Gamerch
Phasmophobia 日本語wiki

【Phasmophobia JP】ポルターガイスト -Poltergeist-

最終更新日時 :
1人が閲覧中

物体に干渉する能力を持つゴーストです。特にドアを開け締めすることが多く、用意に特定することができます。複数の家電製品(特に照明)を同時に動かすことができ、ジンと混同することがあります。


一般的なゴーストでは、物体を投げている(動いている)その時を目撃すると調査員の正気度は低下しますが、動いた後の物体を見ても正気度の低下は起こりません。しかしポルターガイストは物体を投げることで調査員が見ているかどうかに関わらず調査員の正気度を低下させることができます。逆に、調査員がなにか物音を聞いただけで正気度が低下している事が分かればポルターガイストの特定は容易です。


ポルターガイストの知られざる特徴の一つは、中心となるゴーストルームからかなり離れた場所まで移動することができ、物体を遠くまで移動させることができることです。広大なマップにおいては、離れた場所で投げられた物体を見つけた調査員がゴーストルームの場所を勘違いして時間を浪費することになりかねず、注意が必要です。


特性 沢山の物を動かし、投げることが可能
弱点 物が置いていない部屋ではほぼ無力になる
証拠 指紋 スピリットボックス ゴーストオーブ

ゴーストオーブと指紋の2つの証拠で特定できる

一度に複数のオブジェクトを動かせる

ポルターガイストにオブジェクトを投げられると、投げるところを見ていなくても正気度が低下する。

Tips:Poltergeistはドイツ語で、poltern(”音を鳴らす”、”ゴロゴロと鳴る”)+Geist(”ゴースト”もしくは”スピリット”)の意。これから転じて”騒霊 (noisy ghost)” ”ゴロゴロいうゴースト (rumble-ghost)” ”うるさいスピリット(loud spirit)”などと言われている。

コメント (ポルターガイスト)

新着スレッド(Phasmophobia 日本語wiki)

注目記事
ページトップへ