかな? ラディアタ……


「私をその名で呼ぶな。」


 このところの君の活躍を探点すると――

 30点。

 帝国を支配するならまだしも、帝国のために働くとは。がっかりだよ。


「支配に興味はない。退屈だ。」


 君は自分を偽っている。


「お前たちこそ、自らを偽っているんじゃないか?

世界の真理を探るだと?お前たちは自らの技術を試したいだけじゃないか。」


 焦ってはいかんよ。望み通り難問を与えてやる。楽しみたまえ。


「まわりくどいな。」


 それでは、期末テストを始める。


TOP↑

思い出2


「私がお前たちの茶番に付き合うと思ったか?」


 テストを中断すれば、この学園の生徒たちが不幸になる。

 君がこの件を誰かに話しても同じことになるだろう。


(こいつ――どうやって私に話しかけている?

まさか……)


 心拍が早くなったぞ。ラディアタ……


「私は遊ぶのは好きだが、遊ばれるのは嫌いだ。話をすすめろ。」


 いいだろう。第一問。


ごきげんよう、アイシャさん!今日の授業も楽しかったですね!

ああ……


「問題を言え。試験官。」

 出題は終わった。

「何だと……?」


どうしたんですか?

なんでもない。こっちのことだ。

ところでアイシャさん……ごはんをあまり口にされていませんよね。

そういう体質だ。

お体は大丈夫なんですか?

健康管理には気をつけているさ。


 …………

 ……


(ルカが問題というのは、どういうことだ……

とりあえず尾行してみたが、彼女に何か起こる?)


お父さんに……?

でも、お父さんのお屋敷には入れてくれないの。

……わかりました!わたしがなんとかしてみせます!


 …………

 ……


なんというお節介……!天使というやつはわからん……!

――だがあの娘――何かあるな――



……まったく、同盟派の連中め。何を考えているのだ。

とう!

!?どこの誰だ!?

愛の女神様に使える天使、ルカと申します!

娘さんが、あなたに会いたいと――

娘?

ママ……!


ルーンの発動を拒絶……!

アイシャさん!?


ヘンリー・バッカード氏。峰の国の陸軍大臣に娘はいない。

えっ!?

おそらくこの少女は、同盟推進派が放った刺客だ。

お願い天使様、こいつを殺させて。

こいつを殺せば、私は……ママのところにいけるの……!

(乾きの谷の刺客……幼い頃から刺客として……

……天使はこんなとき、どんな言葉をかける)


<ルカは、少女を抱きしめた……>


TOP↑

思い出3



……ヘンリー氏が、あの少女を引き取る?


はい、良かった……!

そんな結末もあっていいか。

でも、どうしてあんないい人を殺そうとしたんです?

いい人だからだ。ヘンリー氏は鋼の国との軍事同盟に反対の立場だった

それに――本当の標的はおそらく。

本当の標的?

いや、なんでもない。私は学園に戻る。

わたし、ちょっと寄り道してから帰りますね!

手伝いが必要か?

大丈夫です。ありがとうございました、アイシャさん!

うおおおお!!根性叩き直したらーい!!



 楽しんだか――?


「彼女は愛の女神に仕える天使だ。今までどれだけの絶望を目にしてきたと思う。

お前たちごときに、彼女の心が折れるものか!」


 ラディアタ。君はまったくわかってはいない。

確かにこの程度で彼女は折れないだろう。

だが、彼女にとっては――少女と男の死は、この程度などではない。

永遠に苦しむのだ。教えなかった命を思って。


「クズめ……!」


どうしたんだアイシャ、怖い顔をして。

ジェリービーンズが、売り切れていた。

そこの店に、山程売ってるが。

好きな味がない。


 第二問。

(くそっ……!)


また怖い顔だ。世界でも滅ぼすつもりか?


どうされたんです、お二人とも。

学長……!いつからそこに。

さっきからそこのお店に。ワインにあうチーズをね?探してたんですよハイ。


ええい!どっちだ!!


 ……

 …………


というわけでだ……学級委員長。学長殿を手伝うぞ。

何で俺も巻き込まれてるんだ。


(どっちが標的かわからないからだ!)


そういえば、僕に遠物の鑑定依頼が来てましたねぇ。資料集めでも手伝っていただきましょうか。

まさか……そのツボか?

エエ、ハイ。

ツボを開けたのか?

開けなくちゃ鑑定できませんよ。

いたずら精霊のツボだ……!!時間内にナゾを解かなければ、災いがふりかかる!

またまたそんな~。おっ!?おおおおっ!?か、体が動か……

お、おい!先生がヤバイぞ!

これは……この質感、弾力。ぬいぐるみになりかけている。

ええええ~!?

どこの誰がこんなツボを!

精霊のやることがわかるか!どこかにヒントが……!

見ろ、ツボに文字みたいなものが書かれているぞ。

古代文字か……だが、こんな文字は見たことがない。

早く解読しねえと、先生がぬいぐるみになっちまうぞ!



TOP↑

思い出4



ぬいぐるみですか~。僕がぬいぐるみになったら、カワイイかもですね~。

おい、しっかりしろ先生!

……よくみると文字に法則性がない。これは暗号か?

だが……どうやっても意味のある文字列にならない……こいつは何だ!

わかったぜアイシャ。発想の転換だ。

簡単にいってくれるな。

いたずら精霊ってのは、解けない問題をだすのか?

いいや違う。いたずら精霊はひっかけ問題を好むが、解けない問題は出さない。

ツボをひっくり返すとか……いっそ割っちまうか!?

恐らく、そういうことではない。何か別の……

じゃあ、何なんだこの文字は!

持て、――文字じゃないとしたら。

何だって?

文章のような書き方をされているが……こいつは茶熊学園の地図だ!!


 …………

 ……


ああ、僕がかわいいぬいぐるみになってしまうとは……

ってあれ?体が動く?

はあ……疲れた……

この模様は文章じゃなく、所定の場所へのルートを示してたのか……

地図で指定された場所に、いたずら精霊がいるとはな。

その方を捕まえたから、僕は元に戻れたと。ありがとうございます。

礼はいらない。むしろ迷惑をかけた。


 どうだったかな?

「つまらない問題だ。」

 カムイ氏がぬいぐるみになったら、次はディランくんが楽しいことになったというのに。

「いたずら精霊にはその昔世話になったからな。手口には慣れている。」

 さすがだな。ラディアタ……評価を修正しよう。

 ――次が、最後の問題だ。見事に解決できれば、試験は終了となる。

 この学園には手を出さない。

「信用するとでも?」

 好きにすればいい。

「……次の出し物は?」

 もう始まっている。



「……予想はしていた。」

 だったら、解答もできるだろう。



ごきげんよう、アイシャさん。

ああ、ごきげんよう、オスクロル。

姉たんとおよびください。

オスクロル。何か用事はないか?

ありませんが。

無いのか。そうか……

……アイシャさん、何か……企んでます?

何も企んでない。

なんだか怪しいですね~?

取り越し苦労というものだ。そうだ……私の勉強を見てくれないか。

優等生のアイシャさんに、何を教えればいいんでしょう。

私に――そうだな。科理を教えてくれ。


TOP↑

思い出5



それでは……!アイシャさんでも食べやすいカスタードプリンを作りましょう!

どうして君たちもいるんだ。

だってプリンつくるんでしょ?

(理屈が通じないやつか……)

じゃあ、カラメルソースからつくりましょうね。


 …………

 ……


砂糖と水を加熱……重要なのは焦がし加減か。

……この程度、どうということもない……!

お湯は少しづつですよ、アイシャさん。

わかった。

どうして急にお料理を?

誰か、料理を作ってあげたい人でもいるの?

いない。

あっ、焦げちゃいますよ。気をつけて。


 …………

 ……


はーい、牛乳にお砂楯を溶いてあっためたものに……

溶き卵を入れますね……

そーっとね……ダマにならないように……

カスタードプリン。卵、牛乳、砂糖、香料を混ぜたいわゆるカスタードを加熱した菓子……

香料は主にバニラエッセンスを使用する……

アイシャったらプリンつくるってときにも理届っぽいのね。

優しく混ぜてくださいね。

ところで……オスクロル。

アイシャがお得意の皮肉をいうやつだわ。

私は皮肉屋じゃない。

そうですよね。本当は。

――次は何をする?

漉し器で漉すのよ。そうするとダマがとれるの。

わかった……

アイシャさん。私に何か、いいたいけどいえないことがある感じでしょうか。

これを型に注ぐんだろ?


ねえ、主人公。この状況どう思う?

アイシャさん……何か、焦ってるみたい……


それではこれをオーブンで温めます♪


 …………

 ……


わくわくわくわく~。早くできないかしらね~。

(――ターゲットはオスクロル。レヴナントは、何を考えている……?

ルカの心に消えない傷をつけようとした。

学長をぬいぐるみに変えようとした。オスクロルには何をする?)

悩んでらっしゃいますね。

私は別に……

やっぱり料理を習いたいなんて、建前だったんですね。悲しいです。

そんなことはない。なんというか、興味はあった。……作ることに関しては。


…………

エッ、ここでやるの?


TOP↑

思い出6 (友情覚醒)




この輝きは……まるで紫外線を浴びたコランダムのようだな……

わかるようにいえないのかしら。

で、これがどうしたんだ?

きれいですね……


 …………

 ……


<教室の外で……>

ルーンの光か――

この匂いはあの女……また面倒をおこしたらしいな。


 

アイシャさんの心が、ルーンを輝かせているんです。

その理屈はいい。

ルーンが光ったってことは、やっぱりアイシャさん、何か困ってたんですね。

でもそのことを、姉たんには打ち明けられないと。

いいだろう、それは。

うーん、何も解決せんわね~。

してたまるか。

プリン、一晩冷やしたほうがいいですね……

明日はちょっとお出かけするので、みんなで先に食べてください。

持てオスクロル、どこに行く?

冒険家ギルドのお仕事で、ちょっと遠くの島へ。

何という島だ?


 …………

 ……


――最速の飛行艇でも、半日か――

だかそれでは間に合わん。仕方ない。非常手段を……

アイシャ。

今忙しい。

だろうな。行くぞ。


<アイシャとジュダの姿は、影の中に飲みこまれた……>



私は急いでるんだ……!

この島に来たかったんだろう?

聞いてたのか。

何をするつもりだ。

言えない。

だったら好きにしろ。俺も好きにする。

――助かる。


さっそくだが、この匂い、覚えているぞ。


 …………

 ……


<村人たちの首には、そろいの首輪があった……>


「そういうわけでだ……ギルドの担当者がこの島に着くと同時に、首輪のルーンが作動。」

「人間を魔物に変える、焙印のルーンか。」

「そうだ。物知りだなおめえ。見ものたぜぇ~。」

「ギルドの担当者は、村人全員か魔物になるところを目撃させられるわけだ。」

「その後、魔物に食われる。この島は俺ら海賊の領地だ。ギルドの好きにはさせねえ。」

「こいつはどうやって外す?」

「解除の術式を全て解かない限り、首輪を外す手段はねえよ。」

「ああそうか、単純な仕掛けで助かるよ。」

「――貴様は!?」


<アイシャは変装を解いた……!>


 ……

 …………


これで最後……

おお……首輪が……ありがとうございます!



 見事だ、ラディアタ。


「レヴナントという組織を一言でいえば、巨大な謎だ。

ことに、組織の首謀者たる人物については、グランドマスターという呼称以外に知られてはいない。

だが、噂なら存在する。

概念使いを生み出したのは、グランドマスターその人であり……

彼は自ら手がけた概念使いたちを、花になぞらえたという。

恩恵の雛菊、共鳴の薔薇、支配の沙羅双樹、そして拒絶の曼珠沙華(ラディアタ)。つまりこの私。」


 ――花は美しい。自然の美の極致だ。君たちは造花だがね。


「お前がグランドマスターか。」


 100点。追試を免れたな。


<アイシャの頭の中で鳴っていた声が、唐突に消えた。>


――終わったか。

始まった。


 ……

 …………


いただきまーす!

プリン、上手にできましたね~。

クリーム乗せてもいいか?

チェリーも、のせたりましょう!

イクラは……いりませんね。わかってました、ハイ。

……クンクン。まあ、食えそうだ。

失礼なやつめ。


で、今回何があったの?


カスタードプリンができた。それで十分だろ?




覚醒絵・覚醒画像

難問を求める学究


TOP↑

その他




人物紹介

帝国

(獣人の皇帝が君臨し、元老院が統治を補佐する大国。

白の王国の後継者として名乗り上げていることもあり、もう1つの一大勢力である連邦とは敵味方では単純にくくれない、複雑で不穏な関係を保っていた。)

皇帝
ジュダ・バル・アーウェルサ CV:子安武人
1人で構成された特殊な帝国軍十三軍団「葬送」に所属。
親友である皇帝への忠義は非常に強く、帝国の敵には一切の容赦をしないことから「帝国の棺」と呼ばれ、恐れられている。
元老院
帝国の真の支配者とされる組織。
ジュダによると帝国を牛耳っていると錯覚している老いさらばえた害虫らしいが、詳細は不明。
アイシャ・アージェント CV:井上麻里奈
特務機関<狩猟戦旗>に席を置く女性。ジェリービーンズを手放さない。
ヴェロニカ
キリエ
ニナ
軍人

ツァラ


連邦

(白の王国の直系と称する聖王家を中心とし、ガランド王国をはじめ、嵐の国、鋼の国、森の国、海の国など、多数の自治国家が集まった勢力。)

エリス・ミラージュ CV:ゆかな
聖王家の特務機関<V.O.X>の一員。主な仕事はお茶くみ。
サイファー・オブニアル CV:三上哲
聖王家の特務機関<V.O.X>の一員。危機的状況でもユーモアは欠かさない。
アッシュ
カテリーナ
アルビオン家御当主
レヴナント

加盟国


中立



~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (アイシャ(茶熊)・思い出)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ