Gamerch

【ドラクエウォーク】こころ周回におすすめの場所と厳選のメリット解説

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ドラクエウォークのこころ周回におすすめの場所を紹介しています。それぞれの章で獲得出来るおすすめのモンスターのこころや厳選のメリットなども解説していますので、参考にしてみてください。

厳選すべきこころ

Sランク周回におすすめの場所

各ストーリーでおすすめの周回場所と狙いのモンスターについて掲載しています。その他にもおすすめの周回場所があればコメント欄でコメントお待ちしています。


出現場所の一覧はこちら

2章でおすすめの周回場所

ストーリー狙いモンスター
7話あばれこまいぬ
8話~9話ドルイド
ホイミスライム

3章でおすすめの周回場所

4章でおすすめの周回場所

5章でおすすめの周回場所

初心者におすすめのこころ

初心者の方(Lv.1~20程度)が序盤でも入手しやすい、おすすめのこころを紹介しています。

こころ特徴

あばれこまいぬ
(おすすめ)
・戦士(黄色)のこころ
・きあいため持ち
・こころの最大コストUP
・斬撃スキルダメUP
・メラ属性とくぎダメUP
・イオ属性・幻惑耐性

きりかぶこぞう
・魔法使い(紫色)のこころ
・ルカニ持ち
・こころの最大コストUP
・ヒャドとバギ属性ダメUP
・転びと縛りのW耐性

リリパット
・武闘家(赤色)のこころ
・スカラ持ち
・こころの最大コストUP
・体技ダメージUP
・怯え耐性

ホイミスライム
・僧侶(緑色)
・序盤で貴重なホイミ持ち
・こころ最大コストUP

ドルイド
・魔法使い(紫色)のこころ
・バギ(全体攻撃)持ち
・こころ最大コストUP
・じゅもんダメージ+
・幻惑+吸収耐性

序盤では特殊効果持ちは貴重

特殊効果画面

序盤(1章から3章前)までは、特殊効果を複数持っているこころが厳選する価値の高いこころです。

その中でもダメージアップ系の特殊効果を持っているこころは、序盤の火力不足を補いやすいのでおすすめです。

ステータスも確認しよう

ステータス画面

序盤ではSのこころも中々入手が出来ず、特殊効果を持っているこころも少ないので、そういった場合はステータスが出来る限り高くなるように少しでもランクの高いこころを集めるようにしましょう。

ステータスが上がるだけで周りに回復スポットがない場合でも耐久して戦う事が可能になるので、効率良くレベル上げを行う事が出来ます。

序盤は無理に厳選を行わなくても攻略可能

序盤であれば最悪無理にこころの厳選を行わなくても、攻略自体は可能なので、出来る限りランクの高いこころを集めるように心がけましょう。

最低限のやるべき事として「職業にこころの色を合わせる」という事だけは出来るようにモンスターを倒して少しでも多くこころを入手しましょう。

3章&4章で厳選すべきおすすめのこころ

3章と4章でおすすめのこころを掲載しています。レベルの目安としてはLv.20~40までの方におすすめのこころです。

こころ特徴

あくま神官
(おすすめ)
・僧侶(緑色)のこころ
・イオラ持ち
・じゅもんダメ+5%
・スキルHP回復+10%
・ギラ&イオ属性耐性+10%

ベビル
(おすすめ)
・僧侶(緑色)のこころ
・回復効果アップ
・イオ属性ダメ+10%
・イオ属性耐性+7%
・混乱耐性+7%

ヘルボックル
・魔法使い(紫色)のこころ
・ベホイミ持ち
・こころ最大コストUP

ヘルビースト
・盗賊(青色)のこころ
・斬撃・体技のスキルダメ+10%
・毒耐性+10%
・眠り耐性+10%

ひくいどり
・魔法使い(紫色)のこころ
・メラ持ち
・じゅもんダメ+10%
・メラ属性ダメ+10%
・メラ属性耐性+10%
・即死耐性+10%

メタルハンター
・武闘家(赤色)のこころ
・やいばくだき持ち
・スキルの斬撃ダメ+7%
・メラ属性耐性+5%

ひとつめピエロ
・魔法使い(紫色)のこころ
・じゅもんダメ+5%
・ターン開始時にMP4回復
・転び耐性

スライムナイト
・戦士(黄色)のこころ
・かぶとわり持ち
・スキルの斬撃ダメUP
・すばやさ減耐性+5%

あくま神官ベビルで僧侶の強化

4章に入ると入手出来るようになる「あくま神官」と「ベビル」は僧侶のこころの中でも能力が非常に高く必ず確保しておきたいこころです。

どちらもSのこころが出るまでは厳選をするだけの価値があるので、4章7話が出たら早い段階から周回をしましょう。

3章ではひくいどりが目標

3章の中でも性能面で優れている「ひくいどり」は早めにSランク厳選を行いましょう。

魔法使いの火力UPの枠に最適のこころなので、3章では優先的にひくいどりを狙うのが良いです。

それぞれの職業でSランクを確保する

3章から4章は今までとは違い相手が強くなり簡単にクリアが出来なくなるので、各色のSランクのこころを出来る限り厳選して獲得しましょう。

5章で厳選すべきおすすめのこころ

5章でのおすすめのこころを掲載しています。5章のこころは優秀なものが多いので、その中でもおすすめのこころを絞って紹介しています。レベルの目安としてはLv.40以降の方におすすめです。

こころ特徴

キングスライム
・盗賊(青色)のこころ
・スキル斬撃・体技ダメ+7%
・会心率+4%
・イオ属性耐性+7%
・即死耐性+7%
・素早さが高い

ドラゴスライム
・僧侶(緑色)のこころ
・スキルHP回復効果+7%
・全属性耐性+10%
・ブレス耐性+5%
・虹枠でもおすすめ

キラーマシン
・戦士(黄色)のこころ
・スキルの斬撃+体技ダメ+12%
・メラ属性耐性+10%
・麻痺耐性+10%
・戦士枠でおすすめ

キラーパンサー
・武闘家(赤色)のこころ
・こころ最大コストUP
・ギラ属性耐性+3%
・ちから&きようさのステが高い
・ステUP要員

ヒイラギどうじ
・魔法使い(紫色)のこころ
・ヒャダルコ持ち
・じゅもんダメ+5%
・ヒャド属性じゅもんダメ+10%
・転び&縛り耐性+7%
・魔法使い最強のこころ

5章おすすめは必ず厳選を行う

5章でおすすめのこころは、どれも強力なこころなので必ずSランク厳選を行いましょう。

登場する相手も非常に強いモンスターが多いので事前の準備はしっかりとしてから周回を行うようにして少しでも効率良く周回を行いましょう。


最強こころランキングはこちら

5章は9話が中心

5章では主に9話から上記で紹介したモンスターが登場するので主に周回する場所は9話がメインになります。

9話でレベル上げと並行してこころを集めるのがおすすめです。

5章前半もおすすめ

5章の前半のストーリーでも「たてまじん」や「ミニデーモン」など様々なモンスターが登場しますがどれも4章までのこころよりも優れているものが多いので5章後半が難しい場合であれば5章前半でSランク厳選を行うのもおすすめです。

こころの厳選をするメリットとデメリット

こころの厳選を行うとどのようなメリット(良い点)やデメリット(悪い点)があるのか掲載しています。こころの厳選を行う前にご確認ください。

難しいクエストの攻略が可能に

こころの厳選を行って一番のメリットは、難しい(クリア出来ない)クエストの攻略が可能になる事です。ドラクエウォークでは、武器などの装備も重要ですがそれ以上にモンスターのこころによって受ける恩恵が大きく攻略では特に重要な要素になっています。

周回効率がアップする

より強いこころを揃える事で、イベントなどの周回がより効率良く行えるようになります。特にキャラのレベル上げは時間がかかってしまうので、より強いこころをセットし戦う事で少しでも戦闘時間の短縮を行う事が大事です。


効率の良いキャラレベルの上げ方はこちら

ドラクエウォークおすすめ記事

最新情報最新メガモンスターレイド!
りゅうおう討伐攻略情報
りゅうおう装備ふくびき
りゅうおうのつえ評価
りゅうおうイベントDQ1イベント開催中!
DQ1イベント前半攻略
DQ1イベント後半攻略
リセマラランキングリセマラ最新情報随時更新中!
リセマラランキングはこちら
最強武器を職業別に紹介!
最強武器ランキングはこちら
最強こころはどれか!?
最強こころランキング
初心者向け記事最も効率的なレベル上げとは!?
レベル上げの効率的な方法
転職情報転職の解説まとめ
おすすめ転職職業チャート
Lvカンストまでの職業選択
Lv50以上経験値テーブル
雑談掲示板貴重な情報交換はこちらから!
雑談掲示板はこちら
攻略wikiトップ
ドラクエウォーク攻略wikiトップへ戻る
注目動画
【ドラクエウォーク】りゅうおう装備ふくびき300連 りゅうおうの杖は出るのか?! #DQウォーク

コメント (厳選すべきおすすめのこころ)

  • 総コメント数3
  • 最終投稿日時 2019/09/27 20:43
  • 表示設定
    • 3
    • ななしの勇者
    2019/09/27 20:43 ID:ndsdwuf6

    ドラゴンスライムではなくドラゴスライムですよ

    • 2
    • ななしの勇者
    2019/09/27 12:19 ID:fdxk9kng

    >>1

    誤認に繋がる可能性があったと思うでの表記を分けさせていただきました!ご指摘ありがとうございました!

    • 1
    • ななしの勇者
    2019/09/26 06:23 ID:im6dc6de

    あばれこまいぬ 2章7話だけなので上記の表記だと8、9話出るように誤認しやすいのでは?

新着スレッド

Wiki内ランキング
注目記事
ページトップへ