Gamerch
ヴァロラント攻略Wiki|VALORANTまとめ

【ヴァロラント】役割(ロール)毎の立ち回りと特徴【VALORANT】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

※wikiは有志wkiとなっています。編集手伝ってくれる方は常に募集中です!

※wikiは有志wkiとなっています。編集手伝ってくれる方は常に募集中です!

ヴァロラントの役割(ロール)事の立ち回りと特徴を解説しています。ロール毎の動き方の他にも自分に合ったロールの見つけ方なども紹介しているのでぜひご覧ください。

役割毎の立ち回りと特徴

ロール毎の立ち回り

デュエリストの立ち回り

ポイント

チェックアイコン チームの先頭を進みサイトに入る起点を作る

チェックアイコン サイト確保後はエリアを広げる動きをする

チェックアイコン キルする事が主な仕事なのでキルをとる

デュエリストの主な仕事は「キル」を取る事ですが、チームの先頭を進みサイトに入る起点(キル)を作るということがデュエリストとして一番重要なことになります。

サイトに入った後も勝負を仕掛けて、エリアを広げて相手にプレッシャーを与えることが求められます。

ラーク(1人行動)は出来る限り控える

デュエリストは基本的にはラーク(1人)での行動は行わないようにしましょう。2デュエリストであれば一人はラークをしても良いですが、デュエリストがいないとエントリーが難しいことが多いので、基本的にはラークは控えましょう。

味方へのサポート指示を行う

ランクマッチであれば味方にエントリーする場所を伝えて、アビリティでのサポート指示などもできると理想的です。

1人で突っ込み勝手に倒されてしまうデュエリストは、味方の士気低下に繋げてしまうこともあるので注意しましょう。

イニシエーターの立ち回り

ポイント

チェックアイコン 敵の居場所を索敵し、情報を入手して共有する

チェックアイコン サイトエントリーなどの支援を行う

チェックアイコン 強力なアルティメットを活かして戦う

イニシエーターは基本的には相手の居場所を索敵出来るアビリティを持っており、情報を入手して味方に共有することが主な仕事となっています。

索敵以外にも味方のエントリーを支援することが出来るフラッシュやスタンなどのアビリティも持っているので、アビリティを活かして戦うことが重要な役割(ロール)です。

味方の位置やアビリティを使うタイミングに注意する

イニシエーターは優秀なアビリティを多く持っていますが、味方と連携して使うことで、より強力な効果を発揮します。

ただし、アビリティを使うタイミングによっては味方の邪魔になり、敵に優位を与えてしまう場合もあるので、味方の位置やタイミングを注意してアビリティを使いましょう。

1人でも戦えるので、勝負を仕掛ける動きも重要

ソーヴァ以外のイニシエーターはフラッシュやスタン効果を持ったアビリティをもっているため、1人でも相手に勝負をしかけることが出来ます。

戦況を見てフラッシュからの勝負などを狙って、相手に簡単にエリアを渡さないようにする動きも重要です。

アルティメットを持ってる時は簡単に倒されないようにする

イニシエーターのアルティメットは、戦況を変えることが出来る強力なアルティメットをそれぞれが持っています。

アルティメットを試合中に多く使用できるように、ULTが使える時は倒される前に積極的に使用してULTの回転率が高くなるようにすると、優位なラウンドを多く作り出せます。

センチネルの立ち回り

ポイント

チェックアイコン 相手の行動を遅延して相手の進行妨害をする

チェックアイコン トラップなどで裏取りの警戒を行う

チェックアイコン アビリティを活かして立ち回る

センチネルは攻撃的なアビリティを持っていないため、基本的には防衛時に強い役割となっています。

相手の進行を遅延するアビリティを多く持っており、上手く活用すれば一人でも相手の進行を遅らせることが可能です。

アビリティを持て余さないように注意する

センチネルを使用する場合はアビリティを使用して戦うことを心がけて、アビリティを持て余さないようにしましょう。

アビリティを使わないとエイム力だけの勝負になってしまい、他のキャラと比べて不利になってしまいます。

サイトを1人守りすることが多いので簡単に倒されない

センチネルはサイトを1人で防衛を任されることも多くあるので、出来る限り簡単に相手に倒されないようしましょう。

相手の動きを遅延することが出来るだけでも十分に意味があるので、アビリティを活かして相手の進行を可能な限り遅らせることが重要です。

攻撃時は裏取りの警戒などを主に行う

セージ以外のセンチネルは攻撃の際に相手の裏取りを把握するためのトラップを必ず設置するようにしましょう。

攻撃では主に裏取りの警戒が仕事になるので、ラウンド開始前やサイトのエントリー前にトラップをおきましょう。

コントローラーの立ち回り

ポイント

チェックアイコン スモークで相手の視界を制限させる

チェックアイコン 単独でエリアのコントロールを行う

チェックアイコン 味方の動きを把握する必要がある

コントローラーはスモークを使って、相手の視界を制限することが一番の役割となっています。

スモークは味方と離れていても使用出来るので、味方と離れて単独でエリアコントロールすることも求められます。

味方の動きをしっかりと把握しながら動く

コントローラーは味方の動きを常に把握しながら、エントリーのタイミングに合わせてスモークを設置します。

そのため、ミニマップをこまめに確認して適切なタイミングで確実にスモークを入れられるようにしましょう。

スモークの置き方を使い分ける

スモークを基本的な置き方以外にも1ウェイスモークや耐えスモークなど様々な使い方をすることで、より多くの立ち回りを行えるようになります。

基本的な置き方以外にもそれぞれのキャラの特徴を活かしたスモークを使う事で、相手の脅威になるコントローラーとして活躍することが可能です。

ロール毎の特徴

強い普通弱い
攻撃デュエリストコントローラー
イニシエーター
センチネル
防衛センチネルコントローラー
イニシエーター
デュエリスト
サポートコントローラー
イニシエーター
センチネルデュエリスト
妨害センチネルイニシエーター
コントローラー
デュエリスト

デュエリスト

デュエリストは攻撃に特化しているロールなので、攻撃時には強く防衛時は他のロールと比べるとエイム力などプレイヤー自身のスキルが求められる役割です。

イニシエーター

イニシエーターは攻防でバランスの取れたロールとなっており、味方のサポートや相手に対する妨害などマルチに活躍することが出来る役割です。

ただし、毎ラウンドで仕事量が多く様々な場面で役割をこなし切る必要があるので知識や冷静さが求められます。

センチネル

相手の行動を妨害する事に特化しており、デュエリストは真逆で防衛時に強いロールとなっています。

その代わりに攻撃時に役立つサポート能力が少ないので、攻撃の際はアビリティで貢献するのが難しい役割です。

コントローラー

コントローラーは味方をサポートする能力が高く、どのマップでも必ず必要とされる役割です。

攻撃と防衛時のどちらでも活躍出来ますが、自身が生存していないと貢献出来ることが少ないので、撃ち合いの強さや生存能力の高い立ち回りが求められます。

自分に合ったロールの見つけ方(ロール診断)

皆さんの好きなロールを教えてください!

回答受付期間: 2022/9/6 ~ 2022/10/5

  • デュエリスト
    150
  • イニシエーター
    120
  • コントローラー
    115
  • センチネル
    100

キルを取りたい・目立つプレーがしたい

おすすめロールデュエリスト

自身でキルを取ってチームに貢献したい、チーム内で目立つプレーをしたい方には「デュエリスト」がおすすめです。

デュエリストは競技シーンであれば花形のポジションであり、クリップなどの動画でも映えるクリップを取ることが出来るキャラクターが多く存在します。

味方のサポートをしてチームに貢献したい

おすすめロールイニシエーター
コントローラー

味方をサポートすることでチームに貢献したい場合は「イニシエーター」や「コントローラー」がおすすめです。

自身でキルを取れなくても味方のサポートをしてキルに繋げられるので、自身で目立たなくても、縁の下の力持ちをしたい人にピッタリなロールです。

相手が嫌がるプレーを行いたい

おすすめロールセンチネル

相手が嫌がるプレーをして敵にプレッシャーをかける行動をしたい人には「センチネル」がおすすめです。

アビリティを使って相手にダメージを与えたり、相手のやりたい事を妨害することが出来るので、撃ち合いに自信がなくても相手に圧を与えることが可能です。

単独で比較的自由に動いて試合をしたい

おすすめロールコントローラー
センチネル

試合中に比較的自由に動きたい場合や相手の裏をかく行動をしたい場合は「コントローラー」や「センチネル」のキャラと相性が良いのでおすすめです。

ただし、立ち回りの知識や必要に応じた味方のサポートなどを行う必要があるので、全てにおいて自由という訳ではないので注意しましょう。


ヴァロラントの注目記事

キャラ情報


攻略wikiトップへ戻る

コメント (役割(ロール)毎の立ち回り)

現在受付中のアンケート一覧

新着スレッド(ヴァロラント攻略Wiki|VALORANTまとめ)

注目記事
ページトップへ
閉じる