Gamerch
『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K23』パスのレシーバー(受け手)を操作する方法

最終更新日時 :
1人が閲覧中

※当Wikiでは、以下の表記を用いています。

表記該当機種
次世代版PS5 / XBOX X|S
現世代版PS4 / XBOX ONE / Nintendo Switch / STEAM

『NBA 2K23』でパスのレシーバーを操作してパスを出す方法を紹介しています。パスの成功率を上げたい場合やレシーバー完全操作のやり方が分からない場合などご覧ください。

パスのレシーバー操作のやり方

レシーバー完全操作とは?

レシーバー完全操作

レシーバー完全操作とは、パスを出す際にレシーバー(パスを受ける側)を自由に動かせるようになる操作です。


レシーバーを操作している場合は選手の足もとにバスケットボールのアイコンが出ます。


パスを受ける側の動きを調整することで、もしパスを出そうとしている選手が上手くパスを出せない場合でもパスを出せたり、レシーバー側からフリーになる動きをしてシュートに繋げやすく出来ます。


コマンド
レシーバー完全操作○を長押しして、選択した受け手をLスティックで自由に動かす。○を離してパスする。(「レシーバー完全操作」は「コントローラー設定」で有効にできる)

上手くいかない場合は設定を確認

設定を確認

レシーバー完全操作はコントローラー設定の「レシーバー操作」で「レシーバー完全操作」を選択しておかないとレシーバー完全操作は行えません。


レシーバーが自動で動いてしまう場合は、設定が「レシーバーがフリーになる」または「ハンドオフ/ピッチパス」になっている可能性があります。

アイコンパスでもレシーバー完全操作が可能

アイコンパス

同じくコントローラー設定から「アイコンパス」の設定を「レシーバー完全操作」にすると、ボタンを押した選手を自由に操作出来ます。


また設定を「パスタイプコントロール」にすると、アイコンパス時にバウンスパス、オーバーヘッドパスも行えるようになります。


コマンド
アイコンパスR1を押してから、パスしたい選手のボタンを押す。Lスティックで、レシーバーを任意の方向に動かす。

もしこれらの設定にして上手く狙ったパスがしづらいと感じる場合は「初期設定」にしておきましょう。


初期設定にしておくと、アイコンパスでは普通のパスだけをするようになります。

レシーバーに特定の動きをさせるパス

レシーバー完全操作以外にも、レシーバーと協力してパスを成立させる操作が存在します。

ギブ&ゴー

ギブ&ゴー

パスを出した後に一旦ボールをレシーバーに持ってもらい、良いタイミングでパスを出した側にボールを戻す動きです。


相手のディフェンスを乱す上で強力なパスなので、余裕があれば試してみましょう。


コマンド
ギブ&ゴー受け手がボールをキャッチするまで×を長押しする。×を押したままLスティックで最初にパスした選手を動かし、×を離すとボールをその選手に返す。

走り込ませてパス

レシーバーをゴールに走り込ませてパス出来ます。活用するとポストでの得点率が高まるパステクニックです。


ただし相手のマークが厳しい場合は上手くパスを受けられない場合があるので、ある程度マークが緩そうな選手を狙いましょう。


コマンド
走り込ませてパス△を長押しして、選択した受け手をゴールにカットインさせる。△を離してパスする。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (レシーバーの操作方法)

新着スレッド(『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる