Gamerch

【ロマサガRS】氷竜(1125)の攻略方法とおすすめキャラ|メイン1章第11話

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ロマンシングサガリユニバース(ロマサガRS)の「VH11-2-5.東の洞くつ(氷竜戦)」攻略情報です。クエストの攻略ポイントやおすすめキャラ、各ラウンドの立ち回りなどをまとめているので、ぜひ攻略の参考にしてください。

【ロマサガRS】氷竜(1125)の攻略方法とおすすめキャラ|メイン1章第11話

メイン1章第11話の攻略まとめへ

11-2-5.東の洞くつ(VH)の基本情報

クエスト情報

スタミナ22
クエスト構成ラウンド3
おすすめ攻撃属性熱/雷/陰/打
おすすめ耐性斬/突
初回報酬・ジュエル×100
・【S】武器強化素材
ドロップ報酬・[S小剣]炎のロッド
 ※属性ドロップ有
・オーラム
・【S】武器強化素材
・【A】武器強化素材

ラウンド情報

Round1Round2Round3

11-2-5.東の洞くつの攻略ポイント

氷竜には毒が有効

毒

ラウンド3で出現する氷竜HPが9万以上ある強敵です。

弱点属性は熱/雷/陰になっていますが、現状のキャラで熱/雷/陰主体の高火力アタッカーはなかなかいません。


そんな、熱/雷/陰アタッカーを所持していない場合におすすめなのが””です。氷竜は毒耐性が0のため、比較的早い段階で毒を付与することができます。

毒で毎ターン9333ダメージを稼ぎつつ耐久するのが一つのおすすめの立ち回りです。

腕力デバフで被ダメを軽減

サブミッション

毒耐久パを使用する際に使いたいのが腕力デバフです。

氷竜が使用する攻撃は”剣技””体術技””槍技”の腕力に火力が依存するものばかりのため、腕力デバフを用いて被ダメージを大きく軽減できます。

腕力デバフの中でも氷竜に等倍の打属性で火力も出しやすい「サブミッション」や「骨砕き」がおすすめです。

キャラによってはスタンやマヒを狙うことも

氷竜はスタンに+50マヒに+125の耐性を持ちます。

そのため、そのまま付与しようとしてもなかなか付与できない場合が多いですが、耐性デバフ系を持つキャラがいる場合は十分に付与を狙うこともできます。

耐性デバフ系持ちの中でも、SSアニーSSクジンシーなどで行動停止を狙うのも一つの戦法として有効です。

道中の敵にはマヒが有効

ボスの氷竜だけでなく道中の敵にも注意が必要です。

アンシリーコートは高火力の単体攻撃技、ロビンハットは単体攻撃+混乱付与技に注意する必要があります。

どちらもマヒが有効なので、道中の被ダメを軽減するためにマヒ役を1人編成するのがおすすめです。

装備は斬/突耐性強化がおすすめ

道中の敵が主に斬と突氷竜が斬/打/突攻撃を使用してくるので、中でも受ける頻度が高い斬/突耐性を強化するのがおすすめです。

主防具は重鎧系、副防具は小手/具足系がおすすめです。

また、ドロップ防具の重鎧のなかでも冷耐性も強化できる「フィールドアーマー」が特におすすめです。

▼11-2-5でおすすめのドロップ防具

主防具おすすめ
周回場所
耐性/解説
フィールドアーマー
フィールドアーマー
4-2-1
(Hard)
斬+10/打+7/突+10
熱+10/冷+10/雷-14
器用さ+1/素早さ-1
知力+1/精神-1
・斬/突耐性を底上げ
・冷耐性も強化できる
副防具おすすめ
周回場所
耐性/解説
パワーグラブ
パワーグラブ
8-1-4
(Hard)
斬+10
腕力+3
・斬耐性を底上げ
・腕力を強化できる
革のブーツ
革のブーツ
2-2-1
(Hard)
突+10
素早さ+2/愛+1
・突耐性を底上げ
・素早さを強化できる

11-2-5.東の洞くつの攻略適性キャラ(スタイル)

スタイル特徴/立ち回り
レオニード(人間の記憶)
レオニード
・サブミッションで腕力デバフ
・打+陰属性の複合技で氷竜に弱点火力

クジンシー
・影しばりで道中のマヒ役として活躍
・マヒ耐性デバフでボスにマヒも狙える
ハリード
ハリード
・デミルーンエコーとデミルーン(継承)で雷アタッカーとして活躍
キャット
キャット
・高い素早さで先制火力
・サブミッションで腕力デバフ
アルカイザー
アルカイザー
・吸収攻撃で自己回復が可能
・サブミッション(継承)で腕力デバフ

ルージュ
・影しばり(継承)で道中のマヒ役として活躍
・ボス戦では陰術で弱点火力
アニー
アニー
・スタン耐性デバフ持ち
・スタン技、アビリティでスタンを狙いやすい
ボクオーン
ボクオーン
・骨砕き+能力弱体でW腕力デバフ
・打属性で等倍火力
カタリナ
カタリナ
・回復呼吸で自己回復が可能
・流し斬り+能力弱体でW腕力デバフ
レオニード
レオニード
・アビリティ・術で毒を付与可能
・攻撃時に確率で毒耐性デバフ
バーバラ
バーバラ
・毒気の変調で毒を付与
・エナジースティールで自己回復
ディアナ
ディアナ
・毒蜂+アビリティで毒付与
・攻撃時に確率で毒耐性デバフ
ロックブーケ
ロックブーケ
・召雷(継承)で道中のマヒ役
・ヒーラー、雷アタッカーとしても活躍
ソフィア
ソフィア
・回復術、託す希望持ちのSSヒーラー
・骨砕きで腕力デバフ

11-2-5.東の洞くつの各ラウンドの立ち回り

ラウンド1の立ち回り

ラウンド1

出現モンスター弱点耐性/HP/出現数
アンシリーコート
アンシリーコート
耐性:斬/打//熱/冷/雷/陽/陰
状態異常耐性:スタン以外0
HP約21,3002体

◆ マヒを付与して、もう片方から処理

ラウンド1ではアンシリーコートが2体出現します。

アンシリーコートは主に斬属性攻撃を使用してくる敵で、単体技の火力が高いので注意です。

マヒ役を連れている場合には、片方のアンシリーコートを止めている間にもう片方から処理していくと立ち回りやすいです。

ラウンド2の立ち回り

ラウンド2

出現モンスター弱点耐性/HP/出現数
アンシリーコート
アンシリーコート
耐性:斬/打//熱/冷/雷/陽/陰
状態異常耐性:スタン以外0
HP約21,3001体
ロビンハット
ロビンハット
耐性:斬/打//熱/冷/雷/陽/陰
状態異常耐性:スタン以外0
HP約17,0002体

◆ ロビンハットからマヒを付与

ラウンド2ではアンシリーコート1体とロビンハットが2体出現します。

ロビンハットが突属性の全体攻撃や、混乱を付与する「イドブレイク」を使用してくるため厄介です。

影しばりであれば遠距離の敵にもマヒが狙えるので、まずはロビンハットから止めるのがおすすめです。

◆ OD貯めも意識

次のラウンド3がボス戦になるため、できる限り開幕からOD連携で削りたいです。

マヒを活用しつつOD、BP貯めも意識しましょう。

ラウンド3の立ち回り

ラウンド3

出現モンスター弱点耐性/HP/出現数
氷竜
氷竜
耐性:/打/突////陽/
状態異常耐性:毒/暗闇/眠り0、スタン+50
HP約93,3201体

◆ 開幕からできる限り削る

ラウンド3では氷竜が出現します。

ラウンド2でBP、OD貯めに成功している場合は開幕からできる限り削っていきましょう。

◆ 早い段階で毒を付与する

毒付与キャラを編成している場合は、できる限り早めに毒を付与するのを意識しましょう。

開幕の全力攻撃でも、毒付与キャラは毒付与技を使用するのがおすすめです。

◆ 腕力デバフを入れて被ダメ軽減

氷竜は使用する攻撃すべてに腕力デバフが有効です。

毒を付与したら腕力デバフを重ねて被ダメを抑えつつ毒でじわじわ削っていきましょう。

11-2-5.東の洞くつの敵情報

▽タップで各出現モンスターの詳細へ
アンシリーコート
アンシリーコート
ロビンハット
ロビンハット
氷竜
氷竜

アンシリーコート

アンシリーコート

HP約21,300
弱点属性熱/冷/雷
属性耐性
おすすめ耐性

▼技・術

技・術属性効果
攻撃棍棒/打単体攻撃
催眠闇術/-全体眠り付与
なぎ払い剣/斬単体攻撃+スタン付与
ファングクラッシュ剣/斬単体攻撃
つむじ風剣/斬横一列攻撃

▼属性耐性

00+50-35
-35-3500

▼状態異常耐性

暗闇スタンマヒ
00+1250
眠り石化混乱魅了
0000
狂戦士気絶--
00

ロビンハット

ロビンハット

HP約17,000
弱点属性熱/冷/雷
属性耐性
おすすめ耐性

▼技・術

技・術属性効果
攻撃体術/打単体攻撃
二本射ち弓/突単体攻撃
落鳳破弓/突単体攻撃
イド・ブレイク弓/突単体攻撃+混乱付与
でたらめ矢弓/突全体攻撃

▼属性耐性

00+50-35
-35-3500

▼状態異常耐性

暗闇スタンマヒ
00+1250
眠り石化混乱魅了
0000
狂戦士気絶--
00

氷竜

氷竜

HP約93,320
弱点属性熱/雷/陰
属性耐性斬/冷
おすすめ耐性斬/打/突

▼技・術

技・術属性効果
攻撃剣/斬単体攻撃
キック体術/打単体攻撃
ツメ槍/突単体攻撃
ファングクラッシュ剣/斬単体攻撃
ふみつけ体術/打単体攻撃
冷気体術/冷単体攻撃

▼属性耐性

+3000-45
+300-350-35

▼状態異常耐性

暗闇スタンマヒ
00+50+125
眠り石化混乱魅了
0+125+999+999
狂戦士気絶--
+999+999

▼関連記事


▼最新おすすめ記事

注目動画
【ロマサガRS】ハロウィンガチャ70連!《ハロウィンロマンシングフェス》[バーニィ/ヴァンパイアレディ/ようせい]

コメント (氷竜(11-2-5)の攻略方法)

新着スレッド

Wiki内ランキング
注目記事
ページトップへ