Gamerch
『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K22』マイキャリアでおすすめのバッジ(フィニッシュ編)

最終更新日時 :
1人が閲覧中

【お知らせ】

本Wiki内の『NBA 2K22』の記事を『NBA 2K23』の記事に更新しています。

『NBA 2K22』でフィニッシュジャンルのおすすめのバッジを紹介しています。マイキャリアで選ぶバッジに迷った際や、選手が持っていると強いバッジを紹介しているのでプレイの参考にしてください。

オススメバッジ

フィニッシュバッジとは?

フィニッシュバッジは、主にペリメーター内、ポストでのプレイを強化するバッジが揃っています。

そのため、どんどんシュートを決めて点差を広げたい場合は是非獲得しておきたいバッジとなっています。

フィニッシュバッジの種類

フィニッシュバッジは主に以下の種類に分かれています。

シュート成功率上昇シュートの成功率が上がる。

比較的どの選手でも使いやすい。
あまり使わないシュートの強化バッジを得ても効果が薄い点は注意。
競り合い強化ディフェンダーとの競り合いに強くなる。

相手選手の妨害に強くなりシュートが決まりやすくなる。
汎用性は高いが、あまり競り合いをしない場合は別のバッジを優先したい。
ディフェンス回避強化ディフェンダーをかわして得点しやすくなる。ボールを奪われづらくなるバッジもある。

ドリブル操作に自信があるならオススメ。ある程度操作に慣れた人向きのバッジ。
ダンク強化ダンクの成功率が上がる。

ダンクが出来るだけの身体能力、あるいは体格を持つ選手だと上手く使える。
背丈の差で強化背丈に差がある場合に得点しやすくなるバッジ。

極端に背が低い選手、あるいは高い選手が活躍しやすくなる。

シュート成功率が上がるバッジ

シュート成功率が上がるバッジは、あまりゴール付近でのシュートを狙わない選手でも装備しておいて損の無いジャンルです。

幅広い選手で使いやすいので、よく使うシュートに応じて必要なバッジを獲得しておくと良いでしょう。

バッジ名効果
フックスペシャリスト
フックスペシャリスト
【PS5版】
任意の距離からのポストフックシュートがブーストされる。
【PS4版】
どの距離からでもポストフックシュートがブースト。
ロブシティ フィニッシャー
ロブシティ フィニッシャー
アリウープレイアップまたはダンクの成功率が上昇する。レシーバーが着地する前にシュートが放たれた場合に限る。
グレースアンダープレッシャー
グレースアンダープレッシャー
ゴール近くで行うスタンディングシュートがブーストされる。
アクロバット
アクロバット
レイアップを変更、スピン、ハーフスピン、ホップステップ、ユーロステップ、クレイドル、リバースで大きなブーストを得る
ティア ドロッパー
ティア ドロッパー
フローターとランナーのシュート成功率が上昇する
プロタッチ
プロタッチ
【PS5版】
レイアップでのシュートタイミングが「若干早い」、「若干遅い」、または「最高」だった場合、追加シュートブーストが付与される
【PS4版】
レイアップのシュートタイミングが若干早い、若干遅い、最高の際にシュートに追加のブーストを獲得。レイアップタイミングをオンにしておく必要がある。

競り合いに強くなるバッジ

ペイントエリア、ペリメーター内で競り合いに強くなるバッジもオススメです。

積極的にポストに駆け込む選手にしたい場合はぜひ装備しましょう。逆に3ptが主軸であったり、強引に抜き去るようなプレイをあまりしない場合は少し優先度を下げて検討しましょう。

バッジ名効果
ファストトゥイッチ
ファストトゥイッチ
スタンディング状態のレイアップまたはダンクを、ディフェンダーと競り合いになる前に素早く行えるようになる。
ポスタライザー
ポスタライザー
ディフェンダー越しにダンクを決める確率が増加する。
大胆不敵なフィニッシャー
大胆不敵なフィニッシャー
ディフェンダーに接触しながらフィニッシュする能力が強化され、接触しながらのレイアップで失うエネルギー量が低下する。
バックダウン パニッシャー
バックダウン パニッシャー
ペイント内のディフェンダーをバックダウンさせる際、通常よりも成功率が上昇する。

相手を回避しやすくなるバッジ

競り合いでは無く相手のディフェンスを回避してシュートを決めやすくしたい場合は、以下のバッジを獲得しましょう。

強引にシュートをねじ込みに行くよりも操作難度は高まりますが、上手く操作が出来るならより確実にマークを外れ、フリーの状態でシュートを打ちやすくなります。

バッジ名効果
なめらかなフィニッシャー
なめらかなフィニッシャー
ギャザーの最中とゴール際で、相手をすり抜け、接触を避ける能力が上昇する
ドリームシェイク
ドリームシェイク
ポストでのフェイクムーブは、ディフェンダーの動きを止める確率が上昇させる。さらに、ポストムーブ後のシュートおよびフェイクシュートの成功率が上昇する。
ドロップステッパー
ドロップステッパー
ポストドロップステップとホップステップの成功率が上昇し、さらにその最中のボールの保持率が上昇する。
ポストスピンテクニシャン
ポストスピンテクニシャン
ポストスピンまたはドライブを試みる際、ムーブの成功率が上昇し、ボールを奪われる確率が減少する。
アンストリッパブル
アンストリッパブル
ゴールに向かってアタックする際と、レイアップやダンクを行う際にボールを奪われる確率が低下する。

プレイメイキングのバッジも組み合わせる

もし相手選手を抜き去ることに特化させたい場合は、プレイメイキングにも相手選手を抜き去りやすくなるバッジがあるのでそれも装備しておきましょう。

テイクオーバーも「スラッシャー」系のものにしておけば、さらに得点しやすくなります。

バッジ名効果
アンクルブレイカー
アンクルブレイカー
ステップバックなどの特定の動きをするとき、相手は間違った方向に切り込むと、より頻繁につまずいたり転んだりする。
アンプラッカブル
アンプラッカブル
ドリブルムーブを行う際、ディフェンダーはボールをフリーにするため、スティールを試みるのがより難しくなる。
クイックチェーン
クイックチェーン
このバッジを持つ選手は、サイズアップを行いながら、一連の動きを素早く組み立てることが出来る。
タイト ハンドリング
タイト ハンドリング
サイズアップの状況でボールハンドリング能力が上昇し、オンボールディフェンダーを崩しやすくなる。
連続ドリブラー
連続ドリブラー
連続ドリブルムーブを行う際、センスが必要とする体力が減り、コンボをより素早く、より長く続けられるようになる。

ダンクの成功率を上げるバッジ

ダンクの成功率を上げるバッジは、接近さえ出来れば成功率が高いダンクをより決めやすくなるのが強みです。

相手のディフェンスのレベルが高いとダンクでも妨害される可能性があるので、より確実にダンクを決めたい場合は是非獲得しておきましょう。


体格や選手のポテンシャルによってはダンクが狙いづらい、出来ない場合もあります。

選手のポテンシャル的にダンクを狙いづらい場合はこれらのバッジは避けましょう。

バッジ名効果
プットバックボス
プットバックボス
プットバックダンクができる。それに、選手のオフェンスリバウンドが成功した後、プットバックダンク/レイアップのシュートスキルにブーストが付与される
ポストライザー
ポスタライザー
ディフェンダー越しにダンクを決める確率が増加する。
ライズアップ
ライズアップ
ペイントエリア内で立っている状態でダンクする確率が上昇する。
リミットレステイクオフ
リミットレステイクオフ
バスケットへ仕掛けるとき、このバッジを持つ選手はダンクまたはレイアップギャザーを他の選手よりも遠くから始めることができる。

背丈の差でボーナスが得られるバッジ

極端に背が高い選手、あるいは背が低い選手の場合、以下の2種のバッジは強烈な効果を発揮します。

背丈が平均的な選手の場合、どちらも上手く機能しづらいです。もし使いたい場合は大げさなくらいに背丈を高くするか、低くするかすると良いでしょう。

バッジ名効果
ジャイアント スレイヤー
ジャイアント スレイヤー
自分より身長の高いディフェンダーと対峙した際、レイアップのシュート確率にブーストが付与され、ブロックされる可能性が低下する
マウスインザハウス
マウスインザハウス
自分より小柄のディフェンダーが相手の場合にレイアップシュートの成功率が上昇する。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (オススメのバッジ(フィニッシュ編))

新着スレッド(『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる