Gamerch
ポケモン剣盾(ソード&シールド)攻略wiki

【ポケモン剣盾】ガラルファイヤーの育成論と対策【ソードシールド】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)に登場するガラルファイヤーの育成論です。個体値・努力値・技構成などの育成方法、対策や役割関係の考察をまとめています。

ガラルファイヤーの育成論

ガラルファイヤーの基本データ

ガラルファイヤー種族値
ガラルファイヤーHP90攻撃85
防御90特攻100
特防125素早90
あくひこう合計種族値580
特性
ぎゃくじょうHPが半分以下になると特攻が1段か上がる。

ガラルファイヤーの詳細情報はこちら

ガラルファイヤーの特徴

特性「ぎゃくじょう」を活かしやすい

メジャーな弱点を持ちながらダイマックスを含めると優秀な種族値によって確1を取ることが難しく、特性を活かしやすくなっています。

環境には弱点保険持ちも多いため、倒しきらなければCが3段階上昇しまい、等倍で相手をするには高い耐久力となっているので相手にとっては厄介なポケモンです。

あく、ひこうタイプは攻撃面で優秀

環境にいるポケモンでこの2つのタイプを受けられるのはバンギラスやカプ・コケコくらいなので、ダイマアタッカーとして多くのポケモンに有利が取れます。

代わりに覚える技の範囲が狭いので、補助技を入れて立ち回りを強化するのがおすすめです。

C3段階上昇ができれば一貫性の高い悪・飛行タイプを存分に活かしてあらゆるポケモンに対して有利を取ることができるでしょう。

ガラルファイヤーの育成論一覧

弱点保険型

性格ひかえめ特性ぎゃくじょう
持ち物じゃくてんほけん
努力値HP:4 特攻:252 素早:252
実数値:166/105/110/167/145/142

特性「ぎゃくじょう」とタイプを活かした高火力のダイマアタッカー型です。

逆上と合わせてC3段階上昇が出来れば広い範囲で確1を取ることができる抜きエースとなります。

悪・飛行タイプを受けられるポケモンが非常に少ないことを活かして先発運用も可能な便利なポケモンです。

技構成

▼基本の技構成

わざ採用理由
もえあがるいかり悪タイプのメインウェポン
ぼうふう
or
エアスラッシュ
飛行タイプのメインウェポン
ちょうはつ低速ポケモンの補助技を封じる
わるだくみC2段階上昇の積み技

▼その他の技候補

わざ採用理由
おきみやげ弱点保険を発動出来なかった時や仕事を終えた後の退場技
後続にエースがいる際に
ふいうち襷と先制技を持ったポケモン対策だが優先度は低い
最新の育成論一覧はこちら

ガラルファイヤーの対策

悪・飛行タイプの両方を受けられるポケモンを使っていれば簡単に対策できます。

または、高火力の物理ポケモンには撃ち合いで勝てないことも多々あるので、バンギラスやコケコが入らない場合にはそちらで対策していきましょう。


▼対策おすすめポケモン例

ポケモン名おすすめポイント
バンギラス
バンギラス
対策おすすめ度:★★★★★
・悪飛行を半減
・高火力の岩技で倒しやすい
ミミッキュ
ミミッキュ
対策おすすめ度:★★★★★
・ばけのかわで安全に倒せる
・防御面に振っている型には注意
カプコケコ
カプコケコ
対策おすすめ度:★★★★
・悪飛行を半減
・エレキフィールドで高火力

コメント (ガラルファイヤーの育成論と対策)

新着スレッド(ポケモン剣盾(ソード&シールド)攻略wiki)

注目記事
ページトップへ