Gamerch
サイバーパンク2077攻略Wiki|Cyberpunk2077まとめ

【サイバーパンク】ハッキング(クイックハック)のやり方【Cyberpunk2077】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

サイバーパンク2077(Cyberpunk)のハッキング(クイックハック/ブリーチプロトコル)のやり方を掲載しています。ハッキングする方、されて困っている方などぜひご覧ください。

ハッキング(クイックハック)のやり方

ハッキングはL1(CS版の場合)を押して「スキャン」を起動した状態で左側に表示されるメニューを使用すると発動できます。


スキャンからのハッキングのことを『クイックハック』と呼び、『ブリーチプロトコル』や『PING』などはクイックハックの各手段になります。


ブリーチプロトコルだけ他のクイックハックとは大きく仕様が異なるので、詳細を確認したい方は下記ページを参考にしてください。


ブリーチプロトコルのやり方

L1でスキャンする

L1でスキャンする

L1を入力することで建物や人物などのデータを読み取ることができます。

ハッキングすることができる建物や人物に関しては緑色に光るため、周囲を見渡してみるようにしましょう。

ハッキング効果を選択する

ハッキング効果を選択する

ハッキング可能な対象物があったら、実行したい効果を選択しましょう。

また、ハッキングにはRAMを必要とし、RAM使用量は効果毎に異なるため、何でもハッキングできるというわけではありません。

ハッキング効果(一例)

名称効果
ブリーチプロトコルシーケンス効果に応じて、以降のRAM使用量軽減や付近のカメラ全停止などが発動する
カメラ操作カメラを自由に遠隔操作できるようになる
かく乱デバイスに動作不良を発生させ、付近にいる人の注意をそらす
電源オフドアの開閉やカメラの起動/停止など、基本的なデバイス機能が使用可能になる
回路ショート指定敵に対して電気ダメージを瞬時に与える攻撃手段
敵のレベル・自身の知力パークによって使用RAMが大きく上下する

サイバーデッキをカスタマイズする

サイバーデッキ

クイックハックで使用できる効果はインベントリの「サイバーデッキ」という装備に付けている改造パーツに依存します。


改造パーツは店での購入やクラフトなどで入手できます。

クラフト設計図は同じく店での購入、もしくは「クイックハック」のパークによって開放されます。

ハッキングされた場合の対処方法

オーバーヒート

敵をハッキングできる世界のため、敵からもハッキングを受けることがあります。

ハッキングをしてくる敵はスキャンすると「ネットランナー」と記載されるので区別することができます。


敵にハッキングされると持続ダメージを受ける「オーバーヒート」状態になったり、こちらの位置を把握されたりします。


敵からのハッキングに対してはハッキング(アップロード)されるまでに猶予があり、それまでに対象を無効化することでハッキングを防ぐことができます。


下記にオーバーヒートの対処方法をまとめていますのでぜひご覧ください。


オーバーヒートの対処方法まとめ

ハッキング技術を高める方法

知力のステータスを上げる

知力のステータス

能力値(ステータス)の知力を上げることで、サイバーデッキのRAM容量が増えたり、クイックハックの持続時間が増加したりします。


そのため、ハッキング技術を高めたいという方は「知力」にポイントを振っていくようにしましょう。

パークを強化する

パーク

知力のパークは2種類ありますが、どちらもハッキングに関連する効果を持ったスキルになっています。


「ブリーチプロトコル」は名前の通り、ブリーチプロトコルによって得られる効果を底上げしたり、ブリーチプロトコル後のクイックハック性能を高められるパークが多いです。


「クイックハック」はハック効果によるダメージや使用RAMに関わるパークが多く、「ブリーチプロトコル」よりもハッキングに特化したツリーです。


汎用性重視でカメラの停止時間やアクセスポイントからの素材・€$効率を上げたい場合は「ブリーチプロトコル」を、クイックハックによるダメージやデバフ効果を高めたい場合は「クイックハック」を伸ばしていきましょう。


知力のパーク一覧はこちら

サイバーデッキの改造パーツを変更する

サイバーデッキ

サイバーデッキの「改造パーツ」を入れ替えることで、使用できるクイックハックを変更したり、効果が強力なものを使えるようになります。


改造パーツはクラフトでも作成できますが、知力・技術の両方を上げていく必要があるので、能力値・パーク振りがかなり制限されてしまいます。

基本的には店売りのものを活用していくのがおすすめです。

同名ハックでもレア度で性能が大きく変化する

回路ショートアンコモン回路ショートエピック

上記は「回路ショート」の改造パーツですが、レア度に応じてダメージが大きく変化することが一目でわかると思います。

その分、基礎使用RAM量も多くなりますが、一撃で敵を仕留めやすくなるので高レア度のものの方が優秀と言えます。


使用RAMがあまりに多いクイックハックは、ブリーチプロトコルを行い以降の使用RAMが軽減するようなパークを優先して取得していくと使いやすくなります。

クイックハック効果一覧

名称効果
回路ショート【タイプ】コンバット
ターゲットに中ダメージを与える。ドローン・メカ・ロボットに有効
オーバーヒート【タイプ】コンバット
ターゲットを炎上させ継続的にダメージを与える
化学汚染【タイプ】コンバット
ターゲットに小ダメージを与え、毒を付与する。ターゲットから一定範囲内の敵2人に伝染する
シナプス焼却【タイプ】コンバット
ターゲットのHPが低いほど、より多くのダメージを与える。ドローン・メカ・ロボットには効果が薄い
PING【タイプ】ステルス
ローカルネットワークに接続された敵とデバイスの位置を特定する
オプティクス再起動【タイプ】ステルス
ターゲットの視覚サイバーウェアを再起動させ、一時的に視界を奪う
記憶消去【タイプ】ステルス
ターゲットに戦闘態勢を解除させる
口笛【タイプ】ステルス
ターゲットがプレイヤーの現在地に移動する
増援要請【タイプ】ステルス
敵の仲間1人を招集する
サイバーウェア動作不良【タイプ】コントロール
ターゲットのサイバーウェアを一時的に使用不能にし、移動または耐性を無効化する
行動鈍化【タイプ】コントロール
ターゲットの動きを封じて、その場から移動できないようにする
音波ショック【タイプ】コントロール
ターゲットの聴覚を奪い、察知能力を低下させる
武器グリッチ【タイプ】コントロール
ターゲットの武器を詰まらせ、一時的に使用不能にする
自殺【タイプ】アルティメット
ターゲットを強制的に自殺させる
サイバーサイコシス【タイプ】アルティメット
ターゲットに疑似サイバーサイコシス症状を誘発し、敵味方関係なく攻撃させる
システムリセット【タイプ】アルティメット
ターゲットの神経系を麻痺させ、気絶させる
強制自爆【タイプ】アルティメット
ターゲット自身が持つグレネードを強制的に起爆させる

コメント (ハッキングのやり方)

新着スレッド(サイバーパンク2077攻略Wiki|Cyberpunk2077まとめ)

注目記事
ページトップへ