Gamerch

【ポケモン剣盾】エースバーンの育成論と対策【ソードシールド】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)に登場するエースバーンの育成論です。タイプや種族値などの基本データから、個体値・努力値・技構成などの育成方法、役割関係の考察をまとめています。

エースバーンの育成論

エースバーンの基本データ

エースバーン種族値
HP80攻撃116
防御75特攻65
特防75素早119
ほのお合計種族値530
特性
もうかHPが1/3以下になると、ほのおタイプのわざの威力が1.5倍になる。
リベロ
※夢特性
自分のタイプが使ったわざと同じになる
エースバーンの詳細情報はこちら

エースバーンの特徴

長所

環境にあった物理アタッカー

エースバーンは攻撃値と素早さ値の高い物理アタッカーで、現環境で流行っているアイアントやドリュウズ、ナットレイを上から潰せるほのおタイプのアタッカーとして活躍が可能です。


最速振りにすることで、素早さ無振りの130族を抜くことができほとんどの相手から先手で攻撃を仕掛けられるのが魅力的です。

専用技「かえんボール」が強力

エースバーンの専用技「かえんボール」は威力120、命中90の優秀なほのおタイプの物理わざで、同じ威力技である「フレアドライブ」と違って反動を受けません


10%は外す可能性はありますが、火力振りしたかえんボールはHB252アーマーガアを半分以上削れるので、どの型でも必ず採用されるでしょう。

多彩な技で相手を翻弄

とびひざげり、ダストシュート、アイアンヘッドといった他タイプのメインウェポンから、カウンター、バトンタッチなどの補助技など多彩な技を覚えることができます。


フェイントやふいうちなども覚えるので、抜かれているより速い手負いのからやぶパルシェンやドラパルトを狩れたりと器用に動けます。

夢特性解禁で環境トップに!?

現時点では解禁されていない夢特性の「リベロ」は使った技のタイプに変化するというゲッコウガの「へんげんじざい」と同じ特性となっています。


どんな技でも一致タイプで放てるだけでなく、タイプを変化させることで相手の技を有利な状態で流せるので物理版ゲッコウガとして環境のトップとして君臨することでしょう。

短所

両刀で運用できない

エースバーンは特攻値が65とかなり低めなので、両刀アタッカーとして運用できません。


物理受けのポケモンに対して不意を突いてオーバーヒートを放ってもHB252アーマーガアに半分ほどしか削れません。


エレキボール、シャドーボール、マッドショットなど特殊技も覚えますがどれも威力が高いわけでなないので、両刀の場合は夢特性のリベロかダイマックス前提の運用となりそうです。

耐久値が低め

HP・防御・特防ともに80以下なので、弱点を突かれると基本的に受けられません。


ダイマックスを切っても中々に削られるので、タスキや壁を貼った前提で選出するのをおすすめします。

エースバーンの育成論一覧

タスキカウンター型

性格ようき特性もうか
持ち物きあいのタスキ
努力値HP:252 攻撃:148 素早:108
実数値:187/155/95/76/95/168

物理を受けずに破壊する

相手の物理エースでカウンターで処理し、先制技やきしかいせいで相手のパーティーにプレッシャーを与える型です。


HPに極振りすることで、カウンターが決まった際の最大ダメージが372となりダイマックスしたH252ギャラドスも先制技込みで倒すことができます。


素早さは最速100族を抜いた調整になっており、タスキが潰れた後でもかえんボールやきしかいせいで後続に対しても役割を果たせます。


ドラパルトやスカーフドリュウズなど明らかに素早さの負けてる相手に対しては先制技でプレッシャーを与えましょう。

技構成

わざ採用理由
カウンター受けた物理技を2倍の威力ではね返せる、この型のコンセプトとなる技
かえんボールほのおタイプ物理メインウェポン。
カウンターと相性の悪い相手用
ふいうち素早さ値の高い相手と対面した際の最後っ屁。もうかの補正はかからない

その他の技候補

わざ採用理由
きしかいせいタスキ発動後のメインウェポン
ビルドアップカウンター読み交代で積む用に
ちょうはつ耐久型と対面した場合の対策
とんぼがえり特殊アタッカーと対面した際の逃げ技

与ダメージ計算

攻撃対象割合回数
カウンターH252
ダイカビゴン
70%確定2発
H252
ダイギャラドス
92%確定2発
H252
ダイバンギラス
89%
ダイドリュウズ100%確定1発
ふいうちドラパルト53.9
~63.8%
確定2発
H252
ダイギャラドス
20.7
24.7%
確定5発
かえんボールHB252
アーマーガア
77.4
~93.6%
確定2発
HB252
ナットレイ
139.5
~169.1
確定1発
ドリュウズ142.7
~168%
確定1発
アイアント243.6~288%確定1発
とびひざげりH252
バンギラス
114
~135%
確定1発
HB252
ブラッキー
55.2
~65.8%
確定2発

カウンターであればダイマックスしてこないしてならば確実に倒すことが可能で、ダイマックスした相手に関しても致命的なダメージを与えられます。


無理にカウンターを打たなくても、かえんボールやとびひざげりでも弱点を突いて処理するのも手です。

最新の育成論一覧はこちら

珠アタッカー型

性格いじっぱり特性もうか
持ち物いのちのたま
努力値HP:4 攻撃:252 素早:252
実数値:156/184/95/76/95/171

高速のほのお物理エース

いのちのたまを持たせることで、上から高火力の物理技でプレッシャーを与える汎用性の高い型です。


物理受けのアーマーガアや、バンギラス、アイアントなど現環境で流行っているポケモンに対して強く相手の選出を縛れます。


素早さ種族値が119と高く大抵のポケモンから先手が取れる上に、ふいうちやフェイントなどの先制技も覚えるのでからやぶパルシェンといった凶悪なポケモンに対しても有利です。


ほのおタイプでやけどにならないのも魅力的です。

技構成

わざ採用理由
とびひざげりバンギラスをワンパンで倒せる。
ゴーストタイプへの交換には注意
かえんボールほのおタイプ物理メインウェポン。
ふいうちドラパルトやからやぶパルシェンに有効

その他の技候補

わざ採用理由
みがわりタスキ型警戒交換に合わせて使用
コートチェンジ相手の壁張りやまかれたステルスロックを返せる
とびはねるダイジェットでさらに素早さを上昇可能
とんぼがえり相手の交代に合わせて有利交代

与ダメージ計算

攻撃対象割合回数
ふいうちドラパルト81.5
~97.5%
確定2発
かえんボールHB252
アーマーガア
92.6
~110%
乱数1発
H252
オーロンゲ
112.3
~132%
確定1発
HB252
カバルドン
53
~62.2%
確定2発
とびひざげりH252
バンギラス
205.1
~243%
確定1発
HB252
ブラッキー
78.2
~93.5%
確定2発
H252
ラプラス
86.3
~102%
乱数1発
サザンドラ127.5
~150%
確定1発
H252
ヒートロトム
58.5~69.4%確定2発

エースバーンの対策

エースバーンと対面した際の対策方法とポケモンを紹介していきます。

対策ポケモン一覧

ポケモン名おすすめポイント
ドヒドイデ
ドヒドイデ
対策おすすめ度:★★★★★
・相手に有効打がない
・特殊技のねっとうで弱点を突ける
・後出しでも安定して受けられる
インテレオン
インテレオン
対策おすすめ度:★★★★★
・素早さ値がエースバーンより1速い
・特殊アタッカーなのでカウンターを空かせる
・ダイジェットの起点にできる
ヌオー
ヌオー
対策おすすめ度:★★★★
・耐久値が高く特性でランク上昇を無効化
・ねっとうやじしんで弱点を突ける

コメント (エースバーンの育成論)

新着スレッド(ポケモン剣盾(ソード&シールド)攻略wiki)

注目記事
ページトップへ