Gamerch
NBA2K21攻略Wiki

【NBA2K21】マイキャリアモードの攻略情報

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21のMy CAREERモードでの勝ち方を紹介しています。勝てない時はどうすれば良いかを掲載しているので、マイキャリアで勝ちたい時は是非ご覧ください。

マイキャリアモードの攻略情報

ゲータレードを使用する

ゲータレードを使用する事で、試合中の選手の体力面を大きく向上させる事が出来ます。

消費制のアイテムなので多用は出来ませんが、どうしても勝ちたい試合がある際には是非入手しておきましょう。


ゲータレードについて詳しくはこちら

スキルブーストを使用する

ゲータレードと同じ要領で、スキルブーストというアイテムを購入する事で選手の能力を向上させる事が出来ます。

「ジャンプシュート」、「レイアップ/ダンク」、「スティール」、「ブロック」、「リバウンド」、「ボールハンドリング/パス」の7種類のスキルブーストが存在しているので、特に強化したいステータスのスキルブーストを購入しましょう。

スキルブーストも所持していると自動で使用されるので、必要なタイミングになったらその都度購入するのがオススメです。

スキルブーストの入手方法

スキルブーストはboost standでそれぞれ1個200VC、10個セットで1500VCで購入出来ます。

デイリースピンでも全種類セットで3つずつ手に入る事があります。

週間ワークアウトでフィジカルを向上

週間ワークアウトを行うと、その結果に応じてフィジカルスキルが向上します。

加速、スピード、スタミナ、体の強さ、ジャンプ力の五つのフィジカルスキルを強化出来るので、毎週忘れずに行っていきましょう。

ワークアウトは「トレーニングファシリティ」で行えます。

週間ワークアウトの効果は1週間で終了するので、1週間経過したらもう一度トレーニングファシリティに行きましょう。

スーパースター2になると「ジムマニア」という権利が解放され、スキルボーナスが恒久的にアンロックされます。

トレードで所属チームを変える

マイキャリアモードでは操作できるプレイヤーが自分で作成した選手一人だけで、戦略を変更する事も出来ないので、味方選手が活躍しないとなかなか勝てない事があります。

逆に他の選手が強いせいで、自分の作成した選手があまり活躍出来ないと感じてしまう事もあるでしょう。


そんな時は「トレード要求」で自ら他チームに移籍しましょう。トレードを要求するにはスターターメンバーに選ばれる必要があります。

自分の作成した選手が最大限に活躍出来るようにしたいなら移籍を考えてみましょう。

移籍する時はランキングを参考にする

移籍する時はシーズン中のランキングを参考にしましょう。

強い味方の多いチームに所属したい場合はランキング上位のチームにトレード要求を出しましょう。ランキング上位のチームは強い選手が揃っている場合が多いので、味方が弱くて負けてしまったという事態を少なくする事が出来ます。


逆に弱めの味方の中で自分が活躍したいと思うのであれば、ランキングでもプレーオフシーズンに進出できるギリギリくらいのチームを選ぶのがおすすめです。

中堅クラスのチームに移籍すると、自分が活躍しながらチームも優勝争いに加わりやすくなります。

自信があるなら下位のチームに移籍するのもアリですが、自分がコートにいない間に味方選手が失点してしまい負けてしまうリスクは上がります。

マイアニメーションを変えてみる

作成した選手のマイアニメーションを変える事で、動きが変わって勝ちやすくなる事があります。

使用している選手の動きが気になる場合はマイアニメーションを変更しましょう。


マイアニメーションについて詳しくはこちら

選手を鍛える

他のモードをプレイしてプレイスキルがある場合でも、選手自身の性能が低いとどうしても勝てないタイミングが出てくる事があります。

何度も試合や練習を行いスキルを強化して強いバッジを集め、選手の性能を高めると勝ちやすくなってきます。


オススメバッジはこちら

チーム練習もこまめに行う

試合と試合の間にはチーム練習があります。

チーム練習を行う事でバッジポイントなどを獲得出来るので、効率よく選手を育成出来ます。チーム練習に参加しない事も可能ですが、なるべくチーム練習には参加しましょう。


チーム練習のやり方と練習一覧

マイキャリアとは?

マイキャリアモードとは自分で作成した選手の選手人生を高校生時代から追体験し、NBAで活躍する選手を目指していくモードです。


マイキャリアについて詳しくはこちら

NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (マイキャリアモードの攻略情報)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ