Gamerch

【剣が刻】道場の使い方(修行のやり方)

最終更新日時 :
1人が閲覧中

剣が刻(けんがとき)の本陣施設「道場」の解説まとめです。道場とは?修行のやり方やできること、訓練点の貯め方などを掲載しています。

剣が刻の道場

道場とは?

剣が刻の道場

道場とは、武者(キャラクター)のレベルが上限に達した時に経験値が一定の割合で訓練点に変換され、その訓練点を使って武者のレベルを上げることが出来る施設です。

ホーム画面から本陣→道場で道場に行くことが出来ます。

訓練点

▲戦闘に参加した武者のレベルが上限に達していると、訓練点が加算されます(画像右上)。訓練点は30万点まで貯めることが可能です。

道場の使い方(修行のやり方)

剣が刻の道場


道場ではまずはレベルが上限に達していない武者を選びます

キャラを選択


その後、訓練後のステータスと消費する訓練点と銅貨を確認して修行開始ボタンをタップしましょう。修行後は即時ステータスが上がります。

必要な「訓練点」


画面右上には現在持っている訓練点が表示されます。訓練点が足りない場合はレベルが上がらないため、事前に訓練点を溜めておく必要があります。

持っている訓練点

訓練点の貯め方

修行に使う「訓練点」は、キャラのレベル上限を超えた際に経験値を獲得すると、使用しなかった経験値として一定の割合が訓練点に自動的に変換されます。


そのため、訓練点をたくさん稼ぐにはレベル上限になっているキャラを出陣させることが必要です。

レベル上限

※レベル上限は開花していても満開ではない状態です。


またキャラのレベルが上がるほど必要訓練点や銅貨も増えていきます。

レベル1の時

レベル28の時


訓練点の上限は300,000点となっているため、無理に訓練点を溜める必要はありません。自然と溜まってしまった分を使うようにしましょう。

道場のメリット

道場のメリットは、開花のアイテムが集まらない(レベル上限)時に、経験値を全て無駄にすることが無くなることです。経験値は一定の割合で訓練点に変換されるため、なるべく早めに開花を行いましょう。


開花と満開の解説はこちら


▶剣が刻攻略wikiトップページへ戻る

コメント (道場の使い方)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ