Gamerch
AFKアリーナ攻略Wiki

【AFKアリーナ】パーティ編成の配置のコツ【各要所にも対応】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

AFKアリーナにおけるパーティ編成の行い方を掲載しています。プレイヤー相手のコンテンツとCPU相手のコンテンツでは何が異なるか、またどの様な編成をモード別に行うと良いかを掲載しているので攻略の参考にしてください。

基本的なパーティ編成

AFKアリーナのパーティ編成は前衛2名、後衛3名で行います。

後衛3名に遠距離攻撃系のキャラ、もしくはサポート系のキャラを配置し、前衛2名には継続アタッカーやタンクと言った前線を支えられるロールのキャラを配置するのが基本的な編成となっています。

この様な編成は極めてバランスが良いのが特徴で、特に不特定多数のプレイヤーと戦う事になるPvP要素、アリーナの防衛パーティではこの様な隙の無い編成にしておくのが良いでしょう。

パーティ編成ボーナスを活かそう

パーティ編成を行う際に重要になるのが編成ボーナスで、画面右上を確認する事でどの様なボーナスが発生しているかをすぐに確認する事が出来ます。

なるべく同じ勢力のキャラで固めて編成した方が大きな編成ボーナスを得られるので、育成を行う際も最低1つの勢力は1パーティ組める様に育成しておくと無駄がありません。

カタストロフ、セレスチアルのキャラはパーティ編成で便利

カタストロフ、セレスチアルのキャラは基本的な4勢力とは異なる勢力ではありますが、その分特殊な効果を発生させる事が出来ます。

その為、メンバーに困った時はセレスチアルかカタストロフのキャラを入れておくと無駄なく編成ボーナスを発生させられます。


セレスチアルはカタストロフ、ボイドビジター以外の全勢力のキャラと編成ボーナスを発生させる事が出来ます。

カタストロフはどの勢力にも属さない代わりに、編成されている数だけ能力値にボーナスを与えられます。


陣営の相性と陣営ボーナス一覧はこちら

PvE戦でのパーティ編成

プレイヤー対コンピューターの戦闘、すなわちPvE戦ではその面をクリアする為に特化した編成にしても問題ありません。

メインのバトルはどんな編成であろうと1回クリアさえしてしまえばもうそのステージをプレイする必要が無いので、汎用性の全くない編成であろうと勝ちさえすれば良いのです。

マークスマン英雄に注目

「BOSS」と書かれた敵は特に強力な敵になっており、マークスマン英雄と呼ばれています。

このマークスマン英雄が活躍する様な編成になっている場合が多いので、もしクリア出来ない場合は何度か挑戦してそのボスに適した編成を調整しましょう。

マークスマン英雄を見て行う攻略用編成例

あくまで一例に過ぎませんが、CPUを見て編成を行う際の方針を掲載します。

手持ちのキャラクターや育成状況によってどんな手法を取れるかは変わってくるので、この例に限らず行き詰ってしまったという時は様々なキャラを試す事を忘れずに行いましょう。

近距離攻撃を行う敵がマークスマン英雄の場合

近距離攻撃を行う敵がマークスマン英雄の場合は、この近距離戦を行うキャラを回復するヒーラーや、遠距離攻撃系の敵も一緒に登場する事が多いです。

その為範囲攻撃が可能なシェミーラやベリンダと言ったキャラを活用し、混戦状態になっている所で範囲攻撃を行って一気にアドバンテージを稼ぐような戦法にすると比較的クリアしやすいです。

遠距離攻撃を行う敵がマークスマン英雄の場合

遠距離攻撃を行う敵がマークスマン英雄である場合、前衛にはデビルエリートの様なタンク役が配置され後衛までたどり着くまでの時間稼ぎをしてくるような編成が大半です。

その為回復を挟んで後衛に攻撃が届くようになるまで戦闘が出来る様にするか、あるいはシルヴィナの様なアサシン系のキャラを編成して後衛にピンポイントで攻撃を当てられる様にすると良いでしょう。

アサシン系の敵がマークスマン英雄の場合

アサシン系の敵が存在する場合は後衛の遠距離系アタッカーが全く仕事をできずに撃破されてしまう場合も少なくありません。

その為アサシン系の敵が厄介なステージであれば、いっそ耐久力の低い後衛系のキャラを全て外してしまうのも手です。

全員前衛系にしてしまう事で誰がアサシンに狙われようとキャラ単体の戦闘力でゴリ押す事が出来ますので、頭数を減らさずに戦闘を進める事が期待できます。

よく使う編成はチーム設定しておこう

ステージ6-1以降、チームの設定が可能になります。

チームを設定しておくといつでもその編成を呼び出せるので、よく使う編成はチームに設定しておくとスムーズに攻略を進められます。


AFKアリーナ攻略Wikiトップへ

コメント (パーティ編成の行い方)

新着スレッド(AFKアリーナ攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ