Gamerch
ニーアリィンカーネーション攻略wiki

【ニーアリィンカーネーション】おすすめパーティ編成【リィンカネ】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

レプリカントコラボ開催

▶新キャラ:世界を滅ぼした男(★4)

      カイネ(★4)エミール(★4)

▶イベント:記録:皎潔の丘

ニーアリィンカネーション(リィンカネ|ニーアアプリ)のおすすめPT編成を紹介しています。パーティ編成の他にもおすすめの武器や編成のコツ、パーティ編成のやり方なども掲載しているのでぜひご覧ください。

おすすめパーティ編成

連撃主軸のコンボパーティ

※実装直後のため暫定のパーティ編成となっています

パーティ編成

▼パーティ編成の簡易解説

注意マークアイコン 連撃系攻撃でスキルを貯めやすい
注意マークアイコン コンボを繋げてダメージを与えやすい
注意マークアイコン 雑魚・ボス問わず有効な戦法

代用候補のキャラ

キャラ名特徴
2B(異分岐ノ攻機)
★4異分岐2B
・フレンと変更で火力特化の編成が可能
・連撃を稼ぎやすい汎用アタッカー
・自身のステを上げるバフを所持
・ウェポンスキルも優秀
9S(異分岐ノ探機)
★4異分岐9S
・スキルは連撃による火力が高い
・連撃アタッカーとして優秀
・防御力を上げれるので耐久力が高い
★3アルゴー
★3異存アルゴー
・単体に35%4回ダメージ
・敵単体の攻撃力を下げ事が可能
・ウェポンスキルに防御デバフを所持
★3フィオ
★3異存フィオ
・4回ダメージ+全体防御バフ持ち
・2連撃以上の時ダメージが増加する
・自身の敏捷を上げる事が可能

パーティ編成の特徴とポイント

コンボでダメージを稼ぐ事が出来る!

連撃主体のPT編成の最大のメリットとして、「コンボを稼ぎダメージ倍率を上げられる」といった利点があります。

このコンボを繋げる事で最大で約2倍まで威力を上げる事が出来るので、敵に大きなダメージを与える事が出来ます。


コツとして通常攻撃をしてしまうとコンボが途切れるので、オート解除してスキルを連続で発動できる状況を作るとより高い火力を出しやすくなります。

ヒーラー枠を編成する事で汎用性がアップ

ヒーラーを1人編成する事で様々なクエストで安定して攻略していく事が出来ます。

ダメージが足らないと思った際はヒーラー枠を単体火力キャラや連撃キャラに変える事で火力を補う事が可能です。

パーティ編成のコツ

クエストによってキャラを入れ替える

パーティを組む際は属性相性も意識して編成をするようにしましょう。クエストに勝てない時は属性相性を意識して武器を入れ替える事で勝てるようになる場合があります。


得意武器を装備させる

キャラごとに得意な武器種が決まっています。非得意武器を装備させた場合武器のステータスが半減してしまうため、武器のステータスが2倍以上違うようなことがなければ得意武器を装備サせたほうが強力です。


オトモを編成出来るようになったら必ず入れる

オトモを編成出来るタイミングになったらオトモは必ず編成しておくようにしましょう。

オトモを編成しておくことでキャラのステータスが上昇したり、オトモスキルを使用する事が出来るので戦闘をより優位に戦う事が出来ます。

オトモの入手方法の解説はこちら

メモリーも必ず装備しておく事

メモリーも装備が出来るようになったタイミングで必ず装備しておくようにしましょう。

メモリーによってパーティの欠点を少しでも補うようにする事でより強いパーティを組む事が出来るようになります。

メモリーとは?詳細解説はこちら

パーティ編成のやり方

編成画面から変更が行える

編成画面から変更が行える

▼編成までの手順

メインメニュー→編成→キャラをタップ

パーティ編成を行う時はメインメニューから「編成」を選択しましょう。その後に編成画面を開く事が出来たらキャラをタップすると入れ替えを行えます。

PTの編成を自動で行える「おまかせ」もあるので編成に悩んだ時は使ってみましょう。

オトモの変更方法

オトモの変更方法

オトモの変更は編成画面でオトモを選択すると変更する事が出来ます。その他メイン武器やサブ武器も同様の方法で変更を行う事が可能です。



ニーアリィンカネ攻略wikiのトップへ

コメント (おすすめパーティ編成)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2021/02/26 07:07
  • 表示設定
    • 2
    • ななしの投稿者
    2021/02/26 07:07 ID:omvyb4fc

    サブ武器の装備には制限があるようなんですが条件は何ですか? それとそもそもサブ武器のメリットって総戦力の追加以外に何かあるんでしょうか?

新着スレッド(ニーアリィンカーネーション攻略wiki)

注目記事
ページトップへ