Gamerch

メインストーリー 第07章 Story2

最終更新日時 :
1人が閲覧中


2015/01/23




目次


Story タニア来たよ

Story <夢のルーン>の暴走

Story 悪夢の発現

Story 我が名はウマルス

Story 彼を信じてる

Story





story タニア来たよ



……<夢のルーン>はこの奥だ。タニアもここで暮らしている。

タニアさんの<夢>が、現実になるのよね……

ちょっと緊張するね、主人公……

どこにいるのかな~。 おお~い! ごめんくださぁ~い! 

キャトラ! 大きな声を出さないでくれ! ……彼女がおぴえてしまう!

え? 陽気で活発な、冒険家志望なんでしょ? 

……!

だれ!? わさわざあたしをいじめに来たのはだれなの!? 

……んん? 

帰って! あたしのことなんか、放っておいてよ! 

待ってください、私たちはいじめ待ってください、私たちはいじめに来たわけでは……

早くどこかへいって!

お願いです、あなたとお話をさせて。

イヤ! だれにも会いたくないわ!

-……思ってたのとずいぶん違うわね……

……みんな。すまないが、しばらくの間、私と彼女を二人きりにさせてくれないか? 

……そうね。お任せしていいかな。

ウマルス。あとでぶーぶー言わせてもらうからね。

ああ……


……タニア。私だ、ウマルスだ。

……大丈夫。いるのは私だけだよ。耳を貸しておくれ……

…………

凶悪な魔物に襲われた国があった。幾人もの勇士が戦い、敗れ、人々は絶望に打ち震えていた――

――そこに、風のように現れた一頭の馬。それは……

……あなたね? ウマルス。

その馬は光の化身。白く輝く毛並。雷光のように駆けると、瞬時に魔物を貫いた。

すごい! 大活躍ね!

その雄姿を目にした姫が言う。『どうか私を妃にしてください』

まあ!

しかしその勇者は首を振ると、背を向けて去っていった……

どうして? 

世界のどこかで彼を呼ぶ声が聞こえたからさ……

やっぱりあなたってすごいのね! ウマルス!

……たいしたことないさ。

……どうして? 

この姿になり、私は力の大部分を失ってしまった。……現に、島の魔物を掃討することも出来ない。

もしもあなたが本当の姿に戻れたら? 

世界は光で溢れかえる。全ての不安は消え去り、安らぎが人々の心を満たす。

すてき!

ふふふ……

……ねえ、ウマルス。どうしてお客さんをつれてきたの? 

あたしはあなたさえいてくれればそれでいいのに……

……それは本心かい? 

え? 

彼らを呼んだのは<夢のルーン>、つまり、君の願いではないのかい? 

……わからないわ。……ただ、あたし、ときどき圧しつぶされそうになるの……

<夢のルーン>を通して、闇の気配を感じる。

立っているだけで、目が眩みそうなほど不安になっていくの……

……それを抑えているんだね。偉いよ、タニア。

……でも、不安から逃げるだけでいいのかな? 

え? 

……不安はきっと、幸せと背中合わせさ。切り離してどちらかだけは、得られない。

…………

……彼らと話してごらん。きっと勇気をもらえるよ。

……イヤよ! 

……しっかり前を見なきゃ、幸せにはなれないよ。

そんなこと……

そんなことないもの! わざわざそんなことしなくても、幸せになれるもの!

ウマルスのウソつき!



…………

ヒヒィーン。



TOP↑

story <夢のルーン>の暴走




よーせいさんやーい? 

……やっぱり顔を出してはくれないのね……

すまない。私の説得では、タニアの心は変えられなかった。彼女が姿を現すことはないだろう。

じゃあもう一度呼びかけてみましょう。

なぜだ。

アタシはアンタの逆に張ることに決めたの。

私は幸運の女神の一人息子だ。それは得策とは言えない。

ハイハイ。

……<夢のルーン>を司る、妖精さん。私はアイリス。キャトラと主人公。

私たちは、お話しがしたいだけ。決していじめたりしないわ。できてくれないかしら――

<…………>

……ここで立ち止まっているわけにはいかないの。お……ここで立ち止まっているわけにはいかないの。お願い。姿を見せて――

<…………>

……タニア。前を向いて。勇気を出して。

<…………>

……ダメみたい――


…………

あっ!

ひいっ!? 

……大丈夫! 偉いよ、タニア。さあ、逃げないで。

……うん。

はじめまして、私はアイリス。よろしくね、妖精さん。

……ご用はなあに? 

アタシたちの乗ってきた飛行島が、先へ進めないの。原因を知らないかしら? 

……知らない。

……タニア。

もし、何か少しでもご存じだったら、教えてほしいんです。

……知らない。

タニア。

知らない知らない! ウマルスのいじわる! <夢のルーン>のことも、あたしはわかんないもの! 

全部あたしのせいなんでしょ! この島の魔物が増えたのも! 闇が世界に広がっていくのも! 

落ち着け、タニア! 

だからあたしは一人なんだもの! いるだけで迷惑かけるの! だから一人でいるの! 

だれかに来て欲しいなんて、少しも思ってなんかいないの!

タニア! 

嫌い嫌い嫌い! みんな嫌い! 大嫌い! あたしを一人にしてよ!

あっ、待って! 


アハハハハハハハハハハハハハハ! そーなると思ったんだ! こーなると思ったんだ! 

妖精タニアは自分勝手さ! 周りが見えないヒステリー! 

悪く捉えて思い込み、 勝手に怒って悲しんで!

アハハハハ! 残念でした、冒険家さん! あのコはイイコじゃないんだよ!

見てごらん! タニアの不安が膨れたよ!  自分勝手に膨れたよ!悪いことばかり考えて! 

 <夢のルーン>は感じたよ! 彼女の悪夢を感じたよ!

さあさあそれが実現するよ!  島の魔物が強くなり、 君たちみんな踏みつぶす!


闇の気配が……! 強まっていく……!

じょーだんじゃないわよぅ! ウマルスぅ! なんとかしてよ! タニアをなだめて! 

……その場しのぎに意味はない。<悪夢>は悲劇だが、彼女自身が乗り越えねばならないのだ……

ウマルスさん……

……とはいえ、魔物たちの好きにさせるわけにもいかない。

そうね……。ねえ、アイリスは無理しないでね……

大丈夫よ、キャトラ……

主人公、ともに戦ってくれ。

……<夢>はいつか醒める。そのときが訪れるのを信じて!




TOP↑

story 悪夢の発現


…………

……どうしてあたしが……

<夢のルーン>も、……嫌い……

……あたしは大好きよ。そんなあなたが。

!だれっ!? 

あたしはあなた。<夢のルーン>で形をとった、あなたのずるくて弱い心……

と言っても、本家のあなたには敵わないけどね。ひねたウソつきのタニアさん。

なによそれ、あたしはウソなんか……

迷惑をかけるから一人でいる? アハハハハハハハ! よく言うわ!

あなたは受け入れたんじゃない! <夢のルーン>の<対象>に、選ばれたことを!

身勝手で嫌われ者のタニア。欲しくても友達はできない。いつもひとりぼっち。

ひとりぼっちに理由が出来た。<夢のルーン>は危険だから、だから誰も近づかない。

孤独は自分のせいじゃない。全部<夢のルーン>が原因。自分は何も悪くない。

あなたはそう思うことにした。そうよね? 

それは……! 

そ~よねぇ~! 嫌われるって辛いもの! 何かのせいにしたいよねぇ! 

…………

大好きよタニア! ずっとここにいましょう!

ぜんぶ何かのせいにして、自分は悪くないって言って、孤独と不安を抱えて生きましょ。

あなたの感情は最高よ。あたしにどんどん養分をくれる。

<夢のルーン>が<悪夢のルーン>となり、世界を飲み込む日も遠くはないわ!

アハハハハハハハハ! 

……そんなのイヤ……

ヤだからどーするのよ? なんにもできやしないクセに! ひとりぼっちのタニアちゃん! 

アッハハハハハハハハ! 

…………



TOP↑

story 我が名はウマルス




ウマルス~! 魔物多いんだけどぉ~!

私の予想をはるかに超えてきた。これが伝承による<大悪夢>の到来か。

封印されし、いまのままでは……

封印が解けたらどうだっていうのよ!? 

真実の姿となる。君たちの認識からすれば、<光>そのものに映るだろう。

ウソばっか!

古よりの俗説だ。

もが~!

二人とも! 新手が来るわよ!

あとからあとから……! はりきるのよ、主人公、ウマルス! 

私は生来争いは好まないのだが。

剣がダメなのはわかってるから、オーブふってふってオーブ! 

この<スタリオンオープ>も本来は祭礼具であり、戦闘用の物ではない。

そんなこといったって、持ってるんだから有効活用なさい!

そうだアンタ、<馬大魔法>でもないの!? 

なぜそれを知っている。たしかに私は、正しい手順を踏めば、放つことが出来る。

しかしあまりに強力無比な力。相応の儀式が必要であり、またその制御も……

お~い魔物ども! 蹴散らしてやるわ、かかってこ~い!

なっ、キャトラ、わざわざ敵を呼び寄せるな!

とくと見ろぉ~! でんせつの、<馬大魔法>~!

いいか、私が言ったのは……! 

ウソなのね!? 

あるいは俗説だったとしても! この場をどうにかせねばならない! 

どうやって!? 

制するのだ! 

へ!? 

聞け、この世の闇の雫、身を魔にひたす獣どもよ! 我が名はウマルス!

その名、七海十国に轟き、崇め敬いし戦士の数、貴様らの軍勢よりも、星のかぞえになお近い! 

両軍に降る勝敗は明らか! だが、無用に命を摘むは魔性の者相手とて本意ではない!

群れを煙と散らし、生まれの国に帰ると言うならば、この私も――

ウマルス!

なんだなんだろうかキャトラ!? 

向こうの連中、全然聞いちゃいないわ! まぁアタシたちも聞いてないけど! 

なぜだ!? 

魔物にホラ話なんかなんの意味があるのよ! ほらほら、押し寄せてくるぅ~!

や、や、やめろ! 私を狙うな! 私はかの英雄ウマルスだぞ!

まだ言うの!? 

やめはしない! 歯が舌が動きをやめぬ限り、私はしゃべり続ける!

……変な風に根性あるんだから……

控えろ、控えろ! 無尽蔵に悪を裂く我が聖剣、いかなる闇とて防げはしない!

剣持ってないくせに。

戦陣のならいに従えば、球とて剣と呼べるもの!

響け我が叫び、我が願いよ! 封印などなにあろう! 

穢れなき正義の心! かの神話の鎖でつなごうとも! 檻に閉ざすことなどできはしない! 

世に光、もたらす勇者! それこそウマルス!

我がそうである真実は、何者にも覆すことはできない!

……ふふ。ふふふ。うん! ウマルスさん、がんばりましょう!

アンタの徹底を知ったわ……さすがのアタシも拍手を禁じ得ない……

ヒッ! ヒッヒィーン!

ふふふ。ウマルスさんのおかげで負けるかもって想像が、どこかへいっちゃった! 

いきましょう! 主人公! 



TOP↑

story 彼を信じてる



不安は恐怖へ、恐怖は不安へ。負の感情は連鎖する。

弱虫のあなたに、止められるうねりじゃないわ。

自分以外のだれも信用しようとしない、孤独で小さなあなたにはね……

……あたしは……

なあに? 吐くならそれも認めるわ。言い訳してごらんなさいな。

それが潰されたとき、上げ底もへこみ、より深い奈落へと落ちるのだから。

……信じるとか、わからない……

……だって、ホントがわからないんだもの……

ええ、おっしゃって。

ここでは褒めてくれてた人が、どうしてあっちではあたしを嫌うの? 

言葉ってなに? 話すって? どうして自分の考えを、だれかと持たなきゃいけないの? 

一緒に持ってあげるとき、ホントだと思わなきゃダメなの? そんなのどうでもいいって、言っちゃいけないの?

うふふふふふ……その考えをだれと持ちたい? それもやっぱり押し付けなのよ。

あなたの考えは自分勝手。本当と言われてもウソだと思い、またその逆も。そんなの可愛くもないし、疲れちゃう。

だからあたしを嫌うの……? 

ええ、そう。




…………

もういい? 孤独なタニア。目と耳をふさいで、ずっと一人でいるのなら……

一つになりましょう。<悪夢>でいいのよ。あなたは悪くないんだから。

…………

……その名、七海十国に轟き、崇め敬いし戦士の数、貴様らの軍勢よりも、星のかぞえになお近い!

! この声は……! 

え?  ……ああ。風が運んできてるわね……

……穢れなき正義の心! かの神話の鎖でつなごうとも! 檻に閉ざすことなどできはしない! 

世に光、もたらす勇者! それこそウマルス!

我がそうである真実は、何者にも覆すことはできない!

うふふ、ま~た言ってるわね。さて、それじゃあ――

――いた。

……え? 

彼がいる! いるじゃない!

ウマルス! 

…………

ウマルスは、いつでもあたしに会いにきてくれた。あたしも嫌じゃなかった。だって――

どうでもいいんだもの! ホントかなんて、ウソかなんて!

あたしが決めることだから! だからあたしは信じるの! ウマルスのことだけは!

…………

ウマルスは勇者。ウマルスは世界を光で溢れさせてくれる。

全ての不安を消し飛ばしてくれる!

あたしのも! 

ウマルスこそ、伝説の英雄なんだもの! 

……ウソでも?

あたしは信じてるの! 絶対に!  何が起こっても! 彼の、ウマルスのことだけは! 

……そう。

えっ……? 

あなたがそう思うのなら。あたしもそれに賛成するわ。

良い夢を信じるのは簡単なことではないけれど。それに賭ける勇気があるのね? 

勇気……とか……

どうでも、どんな言い方したっていいわ、そんなものに意味はないもの! あたしは信じるの!

それだけ!

――そう。

――<夢のルーン>よ! 心の底よりの願いを叶えたまえ!

良き夢に力を! ……さあ。

……え?

それでも必要なことなの。ここは、言葉を使いましょう?

……ええ!

良き夢に力を!



TOP↑

story



ヒヒイーンっ! 

ウマルス! いまさら蜂にツツかれただけで吹っ飛ばないで! 

馬にとって蜂は天敵だ。

……ウソでしょ。

……うん? 

なんか、わかってきた! アンタはまたまだ元気! とっとと突撃なさい! 

なぜそう思うか根拠を問いたい。あるいはそうであろうとも、突撃など兵法においてもっとも愚策。対策を求める。

アタシがアンタに求めるのは一つなの!減らず口やめて、粉骨砕身闘いなさいな! 

やっている! 

ウソだ! 

俗説だ! 

なわけあるかぁ~!

 ……さっきのウマルスさんは、たとえウソ言ってたとしても頼もしかったのにな……

ならばもう一度再現しようではないか。

いいよもう。

……違うぞ、キャトラ。ウソとは心の余裕のある側面、その表れでもある。

……ウソの一つもつけなくなれば、人間もおしまいなのだ。

馬じゃん。

馬にも言えることなのさ! さあ!  再び大地を震わせよう、我がいななきにて!

遠からん者は音に聞け! 近くぱ寄って目にも見よ! 我こそは英雄ウマルス!

雑兵など、百を百とし千倍しても、届かぬ巨星であることを知れ!

ヒヒィーン! 

……え? 

ヒッヒィーン!!! 

……ええ!? 

ヒッヒィーン!!! ブルブルブル! ヒッ……ヒィーン!!! 

いななくたびに、ウマルスさんがいななくたびに、ウマルスさんが……! 

な、なにを……! 

なにデカくなってんのよ!


<みるみるうちに、小山ほどに膨れ上がったウマルスが、落葉を遮り広々とした影を落とす。>

なんのことだ? どうしてキャトラの声を遠く感じるのだろう? 馬と猫、差はあるものの、いささか誇張が過ぎる。

だから! アンタがデカくなっちゃってるからよ! 

ははは、キャトラよ。この私に、そんな子供じみたウソが……

おおっ!? 本当だっ!!!

なにが起きたの……?

どうやら解放されてしまったようだな……

この私の真の力が!

ウソだぁ~! 

ならばどう説明する? 答えよキャトラ! 

……わかんないけどお、そんなの絶対ウソよ! ……わかんないけどぉ、そんなの絶対ウソよ! 

真実となった事実から、人はどうして目を逸らすのか!? 

アタシ猫だもん! 

感じるぞ……! 甚大なるソウルが、この身に流れ込んでくるのを……! 

主人公! いまこそ反撃の狼煙を上げるとき! 

群がる魔物どもを、殲滅してくれようぞ!

じゃあ、アンタを先頭に、とつげ~き!

だがしかし! 

なによっ!? 声大きいっ! 

大は小を兼ねるとも、小そのものとは別なもの。

まり!? 

足元はおろそかになる。私を誘導してくれ。

もぉ~、どんなサイズになっても手間かけさすんだからぁ~……! 

いざゆこう! 留まることを知らぬ悪夢に、終わりを告げる鐘を鳴らすのだ! 



TOP↑

story



やるじゃんウマルス! デタラメすぎる気もするけど!

ふふふ、さすが英雄ウマルスさんね! 

よぉ~し、ウマルスを先頭に、破竹の勢いで……って、アレ? ウマルス? 

ヒヒィン……

な、な……! 

なにをつっかかってんのよ! 

ヒヒィン……

もう、アホー! 役立たず!

仕方ないよキャトラ、大きくなりすぎたんだもの……

ちゃんと計算して大きくなりなさいっていうのよ! 

でも、突破口は開けたから、あとは私たちでなんとかしましょう……! 

ウマルスのアホ~! そこで待ってなさ~い!

ヒヒィン……



TOP↑

story




終わった……! が、一つ言いたい! ウマルスは、巨大化しても、所詮ウマルスであったと! 

キャトラ、口調が似てきちゃったね。

だってコイツ、よくしゃべるんだもの! 

はっはっは。……ともかく、良かった。……終わり良ければ……

! ヒ! ヒヒィーン! 

へ? 

<大きく一ついなないたウマルスは、しゅるしゅるとしぼんでいき――

元の三歳馬相当の大きさで落ち着いた。>


あら?  おしまいですか? 

絶大な力には枷があるもの。たとえばそれは全力の疾駆。永遠には続かない。

もっかいやって。

充分なソウルの補充が必要だ。濫発出来る行為ではない。

とかなんとか言って! 自分でもなんで大きくなれたかわかんないんでしょ、偶然でしょ! 

一見偶然に見える事象も、必然であった因果に裏打ちされたもの。

現代の出来事は全て、古の伝承をなぞる筆でしかないのだ。

ハイハイ俗説ね。

わかってきたな。

ウマルス! 無事だったのね!

タニア! 君こそ、ケガはなかったかい? 

ううん、大丈夫。……それに、ごめんなさい。

何を謝ることがある? 全ては<夢のルーン>が原因だったのだろう? 

そう……だと、思ってたんだけど……

違ったの。悪いのはあたしたった。

……うん。

だから、みんなに謝りたいの。

……受け入れたんだね、タニア。

あなたたちにも、迷惑をかけてしまったわ。あの飛行島は、あたしの不安が呼び寄せたの。

あなたたちの都合も考えずに。ごめんなさい。

ん、まあ、そーやって素直に謝られると……

気にしないで。迷惑だなんて思わない。あなたとだって、会えたんだもの。

ありがとう……

…………

ヒ……

ヒヒィーン!

なに急にっ!?

……私はただの馬だよ、タニア。

……あはは。ウソばっかり。



TOP↑

最終話



TOP↑

エピローグ




あはははは! 日差しに空気が特産物、ようこそ夢のメルリン島へ!

と、言ってもそろそろお別れの時間、お名残惜しいが涙は無用。

君らのおかげで助かった! ありがとう! またおいで!

この珍妙な花も見納めねぇ。

一株摘んでいく?

ううん、いい。

それにしても遅いわね。

事のてんまつをウマルスさんが、説明しに来てくれるはずなんだけどね……

ぶっちしていっちゃおか? アイツ待ってるの、なんか腹立つし。

おぉ~い!

ちぇっ、来ちゃったか……

……ってウマルス! のんびり歩いてんじゃないわよ! 走んなさい馬らしく!

歩く私が近づいているのか、それとも待ってるキャトラが近づいているのか。

それを考えるだけでも、些細な手持ち無沙汰は凌げると思わないか?

もじゃもじゃうるさいのよ!

どういうこと……?

お待たせしました。生ける英雄たちよ。

結論から話そう。私の力、君たちに託す。

いらない。

たしかに、私という駿馬を御する自信がないという君たちの気持ちもわかる。

そんなこと言ってない。

だが、真の乗り手は馬を選ばぬもの。そうではないか?

アンタ常用馬じゃないでしょーが。

一種の比例として受け取るとすればどうだ?

ヤ!

大人になれキャトラ。……タニアも自分と、向き合うことに決めたのだぞ。

そういうことじゃ……

待ってキャトラ。この話は聞かなきゃ。

気弱だったタニアはもういない。

……いや、誇張はよそう。少し成長したとはいえ、彼女はまだまだ強くはない。

……だがそれでも、〈夢のルーン〉は安定をみた。花たちからもわかる通り。

……このまま私がこの島にいては、いつかまた彼女が私に頼るか知れない。……だから旅立つのだ。

……またひとりぼっちになっちゃわないかしら……

……どうだろう。

……しかし、私はきっと、そうはならないと思う。そう信じた。信じさせる光を、彼女に見たからだ。

……ウマルスさんがそう言うのなら、私もその言葉信じます。

アイリス、コイツは…………でもいまのは、ウソじゃないか。

それに、己の使命から目を背ける私ではない。

望みさえすれば一代でこの世を平定することも可能であるこの力。

……正義のために、活かさなくてはならない。

半分ウソだ。

半分俗説だ。

どういうことっ!?

キャトラ、我らにのんびりと話をしている時間などないぞ?

一番話長いアンタがなに言うか!

さあゆこう主人公! ……光あふれる、未来へと向かって!

……ふふふ。これからもよろしくお願いしますね。伝説の勇者、ウマルスさん。

馬のウマルス。

そう、私は馬。だが馬であり勇者であることは、一つとて矛盾の含みを持たない。

この島にはファンファーレの鐘が鳴った! だが、次のファンファーれが響くとき、再び走り出さなければならない!

ムチを溜めろ! 直線はまだまだ続く!

コイツホント疲れるわぁ……

ふふ、でも、どんなときでも明るいのは、いいことよね。

主人公。私たちも、見習って、明るく楽しくいきましょう!

余計なことろは参考にしなくていいからね……

馬に無駄なところなどそれそのものどころか、いななきから馬蹄の響きまで全てが芸術だというのに。

そういう無駄なことばっかしゃべることよ!

ヒッヒィ~ン!!!



NEXT
メインストーリー 第08章
~宿命と記憶の眠る島~




メインストーリー
  メインストーリー  
! メインストーリー 第01章
大冒険の始まり(アストラ島)
ストーリー
2014
07/14
! メインストーリー 第02章
大いなるルーンを求めて(イスタルカ島)
ストーリー
07/14
! メインストーリー 第03章
バルラ城塞王国(バルラ島)
前編後編
07/14
! メインストーリー 第04章
常夏の楽園(ピレント島)
前編後編
08/20
! メインストーリー 第05章
ガラクタ島の機械少女(ディーダ島)
前編後編
10/07
! メインストーリー 第06章
アオイの国の風来坊(アオイの島)
前編後編
11/19
! メインストーリー 第07章
メルヘン島の白馬の王子様(メルリン島)
前編後編
2015
01/23
! メインストーリー 第08章
宿命と記憶の眠る島(学術都市スキエンティア)
前編後編
03/30
! メインストーリー 第09章
大歓迎!テーマパークの島(ジモ島)
前編後編
08/24
! メインストーリー 第10章
監獄に潜む暴虐の衝動(監獄の島バルヘイム)
2016
05/13
! メインストーリー 第11章
闇の底に射す光(監獄タルタロス)
2017
02/24
【番外編】ゼロ・クロニクル07/14
! メインストーリー 第12章
一枚のコインの導き(海底都市ウェルテクス)
11/08
【 if 】四魔幻獣 【WORLD END
1部2部3部4部5部
2018
03~07
! メインストーリー 第13章
(貴石の国センテュリオ)
10/19
! メインストーリー 第14章
(虚空の幽園)
2019
10/30

白猫 mark

コメント (メインストーリー 第07章 Story2)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ