Gamerch
ヴァロラント攻略Wiki|VALORANTまとめ

【ヴァロラント】全マップの名称一覧【VALORANT】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

VALORANT(ヴァロラント)の全マップのポジションの名称をまとめています。ゲーム内マップでは確認できない名称なども紹介しているので、ぜひご覧ください。

全マップの名称一覧

※赤字はマップに記載されていない名称です。

バインド

バインド

バインドは若干ですがマップ名称とは異なった呼ばれ方があるので、違う名称は間違えないように気を付けましょう。

バインドの解説はこちら

Aサイト内のトラックとトリプルは絶対覚える

Aサイト内の車が置いてある部分は「トラック」、箱が三つある部分は「トリプル」と呼ばれ、報告する事が多い場所なので必ず覚えておきましょう。

Bウィンドウはフッカーと呼ばれる

Bウィンドウは基本的にはフッカーとまとめられている事が多く、フッカーと呼ばれる事が多いのでそちらの名称で覚えておきましょう。

ヘイブン

ヘイブン

ヘイブンは基本的にはマップの名称のまま伝えても問題はないので、要所で必要な部分のみを覚えるのがおすすめです。

ヘイブンの解説はこちら

ガレージ前の扉はDD

ガレージ前の2枚の扉はDD(ダブルドア)と呼ばれています。「ドア」や「ダブドア」などと略す人もいるので、ドアと聞こえたら「DD」と分かるようにしましょう。

Cサイトのステージも覚えておく

Cサイトのステージは敵が潜んでいる事が多い場所なので、ステージだけでも名称を伝えられるようにしましょう。

アセント

アセント

アセントはサイト側の各所に特殊な名称が付けられています。その他はマップの名称のままでも問題がない場所が多いので、マップを見てそのまま伝えても問題ないでしょう。

アセントの解説はこちら

Bサイトのロウアーとアッパーは覚えておく

Bサイトの2種類の通路は「ロウアー」と「アッパー」と呼ばれており、攻撃と防衛のどちらでも味方に伝える際に重要な名称となっています。

Aサイトはモーターは必ず覚えておく

Aサイトはモーターの位置に敵が居る事が多いので、モーターは覚えておいて損がありません。次点でラフターの下を「ラフター下」という事があるので併せて覚えましょう。

スプリット

スプリット

スプリットは特殊な名称が少なく、名称を言い換えて伝える事が多くなっています。特に両サイドにあるタワーは「ヘブン」と言われる事が多いので覚えておきましょう。

スプリットの解説はこちら

マーケットは覚えておく

防衛サイドの場合はマーケットに敵がいる事が多いので、マーケットは必ず覚えておくのがおすすめです。

Aバックはエルボーと呼ばれる事が多い

通常マップのAバックの部分は「エルボー」と呼ばれる事が多いので場所を間違えないように注意しましょう。

アイスボックス

アイスボックス

アイスボックスは特別な名称はありませんが、「チューブ下」や「ラフター下」など名称+位置を伝える事が多いマップとなっているので、ゲーム内のマップと位置をしっかりリンクさせておきましょう。

アイスボックスの解説はこちら

キングは使用頻度が高いので必ず覚えておく

キング

Aサイトの手前の位置は「キング」と呼ばれており、キングの上に居る敵は「キング上」、裏に居る敵は「キング裏」などと報告される事が多いです。

ラフター上とラフター下

ラフター上とラフター下

ラフター上とラフター下は上記の画像を参考にしてください。ラフターだけだと上下のどちらかが良く分からないので、ラフター+上下を付けて報告を行いましょう。

ブリーズ

ブリーズ

ブリーズも特殊な名称は少なく、ゲーム内のマップで伝えてもほぼ問題がないマップです。

ブリーズの解説はこちら

Bサイト左奥は特殊なので注意

Bサイトの左奥はZETA DIVISIONのオーナーの苗字である「西原」と呼ばれる事が多い場所となっています。

すごく特殊な例ですが日本であれば伝わる事が多いので、日本でプレイする際は「西原」と伝えるのがおすすめです。

フラクチャー

フラクチャー

フラクチャーは特にマップと変わった呼び方で呼ばれる事がないので、マップのまま覚えてしまいましょう。

フラクチャーの解説はこちら

デフェンススポーンはCTとまとめる事が多い

ディフェンス側スポーンとなっている場所は「CT」とまとめて呼ぶ事が多く、基本的にはCTと呼んだ方が早いのでCTと呼ぶのがおすすめです。


ヴァロラントの注目記事

コメント (全マップの名称一覧)

現在受付中のアンケート一覧

新着スレッド(ヴァロラント攻略Wiki|VALORANTまとめ)

注目記事
ページトップへ
閉じる