Gamerch
ポケモンスカーレットバイオレット攻略Wiki

【ポケモンSV】ボックス拡張のやり方【スカーレットバイオレット】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

ポケモンSV(スカーレットバイオレット)のボックス拡張のやり方を掲載しています。ボックスがいっぱいになってしまった方などぜひご覧ください。

ボックス拡張のやり方

ボックス拡張のやり方

ボックス拡張

ボックスの数を拡張する方法は、現在まで表示されているボックスにポケモンを1匹以上配置することです。

その後、一度ボックスを閉じ、再度ボックスを開くことで、拡張されます。


初期のボックス数は8個しかありませんが、最大32個まで拡張されます。

ボックス数と入るポケモンの数

ボックス数収納できるポケモンの数
8ボックス
(初期)
合計240匹
(8×30匹)
16ボックス
(1回拡張後)
合計480匹
(16×30匹)
32ボックス
(2階拡張後)
合計960匹
(32×30匹)

パルデア図鑑400種埋めようとしている方や孵化厳選を行う方は16ボックスだと手狭になってしまうので必ずボックスを拡張しておくようにしましょう。

ボックスの開き方

メニュー画面

Xボタンを押し、「ボックス」を選択して開くことができます。

これまであったポケモンセンターにあったパソコンなどを起動しなくてもいつでもどこでもポケモンの入れ替えができます。

ボックスの使い方

ポケモン入れ替えの方法

ポケモン入れ替え

ポケモンを選択し、「移動する」を選択して入れ替えることもできますが、入れ替えたいポケモンをYボタンで選択することで、すぐ移動させることができるのでおすすめです。

範囲移動

範囲移動

[-]を押してポケモンを範囲指定した後、移動先のボックスを選択することで複数体のポケモンを移動させることができます。

ボックス毎移動

ボックス毎移動

ボックスの下部にある「いちらん」を選択し、Yボタンを押すことでボックスごとポケモンを引っ越すことができます。

検索機能

検索機能

ボックスにいるポケモンを、ポケモン名、タイプ、わざ、せいべつ、とくせいなど様々な項目を選択して絞り込み検索することができます。


捕まえたポケモンの数が多くなり、管理できなくなってしまった時などにおすすめです。

モード切り替え(Xボタン)

モード切り替え

ボックス画面でXボタンを押すことで「もちもの」をすぐ入れ替えられたり、通信バトルに持っていくポケモンを予め設定できたりします。

ジャッジ機能(+)

ジャッジ機能

ストーリークリア後、[+]を押すことで、ジャッジ機能が解放されポケモンの個体値を確認することができます。

一番高い個体値であるVはゲーム内だと「さいこう」と表記されており、すぐチェックすることができるので孵化厳選や育成などする際におすすめです。


コメント (ボックス拡張のやり方)

新着スレッド(ポケモンスカーレットバイオレット攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる