Gamerch

【ポケモン剣盾】タルップルの育成論【ソードシールド】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)に登場するタルップルの育成論です。タイプや種族値などの基本データから、個体値・努力値・技構成などの育成方法、役割関係の考察をまとめています。

タルップルの基本データ

タルップル種族値
HP110攻撃85
防御80特攻100
特防80素早30
くさドラゴン合計種族値485
特性
じゅくせい熟成させることできのみの効果が倍になる。
くいしんぼうHPが少なくなったら食べるきのみをHP半分の時に食べてしまう。
あついしぼう「ほのお」「こおり」タイプの技を受けた時、ダメージを半減する。
タルップルの詳細情報はこちら

タルップルの特徴

長所

新特性できのみの効果を2倍に

ポケモン剣盾から登場した新特性「じゅくせい」を持ち、オボンのみやフィラのみの回復量を2倍にしたり、チイラのみなどのステータス上昇を2倍にすることができます。


回復量を増やして耐久したり、ステータスを上げて耐久をしたりと戦略の幅を広げられるでしょう。


また、タルップルはリサイクルを覚えているので何度も2倍の効果で回復やステータス上昇出来るのが魅力的です。

あついしぼうでダメージカット

タルップルの夢特性は「あついしぼう」で、ほのおタイプを半減こおりタイプの攻撃を2倍に抑えます。


本来受けきれないようなこおりタイプの攻撃を受けきったり、ほのおタイプポケモンのメタとして選出できたりと相手にできるポケモンが多くなります。


とつげきチョッキを持たせて特殊アタッカーにも対応したい、こおり技のケアをしたい場合は「あついしぼう」を選択しましょう。

耐久力を活かした戦い方が可能

タルップルはアップリューと比べてHPが110、防御や特防が80と耐久値が全体的に高めです。


てっぺき、のろいといった積み技は勿論の事、じゅくせいリサイクルややどりぎのタネ、ギガドレインなど回復手段も豊富で耐久力に優れています。


また、タルップルは防御値や防御ランクでダメージ計算する「ボディプレス」を覚えるので物理耐久を上げつつ上がった火力で、ナットレイやドリュウズを狩れます。

短所

こおり技に弱い

タルップルはくさ・ドラゴンタイプなので、こおりタイプの攻撃が4倍で入ってしまいます。


現環境では、ガラルヒヒダルマ、コオリッポ、パルシェンがこおりタイプ技をメインウェポンとして打ってくるので、対面した場合は他のポケモンに対応してもらいましょう。

先手を取りずらい

タルップルは素早さ値が30と低めなので、先にてっぺきを打ってダメージを減らすという動きができません。


先手で積み技を打ちたかったり、火力技を放ちたい方は素早さが逆転するトリックルームパーティーで運用するのをおすすめします。

火力は低め

タルップルは攻撃も特攻撃80程しかないのでそこまで火力は出ません。


のろいやりゅうのまいを積んだり、きのみでのステータス上昇を狙わない場合は耐久しつつ地道に減らしていく必要があります。

最新の育成論一覧はこちら

タルップルの育成論一覧

てっぺきプレス型

性格わんぱく特性じゅくせい
持ち物オボンのみ
努力値HP:252 攻撃: 防御:252 特攻: 特防:4 素早:
実数値:217/105/145/108/100/50

防御に努力値をぶっぱして、物理アタッカー環境でも戦えるてっぺきプレス型です。


初ターンで相手の物理攻撃を受けつつ「てっぺき」を積んで防御値を上げつつ、じゅくせいきのみで回復し、次のターンでは防御値でダメージ計算をおこなうボディプレスで相手にプレッシャーを与えるのが基本的な動きになります。


体力が減ってきたらリサイクルできのみを食べて回復できるので、耐久力は抜群です。


現環境で多く採用されている、ナットレイやドリュウズ、ミミッキュといった物理アタッカーとも渡り合えるポテンシャルを秘めています。


受けきれるか不安なポケモンと対面した場合は、ダイマックスからのダイスチル連発で防御ランクを上げてからスタートするのも手です。

技構成

わざ採用理由
てっぺき防御を2段階上昇できる積み技
ボディプレスの火力もUP
ボディプレス格闘タイプのメインウェポン
防御値でダメージ計算する相性抜群技
ジャイロボールダイスチルで防御ランクを上げつつミミッキュに打点を与えられるので採用
リサイクルHPが減ってきたらじゅくせいきのみをおかわりできる

その他の技候補

わざ採用理由
やどりぎのタネリサイクルループのみで耐久した場合
のろいジャイロボールの火力を上げたい方用
しっぺがえしガラルサニーゴやドラパルドに打点を持てる

相性のいいポケモン

タルップルと一緒に編成する場合に相性の良いポケモン達です。

ポケモン名おすすめポイント

キリキザン
タルップルで対処できないからやぶポットデスをふいうち、ちょうはつでガラルサニーゴを狩れる

ヒートロトム
こおり技を打ってきそうなガラルヒヒダルマやコオリッポに対処が可能

タルップルで相手にできるのはあくまで物理アタッカーなので、特殊アタッカーやこおり技を打ってくるポケモンに対しては不利です。


上記のポケモンで上手く対処してあげれば、ボディプレス無双も夢ではありません。

与ダメージ計算

攻撃対象割合回数
ボディプレス
2段階上昇
ナットレイ
H252
64~76.2%確定2
ドリュウズ117.8~139.4%確定1
エースバーン59.3~70.3%確定2

受けダメージ計算

▼H252/B252タルップル

攻撃対象割合回数
ドラゴンアロードラパルト
A252
80
~94%
確定2
こおりのキバウオノラゴン
A252
82.9
~97.6%
確定2
ギャラドス
A252
103.2~121.6%確定1
じゃれつくミミッキュ
A252
67.2~80.1%確定2
アイアンヘッドドリュウズ
A252
50.8~60.5%確定2
りゅうせいぐんサザンドラ
こだわりめがね
114.5~136.2%確定1

コメント (タルップルの育成論)

新着スレッド(ポケモン剣盾(ソード&シールド)攻略wiki)

注目記事
ページトップへ