Gamerch

コーヒー・エピソード

最終更新日時 :
1人が閲覧中

エピソードまとめへ戻る

コーヒーへ戻る

コーヒーのエピソード

典型的なビジネスマン。リーダーシップと求心

力が強い。

生まれつきのカリスマ性で、女にモテモテ。

たまに小悪魔な表情を見せるが、本気になった

彼は誰にも見透かせない。



Ⅰ 大火

この世界に召喚された時、私が代表する飲料「コーヒー」はまだ一般大衆に受け入れられなかった。


人々は未知のものを恐れ、「悪魔の飲料」と名付けた。


しかし、私を召喚した御侍はそうは思わなかった。


「あなたは神がくださった贈り物だ。」


私を見た瞬間、彼はそう言った。


「あの頑固なやつらにあなたを絶対受け入れさせる。」


私は別に期待しなかった。他人の評価など、どうでもいいと思った。


私より前に、彼のそばに降臨した食霊──ミルクもそう考えていた。


だから、御侍様のすることにあまり干渉しないことにした。


あの日まで。


あの日の猛火は激しい音を出して燃えさかり、まるで「サタン」のささやきだった。


「そんな……どうして……」隣のミルクは信じられないという声で独り言を言った。


「御侍様……御侍様は中にいるの!」彼女は火の中に飛び込もうとしたが、私は彼女を止めた。


「契約は解除された。」もう料理御侍からの拘束を感じられない私は、ミルクに向かって首を横に振った。


「間に合わなかった。」


目の前の烈火はより大きい音を出し、まるで私達の無能を嘲笑っているようだ。


「……」


ミルクは黙り込み、ただそこに立ち、絶え間なく上がっている火の粉を見つめていた。


私も彼女のそばに立ち、同じくそのすべてを見つめていた。


Ⅱ 来客

あの火事は彼に関わるすべてを葬った。残ったのはただの灰ばかりだ。


彼が生きていた時、彼の目標に全く興味を感じたかった私は、今は彼の代わりに願いを叶えたいと思うようになった。


いつも周りに無関心なミルクも、私と同じ思いを抱いた。


こうして、私達は「悪魔の飲料」を拒む人々の見方をどうやって変えていくかをめぐって、いろいろ討論した。


そして、グルイラオの最もにぎわう町で、史上初のカフェを開くという結論に至ったのだ。


こうすれば、人々が「悪魔の飲料」に触れるチャンスも増えるだろう。


しかし、無視できない問題もたくさん生じた。


たとえば、店を開設するための資金はどうやって集めるのか、食霊は人類から店舗を借りることが可能なのか。


そして、困っている私達の目の前に、彼女が現れた。


彼女は優しい笑顔で、優雅な物腰と穏やかな声を持つ食霊だ。


彼女はこう言った。「資金や店舗のことは心配しないで。あの人の生前の願いを、一緒に叶えましょう。」


御侍様が他の食霊と接触した覚えがないため、どうして私達を助けるのかと聞くと、彼女の優しい笑顔に陰りが生まれた。


彼女は首をに振り、私の質問には答えなかった。


Ⅲ 疑惑

事は予想以上に順調に進んだ。


あの食霊のおかげで、「サタンカフェ」はグルイラオの最もにぎわう町で無事に開店した。しかしその後、彼女の姿は消えたのだ。


そしてもっと不思議なのは、開店したその日から、お客さんが絶えないことだ。


店内のにぎわう様子と忙しく働いているミルクを見て、私は妙な嫌悪感を覚えた。


「悪魔の飲料はまだ一般大衆に敬遠されているんじゃないのか?」


「サタンカフェはなぜこんなに早く受け入れられたんだ?」


疑問を抱き、不愉快な気持ちが日々大きくなってきたそのとき、助けてくれたあの食霊が再び現れた。


「カフェの繁盛を知ったら、彼はきっと嬉しく思う。」


彼女は屋上に座って下で往来するお客さんを見つめ、そうもらした。


「今日来たのは、私と二人で話があるからか?」


私は彼女の隣に座り、なんとなく空に視線を向けた。夕焼けの残光は周辺を照らし、白い雲を赤く染める。


こんな景色を見つめている彼女は、私には視線を向けず、遠方を眺めながら、穏やかな声でゆっくりと、驚くべき事実を告げた。


話を聞いてから、記憶の中の御侍様は突然、どこかの知らない人になったかのような気がした。


Ⅳ 真相

彼女が教えてくれたのは、私が知っているのとは全く違うことだ。


御侍様の敵はずっと「悪魔の飲料」を拒む過激派と思っていたが、それは事実ではなかった。


彼の敵はこの世界の食霊に対する悪意だったのだ。


「あなたは神がくださった贈り物だ。」


「頑固なやつらに絶対あなたを受け入れさせる。」


御侍様の言葉は私の心の中で響き、私はようやく彼の言葉を理解した。


そして、あの危険な時でさえ、御侍様が契約の力を通じて私達に助けを求めなかった理由も分かった。彼はすべてを背負って一人で死ぬ覚悟ができていたのだ。


夕焼けの残光が消え、深い闇が周囲を包むまで、私はずっと屋上に座ったまま、隣の食霊が去ったことにも気づかなかった。


ミルクは店内の片づけを終えた後、屋上で私を見つけた。


ミルクの白い瞳を見つめ、私は決心した。


「ここから離れよう。」


「人類が簡単に見つけられないところで生活しよう。」


私が気まぐれかどうかを確認しているように、ミルクは驚いた表情で私の目を見つめた。


しばらくすると、彼女は「わかった」とだけ言い、そのまま黙り込んだ。


「これでいいだろう?」


私は真っ黒な夜空を見上げながら思った。


コーヒー

王暦280年、料理御侍の中で、食霊の存在をめぐって大きな対立が発生した。片方は「食霊は人類と平等な存在」だと考え、もう片方は反対の見方を示した。


平和共存を唱える側のリーダーである料理御侍は、王暦285年に「コーヒー」という名前を持つ食霊を召喚した。


当時、世界中で大半の人々は「食霊」を仲間として受け入れることができないばかりか、「コーヒー」という新型飲料を受け入れることもできなかった。


この難関に向かい、この料理御侍はむしろ絶好のチャンスだと考えた。


彼は「コーヒー」という独特な味を持つ飲料を世界中に普及させると同時に、各方面の勢力を説得し、「食霊」の人類社会における地位を高めようとしていた。


王暦298年、「コーヒー」はようやくグルイラオ地域の公認発売飲料となったのである。


しかし同じ年、反対派はこれ以上見過ごせないと判断し、周到な暗殺計画を組んだ。


これに早くも気づいた料理御侍は、一人でこの世界を去り、事件の経緯を、文通相手である女性食霊に教えることにした。


料理御侍は手紙の中で女性食霊にこう書いた。世の中の人々が「コーヒー」を受け入れたら、事件の経緯を彼らに伝えて欲しいと。


彼が亡くなった後、女性食霊が彼の遺言に従い、コーヒーミルクを手伝い、にぎわう町で史上初のカフェを開いた。


女性食霊は彼らに、御侍様の命がけの成果を見せたのだ。


そして女性食霊は適切なタイミングで食霊「コーヒー」にすべてを教えた。


事件の経緯を聞いた後、食霊「コーヒー」は驚くべき決断を下した。


コーヒーは町に開いたカフェを畳んで、店を深い森の中に移したのだ。


「サタンカフェ」


それ以降の数十年の間に、食霊の歴史で重要な地位を占めたこの店は、王暦300年に初めての営業日を迎えた。



エピソードまとめへ戻る

コーヒーへ戻る

コメント (コーヒー・エピソード)

  • 総コメント数4
  • 最終投稿日時 2019/04/27 16:39
  • 表示設定

新着スレッド

注目記事
ページトップへ