Gamerch

リュウセイベーコン・エピソード

最終更新日時 :
1人が閲覧中

エピソードまとめへ戻る

リュウセイベーコンへ戻る

リュウセイベーコンのエピソード

リュウセイ手中の提灯。死体の生前において一番重要だった時期を投影することができる。死体を追い払う玄術の継承者として、墓穴に巣食う恐怖の存在を制することができる能力を持っていると噂されている。偶然的に、「地府」に加入し、陪葬品やら、死体の"記憶"やらを探しだし、その屍の痕跡を探していた。古い屍に起きるストーリーを追求するのが好きで、にんにく、太陽、火炎が嫌い。原因に至っては、彼女は説明しないはまだしも、他の人も聞く勇気もない。


Ⅰ.魂の歌

(※翻訳がかなりおかしいため、編集者の判断で変更して記載しています。原文はコメント欄を参照。)


「かすかな冥の音、魂は戻って来る。」


水の匂いのする地下宮殿の中、ろうそくの光がいくつかの人影を示している、揺れるろうそくの光によって、暗い影は幽霊のようにねじ曲がって見える。


手のひらにあるランプをゆっくりと回すと、光によって投影される小さな人々が、やや抽象的なストーリーを静かに上演した。


静かすぎる墓の中、竹簡を反転するわずかな音しかしない。


ランプがゆっくりと回っている。壁の怪しい人影が動く、演じられるのはすべて、語られることのない悲しい過去です。


私は壁の画像を見つめていた。突然、竹簡の音がして私は目が覚めた。


「記録は終わりましたか?」


ドーン…ドーン…


小さく音が二回鳴り、私と隣の八宝飯はお互いを見た、彼は私にうなずいた。


「終わった。」


手を振ると、白いろうそくの上に落ちたランプが私の手に戻りました。元の外観に戻し、私は息を吐いた、しかし、横にいた八宝飯は少し悲鳴を上げました。


「あああああ!…凤爪、お前、いつもこんな風に突然私の肩に浮いてるんじゃない!お前そこのゾンビより怖い、わかってる?!」


こいつは相変わらずうるさいね…


ピッチが外れた鼻歌を歌いながら、私は地面に落ちた竹簡を拾い、軽くたたいてほこりを取り除いた。利口なビジョンは先のストーリーを徐々に描き終わっている。


私は手を伸ばして、八宝飯の髪の毛を握っている凤爪を撫でた。


「泡椒凤爪、相変わらず絵が上手いね。」


凤爪は喜びで私の手のひらを擦りました。その様子は彼の奇妙な形を無視すると、モフモフの動物に似ている。


泡椒凤爪は召喚の時、何か問題が起こったのかはわかりませんが、彼がこの世界に現れたのは、柔らかく小さな手だけでした。絵を描くのがすごく上手い、スピードもとても速い。


腐乳が特別に作ったインクを使用し、重要なものを乗せた過去を竹簡に記録することができます。


ただ、暗い空中に白い柔らかい手のみが浮かぶ様子は…ちょっと可愛いです。


彼は少し恥ずかしがって、私の手のひらを擦って、八宝飯がなんともいいがたい表情をすると再び彼の髪をひどく引っ張った。


「イ…イタタタッ! 凤爪様、戻ったら新しい手袋を買いますから!10組!!20組!!」


争いをしている二人の事は置いて、私は棺桶の蓋をそっと開け、後ろに運ばれた長い剣を、枯れた古代の死体の手中に納めた。


「生は死、死は生。生まれたならば、死ぬ時もある、これが天と地の真理である。肉体が死んだのに魂が留まることはどちらにとっても悪い運命です。気にしないで、早めに去るがいい。」


手のひらの呪文が燃えつきると、巨石を割ることさえできる鋭くて硬い剣は、徐々に赤いさびで覆われ、役に立たなくなった。


「素晴らしい剣なのに……すごく壊れている……財産!財産を潰した!!」

「え?この金のことしか目にない奴…何か言った?」

「何も、何も言ってない!凤爪!もう壁画を見るな、行くぞ!早く!!」

Ⅱ.地府

目の前にあるこの邸宅、普通のにぎやかな街にある場合は、ただの豪華な邸宅です。しかし、何もない郊外の山にあるのは、少し奇妙でした。


邸宅の前にある「地府」の文字と、人けのない中庭、初めてここに来る人に、これが本当に伝説の冥土の邸宅であると誤って信じさせます。


しかし、私たちの本当の住まいは、この邸宅の下の山全体の地下です。


戸口で中を調べる八宝飯は、数回確認した後、通常のゆらゆらな状態を取り戻しました。


その様子を見ると、去る前にまた人参を怒らせることをしてるよね。


ただ、彼が堂々とロビーを通り過ぎる前に、後ろから突然優しい声が聞こえた。


「八宝飯さん、人参様は、あなたがワンシュゲに行って、前回壊した本をすべて書き直すように命じられました。それが終わるまであなたは食事なしです。武器も私が没収しますね。」


音がする方を見ると、小さな猫耳朶が外見とは一致しない真剣な顔をしている。私は仕方なく八宝飯を見る。


やはり先の様子は、何か悪いことでもしてるよね。


叫び声を上げる八宝飯から、猫耳朶は八宝コンパスを奪った。彼が私の目の前を通り過ぎる時、彼の耳は軽く動き、こちらに向いてきた。


「遡及司様、ごめんなさい、あなたの声が聞こえませんでした。」

「気にしないで。」

「ああ…少々お待ちください。」


小さな少年は耳に手を当て、何かを聞いているかのように頭を回しました。


「遡及司様、人参様が一緒にお茶を飲むように誘いました。『竜神』様から送られた新しいお茶です。」

「そうですが、これは味見しなくちゃなりません、ありがとう『聞く』ちゃん~」


猫耳朶の頭を軽くたたいて、モフモフの感触で、もう2回こすりました。私は自分のランプを振って、宮殿の最も深い門に行きました。


空中に浮いている腐乳は足をぶらぶらして、幽霊のような少女の顔には退屈と書かれている。文字の塊を後ろでひっくり返して遊んでいる。


「うん!リュウセイお姉様!!」


小さな少女が私に激しくぶつかってきて、自分がどんなに重いのか知らず、私の首を振り回しました。私も彼女の青白い顔をはさんで、そこに描いた大きな赤いルージュを撫でた。


「リュウセイお姉様やっと帰ってきた!今回は何か楽しい物を持って来てますか?」

「こら、こんなに親しくして来るのはあなただけですね。」

「彼らが悪いです~」

「さて、もういい。人参は?」

「人参様は大チームから出てきたばかりで、今着替えている…」


腐乳がまだ話している時に、閉ざされたドアから穏やかな声が聞こえた。


リュウセイベーコンですか、入れ。」


重い黒い鉄の扉がゆっくりと内側から開かれ、ました。地下宮殿は暗く、底なしです。


私は、口を覆って音を立てないようにしている少女を下ろして、自分のランプを持って奥の部屋に入った。


「今回は、何かありますか?」


一杯の香りよいお茶が私の目の前に押し出され、私はお茶を持ち上げて一口飲んだ。指でカップのふちに触れて、何も言わなかった。


「これは、収穫なしですね。しかし、あなたが探している事の手がかりが、いくつか手に入った。」


Ⅲ.パズル

私は彼から渡された竹簡を持って、自分の部屋に戻った。


「見るかどうか、あなた次第です。滞在するかしないか、それもあなた次第です。」


私は手にある竹簡を見て、ぼんやりしていると、その声は再び私の耳に聞こえた。


「この道を歩くのは、死者のため、生きる人のためではない。死者の願いを叶えることこそ、我が一族の運命です。」


時間が経ちすぎた。彼らの姿を思い出せないくらい。


ただ覚えている、鳴っているベルの音、そしてその音に付いて、ゆっくりと動く体。


当時、この音が鳴るたびに、氏族の誰かが仕事に出かけていた。そしてみんなが住んでいるドアの屋外は、しばしば腐った卵と野菜で覆われていた。


「出て行け!変人どもが!!」

「町から出て行け!モンスターたち!」


私も以前は衝動的で、普通の人たちに理を説いていたが、しかし、みんながいつも私に言った。


「大丈夫、彼らはただ恐れているだけです。」


私は何度も尋ねた。なぜ彼らはこの力を使って、より一般的なことをしないのですか、誰が私に言ったのか覚えていない、一族の若者かもしれません。


彼は言った:「もしいつか別の国で死んだなら、また私を故郷に連れ戻すことができる人がいることを願っています。」


この一族には、普通の人にはない力があるが、それに値する敬意が貰えない。誰もが不吉だと思っていて、彼らは生きることすら厳しいのに、不満の半分も見せない。


「私達にはこの力があります。それは運命です。この力を使って、死者のために歩き、彼らに最後の旅を送ることを可能にします。こんな混沌の時代、生きる人の人生は波乱だけれど、死後、もちろんその珍しい平和を求めています。私達にできることはそれだけです。」


しかし……このような人々が……なぜそんな事をしたのか……


薄暗い午後でした。空は灰色で、いつでも雨が降りそうに感じた。


「あいつらだ!あいつらが私たちの家族の遺体を盗みました!!」

「一日中呪文を描いて、何か悪い事をしているかもしれない!」

「出て行け!」

「父を返して!」

「私の娘!娘はわずか9歳です!あなたたちは娘の体に何がしたいのですか!」


貧しかったけれどいつも元気いっぱいの若者たちは、この瞬間、ドアの前にひざまずいて、怒っている人々に蹴られて、私はドアの内側で、彼らが外にいる部屋のドアを必死にたたいた。


「ねえ!しなかったでしょ!言って!君たちなにか言ってよ!一体何が起こっているの?!私、調べるから!」

リュウセイベーコン……」


老人の声が私を止めた。老人の目には私には理解できない感情がある。彼は私の肩を軽くたたいた。


「あなたは私たちに何年もついてきました。女の子なのに毎日死体の中にいて、あまり良くない、早く行って。」

「……あなた、何を言っているのですか?」

「その日、私はあなたを集団墓地で見つけ、あなたを連れ帰った。その恩はもうすべて返したでしょう。去る方が良い……」

「あなた!」

「これらのことは、確かに私たちがやっていることです……」

「……」

「行け。」


カラン――


「魂を奪うベル」が鳴り、私は意識を失った。再び目が覚めたとき、最初に目が覚めたときの集団墓地に戻っていた。


私は夢中になったように町に戻った。しかし、そのみんなが聞いたら怯える、でも私の過去をすべて運ぶ屋敷が、廃墟のようになっていた。地面にある斑状の血と焦げた死体が私を完全に混乱させた。


なんで?なんで??

なんで?なぜこのような事をしているの?


連絡なし、前兆なし、それはすべて予期せずに起こった。このとき、私は彼らについてどれだけ知らないのかを感じた。故郷に送り返したいと思っても、彼らの故郷がどこにあるのかさえ知らないくらい……


Ⅳ.進む

長年の捜索の後、私は人参に発見され、地府に入りました。そして彼の助けを借りて、私は死者に結びついた過去をさかのぼることができることに気づきました。


最初は、彼らの経歴から着手したかったので、古代の墓に侵入しました。


今は、死体を仲間にすることは本能のようになりました。


誰もが私を恐れています。生者との長期的な接触において彼らの言葉もどんどん理解しています。


「生者に対処すればするほど、生者は死者よりもはるかに恐ろしいと感じる。」


この経験が私を変えたのか、それとも私は自分自身を見出したのか、生きている人々と話すことをますます嫌になりました。


私は、死者の思念を保持しているそれらの遺品を見つけ、彼らの強迫観念を解消し、最後の旅に送り出す。この終わりが見えないかのような道、私は追求したいです。


そして今、突然すべての結果が出ました。私は目の前の竹簡を開けるのが怖かった。


「おっと――!」

「し――!静かにしろう!」

「八宝飯、お前、大丈夫ですか?」

「ポン……ポン……」

「凤爪お前、描かないと言いたいことが分からないよ!」


突然ドアから聞こえる音が私を呼び戻しました。八宝飯と腐乳たちが私の寝室のドアの前で倒れた。足の下の小さな瓶を見ると、覗いているときに誤って蹴られたはずです。


「どうしてここにいるの?もしかして、ついに私のコレクションになりたいの?」

「……リュウセイベーコン…あなた離れるのですか?」


以前は怖いのでジャンプするほうと違って、八宝飯は前に押し出されて、彼に目にあるのは、私を無言にさせるような表情です。


「リュウセイお姉様……人参様から、あなたが望むものが見つかったと聞きました。じゃあ……あなたは行くのですか?行かないでください!」


いつもちょっと無礼な少女は、私の服の裾を優しく引っ張った。その目は涙で濡れていました。


少女の髪をやさしく撫でながら、私は何も答えられなかった。


「彼女に自分で決めさせて」


揚げパンは相変わらず冷淡ですが、彼はドアを出て乱雑な遺品を乗り越えて、他の人を連れて行ったが、彼の側にいる、あのいつも口煩い豆汁が突然振り返る、美しい眉と目が微笑んだ。


「願いを叶えた後でも、離れる必要はありませんよね?あなたがとても無情なら、私と腐乳がとても悲しいですよ、リュウ~セイ~お姉~さん~」


彼らが去った後、私の部屋はいつもの静寂に戻り、厚手の死の息吹と無数の遺品だけが、私のそばにいる。


私は手を伸ばし、人参から与えられた竹簡をそっと開けました。


Ⅴ.リュウセイベーコン

リュウセイベーコンの最初の思い出は、集団墓地からのものであった。堕神に襲われた彼女が目を覚ました時、人間の美学にとってそれほど美しくない若者のグループを見た。


彼らの職業は、外観上のいくつかの欠陥があるほうがやり易いようだ。


彼女は彼らと長い間一緒に住んでいた。彼らが死ぬ日まで。


彼女は長い間探したが彼らの故郷を見つけることができなかった。人参が竹簡を彼女に手渡した日から、彼女は理解し始めた。なぜ彼らが故郷に言及したとき、あのような憧れの表情をしていたか。


そうだよね、自分がどこから来たのかさえ知らない人たちのみ、故郷に戻ることの重要性を理解できる。


それは混乱の時代にどこから来たのかわからない孤児のグループであり、彼らはどこから来たのか不明なリュウセイベーコンと同様に、彼らのマスターによって採用されていた。


亡くなった愛する人のために自分ができると思うことをする。


生きている時に得ることができない安寧は、少なくとも、死んだ後に望むものを得ることができますように。


しかし、生者と死者の間で、最後に、彼らは生者を選択しました。


光耀大陸にある「天幕」と「山と川の陣」は、光耀大陸の何千人もの人々を守る巨大な障壁である。


しかし、それは常に破壊できないわけではない。


瘴気の侵食、堕神による破壊、人為的な破壊、すべてがそれらを傷つけている。


そして、それらの若者のマスターがこれら2つの陣を保護する、術の相続人だ。


記録の中で、「山と川の陣」は、何千もの霊が自発的な犠牲によって作りました。彼らは光耀大陸の見えない兵士です。深く暗い冥土の邸宅の中で光耀大陸を守り、人々を傷つける堕神を落とした。


しかし、人々の欲求が高まるにつれて、堕神が増えて、「山と川の陣」の英霊がますます弱くなってきている。


生は死、死は生。生まれたならば、死ぬ時もある。これが天と地の真理である。肉体は死んでも、魂が留まる、それは真理が許さない事である。


これは、若者とリュウセイベーコンがマスターによって教えられてきたものだ。


しかし、彼らはこの土地の人々のために、何千年もの間閉じ込められた英霊たちに、この終わりが見えないガードに耐え続けさせ、さらに決して解放されない魂をもっと送り続けなければならない。


リュウセイベーコンは竹簡の記録を見て、手を落とし、いつも微笑んでいる顔はどうしても笑えなくなった。


彼女は知っている、だからこそ、その見栄えがよくなかった若い男性のグループは、自分自身を置き換えることを選択した。


「山と川の陣」を修復するには、高度な資格を持つ肉体が必要です。そして、修理材料として使用される肉体の持ち主は、「山と川の陣」に入り、いつまでもこの土地の平和を守る事になります。


それらの人々を置き換えるために、彼らは自分自身を使うことを選択した。少なくとも、埋葬することのできない魂を休ませてくれた。


リュウセイベーコンは手を上げて、目を拭いたかったが、涙はなかった。目は渋いが、どうしても泣けなかった。


彼女は深呼吸をし、わずかに冷たい息が肺に入りますが、喉を押さえることができず、舌先が頬の上に当たって、頭を上げ、部屋の梁の静かに揺れるランプを見た。


徐々に、彼女の口の角がゆっくりと持ち上がり、いつものように、少し変だが自信に満ちた笑顔をした。


部屋を出るリュウセイベーコンは、ドアの前で少し心配している猫耳朶を見て、いつものように彼の柔らかい髪を撫でました。


「人参様は陣に戻りました。戻る前に、私にあなたが次は何をするのか尋ねるように頼んだ」


「それじゃあ彼に伝えて。この道を歩くのは、死者のため、生きる人ではない。この答えは、最初から最後まで変わりません」


エピソードまとめへ戻る

リュウセイベーコンへ戻る

コメント (リュウセイベーコン・エピソード)

  • 総コメント数9
  • 最終投稿日時 2020/02/11 13:11
  • 表示設定

新着スレッド(フードファンタジー攻略wiki)

注目記事
ページトップへ