Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』フリースローとスリーポイントのコツ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

【お知らせ】

本Wiki内の『NBA 2K21』の記事を『NBA 2K22』の記事に更新しています。

『NBA 2K22』のフリースロー講座を掲載しています。フリースローをする際のコツやスリーポイントを行う際のコツなどもまとめていますので、気になる方は是非ご覧ください。

フリースロー講座バナー画像

フリースローとは

ファウルなどを犯した際に得られる得点機会

フリースローは試合中にファウルやヴァイオレイション(反則)を犯した際に科されるペナルティ(罰則)の1つです。

フリースローを行うチームのプレーヤーは、相手チームに防御されることなくシュートを放つことが出来ます。

フリースローは概ね2回行われる

フリースローはペナルティや状況によって行われる回数が変動しますが、プレイ中によくあるペナルティを挙げると2ポイントシュートに失敗してファウルしたら2本、シュートに成功して相手がファウルした場合等は1本フリースローが行われます。

3ポイントでファウルを取られた場合は3本フリースローを行う場合もありますが、3ポイント中は激しいコンタクトが起きづらいことから3本のフリースローが発生する機会は少ないです。

このように取られたファウルの内容によってフリースローの本数は変化しますが、ゲーム中では気にしなくても問題ありません。

フリースローのコツ

どちらかの打ち方で早めに慣れる

コマンド□を押し続けてから離す。
もしくはRを真下に倒し続けてから離す。

フリースローには通常のシュートと同じように□を押し続けて離す打ち方と、Rスティックを倒してから離す打ち方の2つの打ち方が存在します。

どちらでも難易度はそう変わりませんので、どちらかのコマンドで馴染む方を2KUモードで何度も練習するのがオススメです。

3ポイントシュートとは

3ポイント

3ポイントシュートとは、ペリメーターと呼ばれるシュートで2点が獲得出来るエリアの外で打つシュートを指します。

ゴールから離れた位置でシュートを打つので成功率を高めるのは難しいですが、差を大きく広げる鍵にも、逆転する鍵にもなる重要なシュートです。

3ポイントの成功率を高められれば勝率も大きく増します。

スリーポイントシュートのコツ

フリーのタイミングを作る

『NBA 2K22』ではマークされていない場面だとシュートが入りやすくなる補正がかかるので、フリーの状態で3ポイントを打てば入る確率が上がります。

フリーの選手を見かけたらすぐにパスを出し、パスを受けた側は即座に3ポイントを狙う。これを意識すると3ポイントのチャンスは一気に増えます。

ただしあまり3ポイントばかり狙っていると外側のマークが厳しくなり点が取りづらくなるので、基本は2点のシュートを狙っていくのがオススメです。

ホットゾーンを意識する

ホットゾーン

各選手には「ホットゾーン」というものが存在しており、このコートの中で赤く塗られている場所から打つシュートは入りやすくなっています。

オフェンス時に場所取りをする際も、なるべくホットゾーンに沿う様に場所取りをすると良いでしょう。

シュートが得意な選手を選ぶ

選手にはそれぞれ個性があり、シュートが得意な選手で3ポイントを狙っていくと点を取りやすくなります。以下の特徴がある選手はシュートが入りやすくなるので参考にしてください。

また、マイキャリアでシュートが得意な選手を作る場合はこの特徴に近い選手を作成出来るとシュートが入りやすくなります。

3PT、フリースローのステータスが高い

シュート

選手カードで確認出来る3PT、フリースローのステータスが高い選手はシュートが決まりやすくなっています。

シュートのバッジを多数所持している

ステフ

シュートのバッジを多数所持している選手はシュートが決まりやすいです。

なかでも遠距離からのシュートに向いた、いくつかのバッジを所持している選手はさらにシュートが決まりやすくなっています。

代表的な3ポイントシュートが入りやすくなるバッジ
シェフ
シェフ
ドリブルからスリーポイントシュートを効果的に打てる距離が伸びる。
ロングシュートの名手
ロングシュートの名手
ディフェンダーがプレッシャーをかけてきた時に投げたジャンプシュートは、シュートチェックのペナルティが少なくなる。
リミットレス スポットアップ
リミットレス スポットアップ
スタンディングスリーポイントシュートを効果的に行える距離が伸びる。

バッジ一覧と有名選手のバッジ構成まとめ

シュートフォームを調整する

フォーム

マイキャリアの場合はシュートフォームを調整するとボールのリリースタイミングを変えることも出来ます。

これを活用すればゴールが入りやすくなることもありますので、さらにシュートを入れたい場合はシュートフォームも調整してみましょう。



NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (フリースロー講座)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる