Gamerch
Black Survival 資料室

コデックス/ホーム

最終更新日時 :
1人が閲覧中
▼ページ切り換えLINK
概要ホームタイムラインウィキ

研究員の立場から見た「BSプロジェクト」の物語を紹介するメニュー.

コデックス端末起動時に最初に出る画面.

項目はメール、メディア、ファイル、ニュース、プライベートの5つ.


メールやプライベートからは研究員同士の関係性やスタンスが垣間見える.

報告書ではVF(Vital Force)や腕輪に関する設定を詳しく知ることができる.


メール

RE) パソコンの設置とセキュリティのことなんだけど

RE) パソコンの設置とセキュリティのことなんだけど

ナジャ

送信者: (自分)


宛先: ナジャ


件名: RE) パソコンの設置とセキュリティのことなんだけど



Dr.トーマスですね。かしこまりました。

よろしくお願いします。


---


送信者: ナジャ

宛先: (自分)

件名: パソコンの設置とセキュリティのことなんだけど


トーマスが手伝ってくれるって。だからそっちに言っといて。

これからもよろしくね、新入~


RE) このメッセージを見ているということはもう遅いということですよね…

RE) このメッセージを見ているということはもう遅いということですよね…

トーマス

送信者: (自分)


宛先: トーマス


件名: RE) このメッセージを見ているということはもう遅いということですよね…



…よろしくお願いします。


---


送信者: トーマス

宛先: (自分)

件名: このメッセージを見ているということはもう遅いということですよね…


Dr. ナジャがいきなり貴方のパソコンの設置とセキュリティプロトコル処理手続きを押し付けて行ってしまいました。

自分の仕事をなんで僕に…

今更文句を言っても仕方ありませんね。僕が手伝ってあげますので自分の席で待っててください。


家族へ

家族へ

家族

送信者: (自分)


宛先: 家族


件名: 家族へ



自分は元気に過ごしています。ここは良い場所です。

諸事情によってあまり詳しいことは伝えられませんが、心配しないでください。


RE) ラビュリントスの件はどうなってるの?

RE) ラビュリントスの件はどうなってるの?

ナジャ

送信者: (自分)


宛先: ナジャ


件名: RE) ラビュリントスの件はどうなってるの?



最善を尽くしています。

定型文のようですが、それしか申し上げる言葉がありません…


---


送信者: ナジャ

宛先: (自分)

件名: ラビュリントスの件はどうなってるの?


そうじゃないことってないんだけど、みんなにとって意味のあることだから。

仕事にも慣れてきただろうし、自分が担当するパートはちゃんとできると思うよ。

分からないことがあったら何時でも聞いて。

あと、コーヒー足りないなら言ってね。ここで豊富なのはコーヒーくらいしかないから。



メディア

音声

歓迎の挨拶

歓迎の挨拶

責任研究員Dr.S

こんにちは、僕は責任研究員、ドクターサムエルだ。みんなを代表して歓迎の挨拶をすることになった。


さあ、ルミア島へようこそ。


みんな選ばれた人材だから、その点においては自負心を持っていい。君たちは僕たちの試験を通過した者たちだ。多分試験が与えられたことも知らなかっただろうけどな。アグライアには数多くの研究員がいるが、この実験に参加する研究員こそ真のアグライアの一員だと言えるだろう。こんな話を聞くと世界中に自慢したくなるよな。でもそれは困るってこと、知ってるよね? 善良で利口な君なら、ちゃんと分かってくれると思う。


もちろん期待とは違って島での生活はかなり苦しいかも知れない。外部と断絶されたまま実験体をモニタリングし、データを整理して報告書を書く。それの繰り返しだ。でも、新しい時代のための歩みに参加できるんだから、耐えてみろ。

成果を出してくれればもっといい。


それでは挨拶はここまで。今後ともよろしくな。大変なことがあったらいつでも来い。話聞いてやるから。



CV(日本語)
サムエル 露崎 亘 

写真

寮内部

寮内部

トーマス

ルミア島内の寮施設案内


これから生活する空間です。気に入ってくださるといいですね。



ファイル

報告書

経口投与のVF伝達体系

経口投与のVF伝達体系

セクターA

VF伝達体系は分離、抽出されたVFの種類によって、その安定性を検証し体内の一定部位まで特定の時間に該当物質を到達させる過程で、副作用を減らし効果を極大化するシステムを言う。


このような伝達システムは投与経路によって経口型、経皮型、注射型、経肺型、粘膜投与型で分けられ、本実験では経口型投与に関する結果を考察する。


経口でVFを投与する場合、VFは胃腸管粘膜から吸収されると観察された。吸収されたVFは体内血管から拡散し、VF受容体を刺激し身体を活性化する。しかし、胃腸管の粘膜を通過する過程で原因不明の損失が相当量発生し、結果的に実験体に必要な分のVFが供給されなくなる。


現時点で、VFの最も効果的な注入法は注射による投与だ。しかし、注射での投与は極限状況での自己投与プロセスに適用するには実質的な問題が存在する。自己投与プロセスの単純化、迅速化のためには経口投与に関する研究を続ける必要がある。


紅玉石腕輪に関する報告書

紅玉石腕輪に関する報告書

セクターB

紅玉石の腕輪がシカゴにあるフィールド博物館のポンペイ展示会で一般公開中だ。出土した当時、生きたコガネムシが一緒に発掘され、議論を呼んだ腕輪である。


該当腕輪はモノに固着化されたVFの良い例で、コガネムシはVFが活性化されたまま死と蘇生を繰り返したものと推定される。実際に腕輪から分離したコガネムシは直ちに粉になって消失したと知られている。


炭素年代測定法でコガネムシの年式を測定できなくなったことは幸いといえる。 コガネムシが実際にポンペイ滅亡当時の生物だったことが明らかになっていたら、大きな騒ぎになっていたに違いないからだ。


様々な事物に固着化したVF物品からデータを収集することは研究資料拡充の側面からも不可欠なことである。 当該遺物の早期確保を建議する。


VFの発現様相のうち、強化型に関する報告書

VFの発現様相のうち、強化型に関する報告書

セクターA

VFの発現分類は現在まで大きく強化、操作、放出に分かれている。 本報告書では、その中で強化型についてより深く議論していきたい。


すべての実験体は肉体能力が全般的に向上しており、強化型はそのうち肉体の強化がより集中的に行われた実験体の場合である。


強化型のVF発現は一見画一化されているように見えるが、詳しく観察を重ねた結果、強化型の中でもそれぞれ異なる発現様相が見られることが分かった。


例えば、16M-RFT20(ダイリン)は、素早い体捌き及び反射神経のような、素早さ中心に身体強化が発現した例である。また、20M-RFT43(ニッキー)は筋力が特に強くなる方向にVFが発現した。ある一つの領域に偏ることなく、身体全般の能力が均等に向上した例としては14M-RF04 (ヒョヌ)が挙げられる。


これのように、一般的には実験体自身になじんだ形でVFの発現様相は異なってくる。上記の例はすべて個別的なものに過ぎない。研究を進めるためにはさらに多くの統計収集と標本調査が必要だ。


何よりも注目する部分は、現在提示された3種類以外の別の分類様式がいくらでも現れる可能性があり、この基準自体が変更されることもあるということである。


偶発的VF誘導型ウイルスの変異に関する報告書

偶発的VF誘導型ウイルスの変異に関する報告書

セクターA

偶発的VF誘導型ウイルス(Contingent Vital-force Induction Virus)については、知られていることよりも知られていないことの方が多い。


VFは大きく分けて二つの発現方法がある。先天的な発現者のケースと、偶発的VF誘導型ウイルスを介してVF受容体が強制活性化されたケースである。偶発的VF誘導型ウイルスは、先天的にVF受容体が発達していない人にも活性化されたVF受容体を付与する。これはこのウイルスのサイドエフェクトと見られるだろうというのが現在までの結論だ。


現在まで偶発的VF誘導型ウイルスの有意義な変異事例は観察されていない。ウィルスの特徴の1つが早い変異であることを考えると、これは非常に例外的な現象だ。本研究グループは偶発的VF誘導型ウイルスの非変異現象もVFと関連があるかどうか研究中であるが、まだ追加研究が必要である。万が一偶発的VF誘導型ウイルスに変異がある場合、どのような現象が起こり、どのような対処法を考案すべきかに備えるためにも、本研究は必要不可欠といえるであろう。



ニュース

脱出鳥類実験体

ウォータールー大学周辺で未確認生命体を発見…現在調査中

ウォータールー大学周辺で未確認生命体を発見…現在調査中

ネット記事:Global Today

カナダ・オンタリオ州にあるウォータールー大学近くの湖「ストラウス湖」で未確認鳥類の遺体が発見され、話題になっている。


カナダのCマスコミによると、最初の発見者はICQの大学院生で、湖の方の窓際で大きな音がしていたので、確認したら巨大な動物の死体が浮かび上がったと証言した。


引き上げられた遺体は約3.5mの大きさで、外見はまるで「翼竜」のようなものだった。分析を担当した調査員は怪生物の口腔と頭部からいくつかの突起を確認することができたという。体は全体的に茶色を帯びていたが、翼の被膜を考慮すると、これが本来の色なのかはより分析が必要だというのが専門家の見解だ。


この怪生物体発見のニュースは現在インターネットやSNS上で急速に広がっている。「絶滅」とされている動物の死体という分析が信頼を得ている中、一部では「誰かが普通の鳥で変な実験をしたのではないか」と主張している。


紅玉石腕輪

シカゴフィールドミュージアム - ポンペイ展示会

シカゴフィールドミュージアム - ポンペイ展示会

ネット記事:Global Today

2千年前の遺物が再び世に出る:シカゴのフィールドミュージアムポンペイ展示会。


シカゴ所在のフィールドミュージアムで進行中のポンペイの展示会で、史上初めて紅玉石腕輪が一般に公開される。出土当時、生きているコガネムシがともに発掘されたという噂で有名になった腕輪だ。


博物館長のエド・リターンは次のように話す。「その噂についてはよく知っています。しかし、うわさはうわさであるだけです。2千年前のコガネムシが今まで生きているはずもないし、それがポンペイ遺跡地なら、なおさらそうです。割れた土地の隙間から偶然にコガネムシが乗り込んで行って、発掘とともに救出されたことだけです。コガネムシとしては運が良い方だったのでしょう。生きたんじゃないでしょうか。」


エドは腕輪から離れたコガネムシが瞬く間に粉になって消えたという噂もゴシップに過ぎないと、簡単に一蹴する。今回の展示会はイタリアと欧州連合が共同で推進中のポンペイの復元プロジェクトで新たに発掘された遺物を主に展示している。



プライベート

写真

破れた文書

破れた文書

不明

破れた文書を手に入れた。誰かのプロフィール…実験体なのか?

ディラン・エヴァンズ、1993年生まれ、国籍は英国…か。


事件経過報告書

事件経過報告書

Me

■■■■■■■■の渉外作戦で、特務部隊員が3人も事故で死亡したらしい。


メモ

寮の入居初日

寮の入居初日

Me

ここが自分の部屋なのか?


ホテルより良いかも!


Nice!




変更履歴・備考

  • Ver.9.6.0
  • ファイル:新規報告書2種追加
  • プライベート:新規画像1種追加

  • Ver.9.4.01:メールボックス:新規メール1種追加.



コメント (コデックス/ホーム)

新着スレッド(Black Survival 資料室)

注目記事
ページトップへ
閉じる