Gamerch

【NBA2K21】速攻の防ぎ方

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21の速攻の防ぎ方を記載しています。速攻を防ぐ際のポイントやおすすめのディフェンス技なども記載していますので、試合の参考にしてください。

速攻の防ぎ方バナー画像

目次 (速攻の防ぎ方)

速攻とは

速攻は相手ディフェンスの隙をついて一気に攻め入る戦術です。

速攻が決まれば敵チームと点差を広げる事ができますが、相手チームに速攻を決められてしまうとこちらの点差を広げられてしまいます。

速攻を防ぐコツ

ボール近くの選手を自分で操作する

選手を操作している際、×ボタンを押す事でボールに近い選手を直接操作する事が出来ます。

ボールに近い選手を操作する事で、ピンポイントで相手選手を止めることが可能です。速攻に反応して追い始めたCPUとバトンタッチして手動でブロックに入ると止めやすくなります。

リバウンド中の相手の動きを見る

速攻をかけるべく先にこちらのコートへと動き出している相手選手がいることがあるので、その様な選手には特に注意しましょう。

中でもリバウンド中にもうコート中央に移動し始めている様な選手はそのままロングパスを受けてノーマークのゴールにシュートを入れに来るような事があります。

速攻には速攻で返す

速攻をかけられた時というのはピンチではありますが、逆に言えば速攻を止めたあとカウンターで速攻することが出来れば得点のチャンスになります。

相手は速攻で走り込む為にスタミナを使用しているので、自チームのカウンターを対処する事が難しくなっています。このチャンスを逃す手はありません。

バッジを持たせよう

バッジの中でも速攻を止める事に向いたバッジを持った選手や、速攻に向いたバッジを持っている選手が存在します。

速攻を止める事に向いたバッジを持つ選手は速攻を止める時のキーマンになります。

逆に速攻向きのバッジを持っている選手は試合中に速攻をかける起点となる事が多いので、その様にバッジを持っている選手は重点的にマークしましょう。

速攻を止める事に向いたバッジ一例

バッジ名効果
チェイスダウンアーティスト
チェイスダウンアーティスト
ブロック直前にオフェンス選手を追いかけている際、スピードとジャンプ力にブーストが付与される
疲れ知らずのディフェンダー
疲れ知らずのディフェンダー
ディフェンダーがより積極的なディフェンスをする際、普通の選手より失う体力が少なくなる
オフボールの天才
オフボールの天才
オフボールの際、選手が通り抜けることがより困難になる。マッチアップ相手をつかみ、ホールドするため、足首の負傷が通常より減少する

速攻をかける事に向いたバッジ一例

バッジ名効果
ダウンヒル
ダウンヒル
速攻中、ボール保持者のスピードにボーナスが付与される
ファストブレイク フィニッシャー
ファストブレイク フィニッシャー
速攻でダンクに成功した場合、選手のテイクオーバーメーターの上昇スピードにさらなるブーストを付与する
ブレイクスターター
ブレイクスターター
ディフェンスリバウンドをつかんでからの遠距離アウトレットパスの精度が上昇する。パスはディフェンスリバウンド後すぐに放たなければならない

コメント (速攻の防ぎ方)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ