Gamerch

【ポケモンソードシールド】互換切りで過去作ポケモンは連れてこれない?【ポケモン剣盾】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ポケモンソードシールド(ポケモン剣盾)で話題になっている「互換切り」で過去作ポケモンを連れてこれなくなるのかこれるのかをまとめていきます。ポケモンホームの仕様を説明しつつ真相を掲載していきます

互換切りで過去作ポケモンは連れてこれない?

過去作のポケモンを互換切り?


6月12日に放送されたNintendo treehouse(ニンテンドーツリーハウス)にて、ポケモンのディレクターである増田氏から「ポケモンホームからポケモンソードシールドに送れるのはガラル図鑑に登録されているポケモンのみ」という発言がされました。


この発言から「過去作ポケモンが互換切りされた!」という騒ぎに発展しています。


しかし、ガラル図鑑には映像でも見てわかるようにしっかり過去作のポケモンが登場しているので完全に互換が切れたわけではありません。


つまり、ポケモンサンムーンやダイヤモンドパールで育てた大切なポケモンも、ガラル図鑑に登録されていれば連れてこれるのです!


これまでのポケモンダイレクトでは、過去作ポケモンが多数確認できたのでボリューム自体はかなり期待できると思われます。


登場が確定した過去作ポケモン一覧

なぜガラル図鑑に限定したのか

なぜポケモンホームからポケモンソードシールドに持ってこれるポケモンをガラル図鑑に登録されているポケモンに限定したのかも増田氏が理由を話していました。


今作ポケモンソードシールドはSwitchをハードとした作品となっているので、これまで以上にポケモンの表情が豊かになったり、クオリティの高い3Dグラフィックに仕上がっています。


そんな中、800を超えるポケモンを一定のクオリティーを保ちつつ再現するのは限られた開発時間の中では厳しいと判断し、ガラル図鑑に登録されているポケモンに限定しました


上記の理由に加えて、今作では「ダイマックス」や「ワイルドエリア」といった新要素が盛沢山なので、仕方がないのかもしれませんね・・・。


ただ、ガラル図鑑に限定したことで高クオリティーで再現された3Dグラフィックのポケモンと出会えることでしょう!

アプデで全ポケモンを追加?

上記の理由でガラル図鑑に登録されているポケモンに限定しているのなら、発売後にアップデートでちょこちょこ持ってこれるポケモンが増える可能性があります。


それが有料なのか、無料なのかは何ともいえませんが・・・。

ポケモンホームから移動できそうなポケモン


ポケモンダイレクトで登場した過去作ポケモン以外で、ポケモンソードシールドに移動できそうなポケモンを予想していきます。

初代ポケモン全種類

ポケモンはすでにSwitchでポケモンレッツゴー(ピカブイ)を発売されています。


ピカブイで初代ポケモンのシンボルと戦闘時の高グラフィック3Dモデルが作成されているので、ポケモンソードシールド移行するのにそこまで工数がかからないのではないでしょうか?


ダイマックスした際の調整とかがいるのかもしれませんので、全種類は難しいかもしれませんがほとんどのポケモンは連れてこれると予想します!

メルタン、メルメタル


メルタンはピカブイで初登場したポケモンで、既に3Dグラフィックが完成されているポケモンです。


まだまだ存在自体が謎に包まれたポケモンなので、ポケモンソードシールドの世界観に何らかの形で関わってきそうなので図鑑に登録されていてもおかしくはないでしょう。

移動が難しいポケモン

ポケモンホームからポケモンソードシールドに移動が難しいポケモンを紹介します。

伝説、幻、準伝説系ポケモン

伝説、準伝説ポケモンは野生で出現しない貴重なポケモン達なので、ガラル地方と何かしらの関わりがないと登場することはないでしょう。


ただ、前作のウルトラホールのように過去作のポケモンを捕まえられる新機能や、マックスレイドバトルで出現するといった可能性も十分考えられます。


伝説ポケモンの最新情報と予想はこちら

アローラポケモン


ポケモンサンムーンから新たに登場した「リージョンフォーム」によって姿やタイプが変化したアローラポケモン達も連れてこれない可能性が高いです。


そもそも今回の地方はガラル地方なので、アローラ地方で姿を変化させたアローラポケモンが登場するということはないでしょう。


リージョンフォーム自体がポケモンソードシールドで実装されるかは不明ですが、ガラルの姿をした新たなポケモンの姿が登場したら面白いですね!


コメント (互換切り)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2019/08/14 12:36
  • 表示設定

新着スレッド

注目記事
ページトップへ