Gamerch

【ポケモン剣盾】ナットレイの育成論【ソードシールド】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)に登場するナットレイの育成論です。タイプや種族値などの基本データから、個体値・努力値・技構成などの育成方法、役割関係の考察をまとめています。

【ポケモンソードシールド】ナットレイの育成論

ナットレイの基本データ

ナットレイ種族値
ナットレイHP74攻撃94
防御131特攻54
特防116素早20
くさはがね合計種族値489
特性
てつのトゲ接触する攻撃を受けると、相手のHPを最大HPの1/8分減少させる
隠れ特性
きけんよちバトルに登場したとき、相手が弱点タイプの攻撃や一撃必殺を所持しているかわかる
ナットレイの詳細情報はこちら

ナットレイの特徴

ナットレイの長所

とにかく耐久力が高い

種族値の半分を耐久に割かれているナットレイはとにかく硬いです。4倍弱点タイプをつかれたとしても、努力値の振り方や持ち物次第で耐えきれるポテンシャルを持っています。

特性と種族値の相性が良い

ナットレイの種族値はBが飛び抜けて高く、物理耐久に向いています。また特性「てつのトゲ」で、接触攻撃(主に物理攻撃)した相手にダメージを与えるため、物理受けとして非常に優秀なポケモンです。

多くのタイプを相手に有利を取れる

くさタイプ単体では弱点タイプが多いですが、ナットレイははがねタイプを所有していることから、弱点タイプが2種類しかありません。

ナットレイの短所

ほのおに弱い

ナットレイのタイプが、くさ・はがねタイプなので、ほのおタイプが4倍弱点で相性が悪いです。ほのおタイプの攻撃を使用する相手との戦闘は必ず避けたいです。

素早さが極端に遅い

S種族値が20と極端に低いので、ほとんどの相手に先手を取られてしまいます。行動順が後攻であることを念頭において育成やバトルにのぞむ必要があります。

「ちょうはつ」で止まりやすい

「ちょうはつ」を相手に打たれると、ナットレイは攻撃技しか発動できなくなり、本来の役割を果たしにくいので、アーマーガアやオーロンゲなど「ちょうはつ」を持つポケモンが相手にいるときは注意が必要です。

ナットレイの育成論一覧

みがわり型

性格のんき特性てつのトゲ
持ち物たべのこし
努力値HP:220 攻撃:36 B:252
実数値:177/119/183/66/149/40

メインウェポン「ジャイロボール」の威力をあげるために、性格は「のんき」にします。個体値も最遅(ダメかも)に調整したいところです。

技構成

わざ採用理由
みがわりナットレイに搭載されやすい「まもる」を相手に読まれて行動されても、みがわりを張ることでアドバンテージを取られないので採用
やどりぎのたね回復手段として採用
ジャイロボールフェアリー対策のメインウェポン
でんじは控えのエースポケモンに繋げるため採用

ナットレイが得意とする相手に後出しでバトルに登場させ、「まもる」で相手の様子見ををすると、ポケモンを交換されたときにアドンバンテージを相手に取られてしまいます。「まもる」のかわりに「みがわり」を採用すれば、みがわりが残るので相手にアドンバテージを取られません。

「やどりぎのタネ」はタマゴ技なので、ボクレーなどから遺伝させる必要があります。

その他の技候補

わざ採用理由
どくどく耐久ポケモン対策に採用
はたきおとす相手のアイテムを落とせる便利技
ステルスロック相手のサイクルを破壊
まもる使用するのであれば、H252で身代わりと変更

受けダメージ計算

攻撃対象割合回数
シャドークローミミッキュ
(性格補正なし・A極振り・いのちのたま)
20.3~24.8%確定5発
だいもんじドラパルト
(性格補正あり・C極振り・アイテムなし)
90.3~108.4%乱数1発
ギャラドス
(性格補正なし・無振り・アイテムなし)
56.4~67.7%確定2発

与えダメージ計算

攻撃対象割合回数
ジャイロボール
(性格S下降補正・最遅調整)
ミミッキュ
(性格補正なし・無振り)
167.6~198.4%確定1発
ジャイロボール
(性格S下降補正・最遅調整)
ミミッキュ
(キョダイマックス・性格補正なし・無振り)
83.8~99.2%確定2発

コメント (ナットレイの育成論)

新着スレッド(ポケモン剣盾(ソード&シールド)攻略wiki)

注目記事
ページトップへ