Gamerch

【ドラクエウォーク】上級職の転職条件と性能まとめ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ドラクエウォークの上級職の転職条件と性能をまとめています。上級職の特徴でもある固有特性やおすすめの上級職などについての解説もしているのでぜひご覧ください。

上位職の実装日と転職の条件

目次 (上級職の実装日と新職予想)

上級職の特徴

固有特性を持っている

固有特性を持っている

上級職はそれぞれの職業に「固有特性」というものが備わっています。


この職業固有特性には戦闘中に一定の確率で発動したり、ターンの開始時に発動したりと確実に発動するわけではありません。


ただしどの固有特性も強力な効果が発動するので、ボス戦の攻略などが基本職に比べて少し簡単になります。

こころを4つ装備できる

こころを4つ装備できる

上級職は通常職より1つ多くのこころを装備することが出来ます。


また、元となる職業の得意色を受け継いでおり上級職ごとに受け継ぐ得意色は変わるようです。(バトルマスターは赤色×2、黄色×1、虹色×1)


コスト上限も通常職のカンスト(230)より大幅に上昇しているので、レベルを上げればコストの高い最強のこころも問題なく装備できそうです。


最強こころランキングはこちら

おすすめの上級職と転職条件

2種類の職業のレベル50が必要

原作のドラゴンクエストと同じように、2つの職業を極めることで上位職に転職・解放することができます。

▼レベル上げの必要な職業と転職条件

  • 戦士Lv.50+武闘家Lv.50=バトルマスター
  • 魔法使いLv.50+僧侶Lv.50=賢者
  • 盗賊Lv.50+武闘家Lv.50=レンジャー

上記のように基本職の組み合わせによって、それぞれの特徴が合わさったような上級職が解放されます。

おすすめの上級職

▼おすすめ上級職の早見表

上級職おすすめ度簡易評価
バトルマスター
バトルマスター
★★★★★・すてみが優秀!
・固有で火力UP可能
・状態変化解除持ち
レンジャー
レンジャー
★★★★☆・影縛りが強力
・状態異常確率が高
賢者
賢者
★★★★☆・攻撃or回復役の切り替えが可能
魔法戦士
魔法戦士
★★★☆☆・新スキルMPバサー持ち
・属性耐性低下持ち
パラディン
パラディン
★★☆☆☆・味方へのダメージを肩代わり

バトルマスターのおすすめ要素

バトルマスターは「すてみ」+「怒り」が発動した場合の瞬間火力が非常に高いです。


その為ボス戦やメガモンスター攻略時にはDPSとして重要な役割を担いつつ、周回時にも周回速度を上げるための重要な職業になっています。


上級職の中でも扱いやすく一番最初に上級職で転職させるのであればバトルマスターがおすすめです。

レンジャーのおすすめ要素

レンジャーは状態異常の付与率が高いという特徴を持っており、影縛りや状態異常系の武器との相性が非常に良いです。


メタスラ系以外の敵にはほとんど状態異常が入るので、相手の行動を阻害する事が出来るので一方的に攻撃をしてボスなどを倒す事が出来ます。


ただし所持している武器などにバトルマスターよりも左右されてしまいやすいので、自分の手持ちと相談してバトマスにするかレンジャーにするか決めるのがおすすめです。

賢者のおすすめ要素

上級職の中でも賢者は転職の優先度が低い上級職です。


ステータスなどは基本的に僧侶や魔法使いの上位互換の性能になっていますが、バイシオンを持っていないなどのデメリットがあるので、無理に急いで転職させる必要はありません。


ただし賢者は僧侶と魔法使いをこころによって使い分ける事が出来るので、クエストの状況に応じて火力よせにしたり回復によせるといった事が出来るので1体は賢者にしておくのが良いです。


ドラクエウォークおすすめ記事

コメント (上級職の実装日と新職予想)

  • 総コメント数10
  • 最終投稿日時 2020/01/22 23:24
  • 表示設定

新着スレッド(ドラクエウォーク攻略wiki)

注目記事
ページトップへ