Gamerch

ゼロ・クロニクル Story1

最終更新日時 :
1人が閲覧中

開催日:2017/07/14


目次


Story1

Story2

Story3

Story4

Story5

最終話





3周年 記念イベント






主な登場人物


闇の王子
光の王








1-1 ずっとずっと昔のこと



空が――軋む――



<始祖のルーン>は渡さない――



――闇よ――消え去れ――!!!




1-2 光の守護者たち



――ルーンよ、我が意に従え。

<*×○■!&%$…………>


幾条ものルーンの光が、アイリスの身に収束する……!


「――はあっ!」


アイリスの全身から眩い閃光が放出される!

寄せていた<闇>が、潮のように引いていく……



「……はぁ……はぁ…………っ……!?」


――遠ざかっていきながら!

<闇>はおびただしい数の魔物を中空に生み出した!



魔物の群れは空を埋め尽くし、見る間に迫り来る!


「……まだこれほどっ……!」


「王を守れ!

臆するな、光の騎士よ!ルーンの加護は、我らにあり!」


「ファイオス……!」


「<闇>の魔物に、白の王国を汚させるな!」


ファイオスの号令一下、

白く輝く鎧に身を包んだ騎士たちが、魔物の大群を迎え撃つ!


「援護を!」

「「はい!」」


「巫女が司りしルーンよ……我らにも、幾ばくかの力を貸し与えたまえ――

――光よ!盾となり、邪を弾け!」


額にルーンをはめた魔道士部隊が、後方より魔法支援を展開する!


「助かったぞ、シーマ!この機を逃すな! 追い散らせ!」


剣と盾に光をまとわせ、奮戦する騎士たちが、徐々に魔物を押し返していく――


「……やはり……膨張している……

このままでは…………いずれ、均衡は……」




TOP↑

story2 ソウルのつぼみ


「……おかしいなぁ……?ソウルは十分に行き渡ってるはずなんだけど……?」


「水が足りないんじゃないか?テオ?」

「あ!おかえり、兄ちゃん!」


「ただいま。それか、日光か。お前は初歩的なところを見落としがちだからな。」

「そんなことないよ!今回は!」

「まだ、つぼみだな。」

「清浄なソウルがたくさんあれば、花が開くはずなんだけど……」

「……清浄なソウル、か……」

「あ!お仕事、どうだったの!?怪我とかしてない!?」

「兄ちゃんの腕を見くびるなよ。<闇>なんかに遅れはとらないさ。」

「さっすが~!」


「兄様、私の援護魔法を忘れていませんか?」

「姉ちゃんも!おかえり~!」

「援護魔法……?そうだったか?」

「まあ!確かに聞きました!『助かったぞ、シーマ』と!」

「ははは、冗談さ。」



「<闇>と戦っているのは騎士たちだけではないのですよ?

私たち魔道士も、命を賭しているのですから。」

「ああ……それに……アイリス様も。」

「王様、強いよね!今度こそ<闇>をやっつけたんでしょ!?」

「いいや、とどめには至らなかった。」

「始祖のルーンの力なら、不可能ではないはずですけど。」

「全ての力を使い果たすわけにはいかないさ。

シーマ、お前だって、額のティアラからルーンの加護を得てるじゃないか。」

「そうでしたわね。……ですが、少し、思うところも。」

「姉ちゃん?」

「<均衡>には<闇>も不可欠……その躊躇があるのではないかと……」

「……シーマ、この場だけだぞ。アイリス様は、全霊をもって<閣の王>を討つおつもりだ。」

「それであれば。光の騎士団長ともなれば、私よりも、アイリス様のお考えをよく知っていますものね。」

「俺はわかっているからいいか……あまりそういう言い方をするなよ?」

「心得ております。私とて、一隊を預かる宮廷魔道士ですもの。」

「うん!兄ちゃんも姉ちゃんも、僕の自慢さ!」

「まあ、テオったら。」

「僕もおっきくなったら騎士団長になって、王様のために戦うんだ!」

「言ったな。じゃあ俺はどうする?」

「副団長ににんめーしてしんぜよー!」

「ははー、団長様の命とあらば。」

「うむ!」


「ふふふふ……♪」



2-2 光の王




 ――様!


「アイリス様!いかがなされました?」

「……え……?」


「やはりお力の使い過ぎで……」

「……いいえ。心配は無用です。」


<<光の王>――アイリスは、

居並ぶ臣下たちの前で、毅然として立ち上がる。>


「――これで幾度目でしょう。<闇>の侵攻は。

今回も、辛くも退けましたが、次も上手くいくとは限りません。」

「<闇>は。やはり……?」

「<闇の王>……あの本能の化身は、ますます密度を濃くしています。

私の力も、いつまで通用するか……」

「…………」


「アイリス様。」


「あなたはエルフ族の長、アランティアですね。」

「この場を借りて申し上げます。我ら妖精族と精霊族は、一つの結論に至りました。」

「それは?」

「力の強い妖精と精霊を選りすぐり、一人一人が糸となり、絹と織り――

――宝冠と化するのです。」

 「なんと……!」

「さすればソウルはその相互作用を、さらに高めることでございましょう。

選ばれし者に、宝冠をお授けください。

その者、潜在能力全てを解放し、<闇>を裂く切っ先となりましょう。」

「ですが、それでは……」

「ご心配には及びません。豊穣なる地の純粋なソウルより、我らは生まれます。

<闇の王>を仕留めることか、第一に優先すべきこと。」

「…………」


「これは、名案です……!よくぞ言ってくださいましたな!」

「我らも同じくこの国の民。王国の平和を願えばこそ。

全ての生命が命を振り絞らねば、討てぬ相手でありましょう。」

 「…………」

「準備を進めておくよう、お願いいたします。よいですな、アイリス様。」


「……ええ。」

「はっ……」


「そう……命を惜しんでいては、勝つことは叶いません。

皆には心苦しいですが、より一層の軍備と調練を。」

「はっ。」

「……ですが……。

その先の、平和な世界を、皆には生きてもらいたい……

先陣は――私が――!」


「アイリス様……」


TOP↑

story3 大地の人々



「さあさあ見てって!こんなご時世だが、暗い顔してちゃ始まらない!

小麦に果物、酒もあるよ!どこよりも安くて上質だ!さあさあ見てって見てって!」

「しっ。」

「ん?」


<兵士たちを引き連れた美女が、

不機嫌な表情で通りの中央を進んで行く……>


「いまのは……?」

「黒の姫、グローサ様だ。」

「ああ、灰緑の魔障の!噂に違わぬ美しさだねぇ!」

「おい、不敬だぞ。王の後継者を輩出する、公爵家のご令嬢だ。

人と魔性、どちらからも高貴な血を受け継いでいらっしゃる。」

「ずいぶん不満顔だったが、何かあったのかねえ?」

「オヤジ……あんた、怖いもの知らずだな……」

「これくらいじゃなきゃ、いまの時代、仕入れもなにも出来やしないさ。」

「遠征するという噂だ。」

「へぇ。白の王国との決戦を目前にして?」

「おい、その話、誰に聞いた?」

「みんな言ってるさ。しかし不思議なもんだな。グローサ様は雷の使い手だって話なのに。

戦力を分散してる場合じゃないと思うけどねえ。」

「そんなこと俺にはわからん。」

「後継者の件で揉めたのかねぇ?」

「そこまでだ。これ以上は、聞かなかったフリも苦しい。

オヤジ、りんごを一個だ。」

「へい、まいど!」


3-3 闇の王


「…………」


<黒の王国、王宮――

緊張した面持ちで、魔物たちが整列している……>


「……暗黒騎士ヴァルアス殿。陛下はいつお戻りになるのか。」

「聞いてどうする?」

「申し上げたい儀がある。」

「なんだ?」

「此度の出兵でも、犠牲となったのは我が眷属(けんぞく)ばかり。

言わせてもらう。これ以上、無益な戦を続けるべきではない。

黒の民は、侵略するだけの蛮族ではないのだ!」

「…………」

「聞いているのかヴァルア――!?」

「っ!?」



<<闇>は見る間に濃くなり、そして――

視界が通る程度に薄くなった時には、先程の魔物の姿は無くなっていた。>


「……!」

「…………」

「……陛下自ら手を下すほどでは。命じて下されば、私が――!?

!?」


 

 「そっ、そんな……!?」

 「う、うわあああああ……!」


「……っ……!」


<<闇>は広間を埋め尽くし――

――晴れた。



見通しが良くなった。言葉の意味通りに。>


「……陛下……」


「何故、天など在るか。

全ての空間は無の<闇>へ帰する。

光の差す隙間など、途上の幻想に過ぎぬ。

黒く塗り潰せ。地も、天も、何もかも……」

「……陛下の望むままに。

ですが、兵力を失するのは、得策ではないかと……」

「<闇>に蕃順するは、無の者の使命。」

「……仰せの通りにございます。」

「白は天に……黒は地に……

居並ぶ意味などどこにもない。

我は安らぎとなるだろう。あらゆる場所が、黒く塗りつぶされたその時に。

そのためには、空に住まう半端な存在を、叩き落とさねばならぬ。」

「はっ。」

「……だが、その前に……」

「世界の<我儘>……バール……」

「そうだ。

我が後継者……役に立ててやれ。

次の代など、もはや意味を成さぬ。」

「…………」





TOP↑

story4 天の大陸を目指して



 ――時は少し遡り――

 ――争いの激化する前――



まったく……この任務の肩身の狭さ、ご理解頂きたいもんだがね。

特使……なんて言ったところで。戦争中の敵国なんだぜ。


馬鹿げた話さ……

ワリを食うのはいつだって末端だ。白の方も、その点、おんなじなんだろーな。


見ろよ……優雅にプカプカ浮いてやがるが……

なんのことはねぇ。住民たちは、結局二本の脚であそこを歩いてるんだぜ。

どこに争う理由があるってんだ?先に馬鹿だって気づいた方が、やめちまえばいいんだろうが……


……やれやれ、だが、仕事だ。文句垂れてちゃ生きちゃいけねぇ。王の意向は絶対でござい、と……


さあ、もうすぐだ。罵声を浴びに行こうや。



…………




top next



TOP↑

その他



相関図







~ 白猫プロジェクト ~
登場人物画像ストーリーテニスの話

~ 黒猫のウィズ ~
登場人物イラストストーリー

コメント (ゼロ・クロニクル Story1)

新着スレッド

注目記事
ページトップへ