Gamerch
サイバーパンク2077攻略Wiki|Cyberpunk2077まとめ

【サイバーパンク】サイバーデッキ(基幹システム)のおすすめと仕様解説

最終更新日時 :
1人が閲覧中

サイバーパンク2077(Cyberpunk)のサイバーデッキについて解説しています。クイックハックの運用方法やバーサークなど特殊なデッキの仕様などを踏まえてのおすすめ基幹システムを紹介しているので、プレイする際に参考にしてください。

サイバーデッキの使い方と仕様解説

サイバーデッキ(基幹システム)とは

サイバーデッキ

サイバーデッキ(基幹システム)は装備品の一つで、サイバーウェアを取り扱う「リパードク」で購入/付け替えができます。


主にハッキング(クイックハック、ブリーチプロトコル)に影響の大きい装備で、性能が高いものほどハッキングの拡張性も上がっていきます。


クイックハックをメインにしないプレイスタイルでも、カメラの電源オフや『PING』による索敵など、汎用性の高いハック効果にも影響するので重要な要素です。

リパードクの説明と場所まとめ

クイックハックを装備させる器

クイックハック

ハッキングのメインとも言える「クイックハック」は、各ハック効果をサイバーデッキに装着することで使えるようになります。

同時に装着できる枠数はサイバーデッキの性能に依存するため、クイックハックの選択肢を増やしたい場合は必然的に高性能のサイバーデッキを装備する必要があります。


クイックハックを使用するためのRAMの基礎値はサイバーデッキに依存するので、レア度の高いクイックハックを使うなら相応のベースRAMを持ったサイバーデッキを装備しましょう。


クイックハックに関しては下記ページで紹介しているので、そちらも合わせてご覧ください。

ハッキング解説とクイックハック一覧

ブリーチプロトコルの成功率にも影響

ブリーチプロトコル

サイバーデッキの「バッファサイズ」は、カメラやアクセスポイントのハッキングで発生する「ブリーチプロトコル」の成功率を左右します。


例えば、画像のように”ICEピック”と”カメラ停止”がそれぞれ異なる文字列を指定されている場合、バッファが4枠しかないサイバーデッキでは最大でもどちらか片方しか発動できず、コードの並びによっては片方すら発動させられない場合もあります。

バッファサイズを増やすことで選択できるコードの数が増えるので、一列目に該当コードがない場合でも残りの枠で入力できれば効果を発動させられます。


ブリーチプロトコル自体の解説は別ページにまとめています。

ブリーチプロトコルの解説

特殊効果を持つサイバーデッキもある

バーサークサンテヴィスタン

サイバーデッキの中には画像のように「バーサーク」や「サンテヴィスタン」といった固定名称がついているものがあります。

これらの名称はそれぞれ発動させられる特殊効果を示しており、スキルのように任意のタイミングで発動させられます。


特殊効果を使える反面、上部で紹介したハッキング関連の性能は全く無くなるため、知らずに装備してしまうと「突然ハッキングが使えなくなった」ように感じてしまいます。

これはバグでも不具合でもなく、サイバーデッキそのものにハッキング能力がないためです。


サイバーデッキの効果欄を見ると、ハッキングが使えるデッキとは異なり、ベースRAM・バッファ・スロットの表記がないので、これらが書かれていないデッキはクイックハックが使えないデッキと認識して構いません。

バーサークとサンテヴィスタンの特殊効果

特殊効果を持つデッキの効果を簡単に紹介していきます。


「バーサーク」は発動すると一定時間、自身の攻撃力・防御力を底上げすることができる戦闘特化型のデッキです。

武器の火力が底上げされアーマー値も高くなるので、脳筋プレイと相性の良い特殊効果と言えます。


「サンテヴィスタン」は発動すると周囲をスローモーションにすることができ、マトリックスのような自分だけ速いという状態になります。

高速移動で間合いを詰めての近接攻撃、一気に距離を離して索敵範囲外に逃げるなど攻防どちらにも応用の利く特殊効果となっています。

バーサークほどではないものの、ステータス上昇効果もあるので単純に火力底上げといった使い方も可能です。

サイバーウェアの性能一覧

おすすめの基幹システム紹介

上記でも解説したように、ハッキングをするかしないかで大きく2通りに分かれます。

大きく2分してもプレイスタイルによって相性の良し悪しが変わるので、どれが良いのか悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

※デッキ名の色はレア度を表します。

ハッキング向きデッキ

クイックハックメイン

クイックハックでの攻撃をメインとしているプレイヤーにおすすめのデッキです。

ひとえに攻撃ハックといっても種類が多いので、自身がよく使うハックに合わせて選択しましょう。

デッキ簡易解説
テトラトロニク・リップラー
テトラトロニク・リップラーMK.4
RAM:10/バッファ:8/スロット:8
・アルティメットクイックハックをメインにするビルド向き
・回転率を底上げできる効果が多いので、継戦能力高め
・アルティメットに伝染効果を付与できる
ウエストブルック:チャーター・ヒルのリパードクにて購入
ネットウォッチ・ネットドライバー
ネットウォッチ・ネットドライバーMK.5
RAM:10/バッファ:8/スロット:6
・攻撃系クイックハックをメインにするビルド向き
・攻撃系ハックを複数敵に同時に発動できる
・ダメージ&伝染範囲UPで『化学汚染』と相性◎
ヘイウッド:ウェルスプリングスのリパードクにて購入

ハッキングはしたいけどメインではない

ハッキングメインで戦闘はしないけど、『PING』での索敵や「アクセスポイント」への接続は最低限ケアしたいという方におすすめのデッキです。

『PING』から『行動鈍化』などを組み合わせることで、武器での攻撃を当てやすくなり被ダメージも抑えやすくなります。

デッキ簡易解説
アラサカ
アラサカMK.4
RAM:10/バッファ:8/スロット:6
・『PING』の回転率を底上げしやすいデッキ
・射撃メインで『PING』や『行動鈍化』などを組み合わせる場合に優秀
シティ・センター:ダウンタウンのリパードクにて購入
クイックハック一覧はこちら

近接戦闘向きデッキ

バーサークは対少数向き

バーサークは瞬間的な火力・耐久UPができるサイバーデッキです。

サンデヴィスタンと比べると持続時間が短いので、エリア内に敵が散開しているジョブなどにはやや不向きな性能と言えます。

デッキ簡易解説
ミリテク バーサーク
ミリテク バーサークMK.5
スロット:3
・近接脳筋プレイがしやすいデッキ
・「バーサーク」中、HP&スタミナを40%UP、敵キル時にHP5%回復
クリア報酬(自殺以外ならどのENDでも可)

サンデヴィスタンは汎用性が高い

サンデヴィスタンは一時的にスロー状態となり、与ダメ&クリティカルを底上げできるサイバーデッキです。

バーサークよりも持続時間が長めなので、対複数でも使いやすく汎用性の高い性能と言えます。

クリティカルビルドに向いているので、「悟」などと相性が良いです。

デッキ簡易解説
ミリテク ’’ファルコン’’ サンデヴィスタン
ミリテク ’’ファルコン’’ サンデヴィスタンMK.5
スロット:3
・サンデヴィスタン最強格のデッキ
・効果時間が長く、クリ率&クリダメ数値が高い
ヘイウッド:ウェルスプリングスのリパードクにて購入

コメント (サイバーデッキのおすすめと仕様解説)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2021/01/09 18:58
  • 表示設定
    • 1
    • ナナシの投稿者
    2021/01/09 18:58 ID:c7o1wfti

    メインミッションの伝達をクリアしたらバーサーク状態がずっと続いている状態になってしまいました。

    治す方法はあるでしょうか?

新着スレッド(サイバーパンク2077攻略Wiki|Cyberpunk2077まとめ)

注目記事
ページトップへ