Gamerch

【白猫】メインストーリー 第11章 前編【監獄タルタロス】

最終更新日時 :
1人が閲覧中
一行は、火山島の後半へ挑む。目指すは監獄タルタロス――!
2017/02/24



目次


Story1 探索再開

Story2 世界の均衡

Story3 崩壊の真相

Story4 光の略奪

Story5 監獄を目指して

Story6 幽閉の王

Story7 闇の到来


登場人物


主人公

闇勢力




story1-1 探索開始



――さて。探索を再開するとしようぜ。

ああ。

暑いしサクサク進んじゃおー。

同意する。このままでは白馬の私が青鹿毛になってしまう。

それはないと思うけど。

▽△△!

…………

アイリス……

そんじゃ行こうや!立ち止まってても仕方ねぇ!

コジローさん……?

アイリス油断すんなよ。<声>を聞いただろ?闇の連中、増援を寄越してくる気だぜ。

ええ……それも、言ってましたけど……

おめぇさんが<光の王>って話かい?

ちょ、コジローさん!?

いいのハーティ。変に隠すよりも、ちゃんと話した方が……

……私は……

白の王国の、王……――〈光の王〉でした。

……

嘘をついていたわけではないの。はじめは記憶がなくって……

…………

……白の巫女、と、呼ばれたから……自分でもそう思っていたの。

だれに呼ばれたのー?

……バロンだったかしらね。

へー。バロンって、物知りだねー。

違うぞ。誤った情報だったのだから。

とも、言えないわ。<始祖のルーン>に仕える白の巫女……白の王国を束ねる、光の王……

どちらも同じ人物を指す言葉だから。

そうか。グローザは知ってたんだな……

……フン。いつまでも引っ張っているから大げさに聞こえるのよ。

呼び名が変わったからって、過去の事実が変わるわけじゃないわ。馬鹿馬鹿しい。

あっどこへ……

…………

……ハーティ、彼女に悪気は……

……わかります。いまのは……気をつかったんですね。

アイリスのために……

……みんな……ごめんなさい……!

謝るこっちゃねぇって。グローザも言ってたろ、何も変わりゃあしねぇさ。

ありがとうございます……

……話にはまだ、続きがあります。

そうか。よし。全員を揃えよう。

全員?

バロンだ。おいウマルス、ひとっ走り呼んできてくれねぇか?

いいだろう。三日の時をもらう。

そんなにやらねぇよ。すぐ戻ってこい。

ヒヒィン!?私を馬だと思ってないか、ダンテよ!?

馬だよねー?

馬だと思う。

ヒヒィン……なんたる不幸か。こんな人づかいの荒い連中に囲まれていたとは……

だから馬だろ?

わかっている!待っているがいい!

さて、グローザにも追いつかねえとな。

○?▽△△♪


…………

……アイリス?

平気よ、キャトラ。私はもう……逃げないから……

……光の……使命から……!

……アイリス……



TOP↑

story2 世界の均衡



連れてきたぞ。


僕も一緒にいいかな。

白の巫女殿……いや……

……光の王、アイリス様……ついに記憶が、戻られたのですね……

……ええ。

みなさん、聞いてください。私の話を――



――ずっとずっと昔のこと――

この世界は、天に白の王国、地に黒の王国、二つに分かれていました――


黒の王国を治めていたのは、<闇の王>――


……カイルさん……

…………


そして、白の王国は――

<始祖のルーン>を祀る白の巫女……

……光の王である私が、治めていました。


……アイリスが白の王国を……

……天空の王、か……


全てのルーンの根源である始祖のルーン……

それを守護する白の王国は静かに空を漂い、世界の均衡を支えていました。


せかいのきんこー?


……それは、光。全てを照らし、生きとし生けるものに力を与える光……

そして、地に広がる闇もまた、もう一方の均衡を保つため、静かに存在していました。

……あの闇の王が生まれるまでは……!


……それが、アオイの島にも現れたあの闇の王ってわけだ?

はい。

闇の王が……生まれる?どういうこと?あいつにも親がいるのか?

フム。そこについては僕が簡潔に説明しよう。


<均衡>は<循環>によって創られる。

一言で言えばそういうことになるだろうか。

循環……?

光の王も闇の王も、どちらも永遠じゃない。かといって、親がいる、ということではなくてね。

<王>という役目が、受け継がれていくのさ。

まったく間断なく?

お、いい質問だ。いいや、一瞬の間が空くとも。前の王が去り、次の王が就く寸前にね。

ほー。

そのときまるで代謝のように、旧きモノは朽ちていく……

そして新たなる世界で次なる後継者が、王の座につく。

世界はそのように循環し、光と闇はそうやって互いに均衡を保っていたのさ。

なんか、すごいスケールの話だね……

……そうだろうか?生き物の生き死と同様のことが、この世界にも起こるというだけだろう?

その通り。僕からの説明は以上。

○◇○♪♪♪

ありがとう、シルル。続きをどうぞアイリス。

……はい。


白の民は光、黒の民は闇……

それぞれの王の統治の下、互いに干渉せずに暮らしてきたと言われていました。


言われて……『いた』?

はい……!


――あの、唯一の闇の王が――

――<理>に逆らったのです……



TOP↑

story3 崩壊の真相



光と闇は、相反しながらも、互いが互いを必要とする――

この世界が誕生してから、ずっと、ずっと――

――そう言い伝えられてきました。

――ですが――


あるとき。強大な<闇の王>が生まれたのです。

それは邪悪な化身にして、歯止めがきかぬ本能を持つ、純粋なる<闇>――


その闇の王は、循環を拒みました。

時を経ても役目を譲らず、力を増し続け、そして――


――全ての空間を<黒く>塗り潰すべく――

――白の王国への侵攻を開始したのです――!


私は抗いました。白の王国を守る、<光の王>として。

始祖のルーンが闇の王の手に渡れば、天地が漆黒に染まり、均衡が崩れる……

……それを防ぐために。


闇の軍制の進攻は、幾度にも及びました。

繰り返される激戦の中、白の王国を守護する者たちも、壊滅状態となりました。


――そして、あの日――

白の王国は……滅亡のときを迎えました。

際限なく膨張を続ける闇についに抗しきれなくなったのです。


そして……私は……

……最悪の事態をまぬがれるという理由をつけて……!

<始祖のルーン>ごと……!全てを道連れにする道を選んだのです……!



アイリス!?

私は……!私は、信じることが、信じて待つことが出来なかった……!

アイリス!?ちょっと、だいじょうぶだから!

私は……!あなたとの……!

……約束を……!

…………


……一旦、休憩にしようや。

コジロー……

腹も減ったし。続きはまた、な?

うん……ありがと……

……そうだな。私の話は、そのあとにすることとしよう……



TOP↑

story4 光の略奪



<――約束。

自分とアイリスとの約束とは――>



「あっ……」

「?」

「昼間はごめんなさい。…………」

「」

「……あなたは、まだ、なのよね………………」

「?」

「記憶を取り戻したら……あなたは、私を――

――軽蔑するわ。」

「」

「……ううん。そうなるの。だって、私は……

……果たせなかった…………守れなかった……

あなたとの――約束を――」

「……」


「――不用心だったな。」


!?

!!

主人公――!

<アイリスは闇に包まれ、どこかへ消えてしまった!>

!!

……王には泣かされる。白の巫女と話したいなどと……酔狂としか思えぬ……


<貴様>。腕を上げているようだな。

だが――諦めろ。王に勝つことは不可能だ。全ての闇なる力の源なのだからな。


……<主人公>。お前は何故、王に逆らう。

従い続ければ、いずれは――

……

……あくまで歯向かうか。……その行為――

――児戯だということかわからんか!

来い、魔物どもよ!


――

その程度の力でいい気になるな。

――聞け!

既にこの島は、私の配下が占領した!

数千の魔物を屠り、白の巫女の元へたどり着けるか……

――試してみるがいい!


<ヴァルアスは闇に溶けるように虚空への消えた――>



――どうした!?

ガァアアアッ!

ちっ……!

援軍の到着かよ……!思いの外、迅速じゃねぇか……!

みんな!やったったろー!



TOP↑

story2-3 監獄を目指して



◆□□◇!!!

へん!いまさら夜襲なんかで!

……主人公さん。アイリスは?

……


***


……連れ去られた!?

アイリス!?早く、早く助けに行かなくっちゃ!

焦らないで。ヴァルアスの軍団が到着したそうよ。

迂闊に突入はせず、着実に進みましょう。

だけど……!

あたしたちがやられたら、誰が白の巫女を助けるの?

……そうね、ごめん。

グローザさん……

……フン!何が光の王よ!

ヴァルアス程度にさらわれるなんて、ほんと、グズなんだから!

素直じゃないな。

ウマルスが言うかね……

私は常に正直だ。自分にな。ヒヒィーン!


……状況が変わった。

私は飛行島に戻り、防備を固めるとしよう。

ああ、頼んだぜ。

私たちは、監獄へ。

そうだな。捕らわれてるてぇヤツも、出来りゃあ味方にしときてぇ。

なんせ、闇の王に対抗できるほどの力の持ち主って話だからな。

うむ……みなゆめゆめ、油断するなよ。

わかってらぁ。

アイリス……アイリスも監獄にいるのでしょうか?

僕だったらそうするね。

あなたは一緒に来るか?

いや……バロン殿と共に、飛行島で待機していよう。

何かあったら、シルルを通じて知らせてくれ。

◇◆!!

おいおい、それくらいいいじゃないか。

……○!

では……行こう!

焦熱の監獄、タルタロスを見指して!

おー!



TOP↑

storyStory6 幽閉の王



――!?……ここは……

……久しいな……

!?

いや……会うのは初めてか。

なぁ……光の王よ?

狂える竜の神…………バール……!

くくく……止せ止せ……竜だ、神だ、などと……

儂の力にあやかろうと、のちに名乗り出した者どもであろうが……

儂はただの――<我儘>よ。<均衡>を破ろうとする、な……!

私をここに呼んだのはあなた?

いや。

じゃあ……!

どんなつもりか知らぬが……到着までしばし、語ろうではないか。なぁ?

聞きたいこともあったろう?『なぜ、白にも黒にも、等しく牙を剥いたのか?』などな。

その答えは、先程あなたが言っています。

あなたは均衡を崩そうとする、反動そのもの――

光も闇も、どちらも気に食わないのでしょう。

これは、これは。ご理解頂いていたか。

……儂は公平でなぁ?

公平?

闇に加勢すれば、貴様ら白など容易に潰せた…………そうは思わぬのか?

…………

命拾いしていたのだ、貴様らは。

……よく言うわ。それで満たせる欲求ではないから、あなたは全てを敵に回した。

くくく……その通り……!積み木を、上から崩しても面白くもなんともない……

最も高く積み上がった時に、豪快に薙ぎ払いたいものだよなぁ……?

それが慢心だった。

んん?

あなたは闇の王に敗れ、こうして幽閉の身。

こうなってしまっては、均衡を崩すなど、もはや叶わぬでしょう。

いやにつっかかるじゃないか?儂を仲間に引き入れようと、ここへ来たのだろう?

あまり気分が良くはないなぁ?

いいえ、あなたは従うわ。それしか道がないのだから。

闇の王、か……ここまでの膨張を許したのは、貴様の失態だな?

……ええ。

どう責任を取る?いや……取れるのか?

……責任は果たすわ。

どうやって?

――約束の地を――甦らせれば――!

……くくく……!

ハハハハハ……!気でも違ったか?

…………

始祖のルーンは砕けたのだろう?

器だけ甦らせても、どうなるものでもあるまい。

……いいえ。

手は打っていた……!

……ほう?


ずいぶん仲良くなったものだな?

なぁ、白の巫女、なぁ世界の我儘よ?

……闇の王……!

そう牙を剥くな。二度とない機会だ。

語り合おうじゃないか――

――この世界の未来を――


TOP↑

Story7 闇の到来



主人公。気づいてたか?

――。

そうだ島を取り巻いていた粉塵が、いつの間にか晴れてやがる。

奴らが来たからだな。

ヴァルアス、あの男の力なら……

――いいえ。もしかすると、奴も来ているのかも……!

闇の王か……!

ヴァルアスは闇の王のそばを滅多に離れることがない。

可能性は高いでしょうね。


ねーね、質問あるんだけど、いいー?

どうしたのだタビィ。そんなにピョコピョコ飛び跳ねて。

うん。闇の王の部下って、何人くらいいるのー?

幹部と呼べるのは、ヴァルアスの他はエピタフくらいよ。

じゃーそのエピタフってさー、なにしてるのー?

……?

ジモ島とかでもさ、黒幕だと思ってたけど……

なんか、闇の王と連携取れていないよねー。

……そうね。

タビィ、その考え、悪くねぇかもしれねぇぞ?

ほんとー!?やったー!

△○△○△♪

闇の王とエピタフは同時には襲ってんねぇ。

こりゃあ、こっちにゃあ有利な情報だぜ。

だけど、僕たちの敵だってことには変わりないよ?

ああ。間違っても、味方になるなんてこたぁねぇだろうな。

だったら意味のない情報なんじゃないのか?

この世に無意味な情報などあろうはずがない。

ウマルスは黙ってて。

ブル。

そう急くなって。いいかリュート。依然、俺達は劣勢なんだ。

どんなに些細なヒントでも、拾い集めていかねぇと勝機なんざ訪れねぇぜ。

……そうだね。


話を整理しますが、今回は道化は来ておらず、ヴァルアスという幹部が来ている、と。

そうね。

で、ヴァルアスは闇の王のそばにいる。

そうよ。

闇の王って、敵の大ボスですよね?

だからそーよって。

大ピンチじゃないですか!

だから心配なのよ!早くアイリスを助け出さなくっちゃ……!


だがよ、疑問は残るぜ。どうして連中は、わざわざ攫ったんだ?

私もそれは気になっていた。

闇からしたら、アイリスは宿敵だもんな。

スキがあれば倒した方がいいんじゃあ……?

さあて、どうしてだかなぁ。他に狙いがあるのか、それとも――

――積もる話でもあんのか、ってことろじゃねぇの?

そんなのんきなこと……

あー。案外ありそうー。

……そう?

だが、どんな話をするというのだ?まさか、和平会談か?

なわきゃないでしょ!?さらわれたのよ!

そうです!相手がどんなつもりか知りませんが、一刻も早く、アイリスの元へ!

行きましょう!



TOP↑


next



関連ストーリー
  メインストーリー  
! メインストーリー 第01章
大冒険の始まり(アストラ島)
ストーリー
2014
07/14
! メインストーリー 第02章
大いなるルーンを求めて(イスタルカ島)
ストーリー
07/14
! メインストーリー 第03章
バルラ城塞王国(バルラ島)
前編後編
07/14
! メインストーリー 第04章
常夏の楽園(ピレント島)
前編後編
08/20
! メインストーリー 第05章
ガラクタ島の機械少女(ディーダ島)
前編後編
10/07
! メインストーリー 第06章
アオイの国の風来坊(アオイの島)
前編後編
11/19
! メインストーリー 第07章
メルヘン島の白馬の王子様(メルリン島)
前編後編
2015
01/23
! メインストーリー 第08章
宿命と記憶の眠る島(学術都市スキエンティア)
前編後編
03/30
! メインストーリー 第09章
大歓迎!テーマパークの島(ジモ島)
前編後編
08/24
! メインストーリー 第10章
監獄に潜む暴虐の衝動(監獄の島バルヘイム)
2016
05/13
! メインストーリー 第11章
闇の底に射す光(監獄タルタロス)
2017
02/24
【番外編】ゼロ・クロニクル07/14
! メインストーリー 第12章
一枚のコインの導き(海底都市ウェルテクス)
11/08
【 if 】四魔幻獣 【WORLD END
1部2部3部4部5部
2018
03~07
! メインストーリー 第13章
(貴石の国センテュリオ)
10/19
! メインストーリー 第14章
(虚空の幽園)
2019
10/30

コメント (メインストーリー 第11章 Story1)

新着スレッド(白黒wiki)

注目記事
ページトップへ