Gamerch

【ファイアーエムブレム風花雪月】3すくみの仕組みについて解説

最終更新日時 :
1人が閲覧中

注目リンク

ファイアーエムブレム風花雪月(FE風花雪月)の相性システム3すくみの仕組みについて詳しく解説しています。

3すくみの相性システム

3すくみの仕組みを理解しよう

FEシリーズでは武器や魔法ごとに有利不利が設定されており、この3すくみをしっかり理解することが戦闘に勝利するためのカギである。

過去作の3すくみ

過去(SFCやGBA)では剣、斧、槍の3すくみと炎、風、雷の魔法ごとの3すくみに分かれていた。ただ近年では武器と魔法の3すくみが一緒になり、シンプルな相性システムになった。

4年前に発売されたファイアーエムブレムIF

ファイアーエムブレムIFは「剣・魔法」は「斧・弓」に強く「斧・弓」は「槍・暗器」に強く「槍・暗器」は「剣・魔法」に強いという分かりやすい相性システムだった。

今作では暗器の部分が格闘になる?

今作では新しく「グラップラー」という兵種が追加される。そして事前情報では暗器が確認できていないため、3すくみの暗器の部分が格闘になる可能性が考えられる

3すくみによる補正

ダメージや命中率に影響する

3すくみで有利になった側は「攻撃力」「命中率」「回避率」に補正がかかる。常に有利を取れるように戦い方を意識しよう。

武器レベルが高いほど補正値が大きくなる

武器レベルが高いほど有利をとった時の補正値が大きくなる。難易度が高いと敵の武器レベルが上昇するため、有利を取られた時のハンデが大きくなってしまう。

FE風花雪月・関連リンク

コメント (【ファイアーエムブレム風花雪月】3すくみの仕組みについて解説)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ