Gamerch

【ゴーストオブツシマ】納刀やお辞儀のやり方は?操作方法一覧【Ghost of Tsushima】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ゴーストオブツシマ(Ghost of Tsushima)の納刀やお辞儀といった仕草のやり方を紹介しています。タッチパネルを使った操作のほか、それ以外の操作方法についてもまとめていますので、初心者の方は参考にしてみてください。

納刀やお辞儀といった仕草のやり方

納刀と抜刀

納刀および抜刀の動作はタッチパネルを右にスワイプすると行います。抜刀は攻撃、納刀は時間経過によっても行われますが、ゲームの雰囲気をより満喫したいのであれば覚えておくべき操作方法です。

お辞儀

お辞儀はタッチパネルを下にスワイプすると行えます。こちらはちょっとしたお楽しみ要素のために必要な動きです。


尺八

尺八はタッチパネルを左にスワイプすれば演奏可能です。演奏する調べによって天候を変えることができます。ただし、調べを増やすためにはフィールド上のコオロギ(収集品)を集める必要があります。

操作方法一覧

ボタン行動
Lスティックプレイヤー移動
Lスティック押し込みダッシュ移動
Rステックカメラ移動
Rスティック押し込みかがむ
□ボタン速打
闇討
△ボタン強打
〇ボタン回避
×飛ぶ
十字上キー一騎討ち
十字左キー馬を呼ぶ
十字下キー回復
十字右キーフォトモード
タッチパッド上スワイプ誘い風
タッチパッド上以外のスワイプ仕草
タッチパッド押し込み耳澄まし
オプションメニュー
L1防御
L2飛び道具を構える
長押しで遠距離の飛び道具を選択
R1近距離の飛び道具
R2話す/馬に乗る
飛び道具を放つ
長押しで型や飛び道具を選択

把握しておくべき操作

□ボタン(闇討)

敵がこちらに気づいていない状態で近づき、□ボタンを押すと「闇討」が出来ます。闇討をした敵は基本的に一撃で倒れ、気力の回復量も1つ分と多いため、積極的に活用していきたい技です。


闇討はストーリーを進めると解放されます。

十字上キー(一騎討ち)

敵が周囲にいる且つこちらには気づいていない時、十字上キーを入力することで、一騎討ちに持ち込むことができます。


一騎討ちでは、敵に存在はバレてしまいますが、入力を成功することで、敵を1体を確実に仕留めることができます。

また気力も3つ回復するので、こちらも覚えておきたいモードです。

十字下キー(回復)

十字下キーを押すことで、気力を1つ消費し、体力を回復することができます。

体力を回復する手段は基本的に、この方法になるので必ず覚えておきましょう。

タッチパッド上スワイプ(誘い風)

中央のタッチパッドを上にスワイプすることで、指定した場所への風を再び起こすことができます。

風が薄く分かりづらい時などは、誘い風を起こしていくようにしましょう。

R1(受け流し)

敵の攻撃に合わせて、剣兵の攻撃をガードすることによって、敵の攻撃を受け流し(パリィに近い)すぐ攻撃に転換することができます。


攻撃を叩き込む隙を作ることができるため、積極的に狙っていきましょう。

R1+〇(回避)

槍兵などはガードをしてもダメージが通ってしまうため、基本的には回避をしていきましょう。R1+〇での回避は必要最低限で避けることができるため、次への攻撃に転換しやすくなります。


槍兵や盾兵、棍棒を持った敵と対峙する際はこの方法で回避していきましょう。


ゴーストオブツシマ攻略Wikiトップへ

コメント (操作方法と把握しておくべき操作)

  • 総コメント数1
  • 最終投稿日時 2020/08/02 15:30
  • 表示設定

新着スレッド(ゴーストオブツシマ攻略wiki)

注目記事
ページトップへ