Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』テイクオーバーとは?効果一覧

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』におけるテイクオーバーの仕様と効果の一覧を掲載しています。テイクオーバーの発動方法などもまとめているのでぜひご覧ください。

テイクオーバーとは?

テイクオーバー

テイクオーバーとは、テイクオーバーメーターが最大になった時に発動出来る「選手の性能が強化された状態」です。

テイクオーバー状態になると通常の選手とは比べ物にならないほどの性能になるので、試合中は自分はテイクオーバー状態になるように、相手はテイクオーバー状態にならないようにするプレイが要求されます。

テイクオーバーの発動方法

マイキャリアの場合はテイクオーバーメーターが溜まった状態でR3ボタンを押す事が発動する事が出来ます。

チームテイクオーバーを解禁している場合はメーターを最大まで溜めてから発動する事でチームテイクオーバーとなり、味方選手全員が強化状態になります。

ただしメーターを溜めている途中で一度でもミスをするとそれまで溜めたメーターは全て失われてしまいます。


クイックプレイやブラックトップといったNBA選手を使用する試合の場合は、テイクオーバーはメーターが溜まり次第自動的に発動します。

テイクオーバーメーターの増やし方

テイクオーバーメーターはコート上の選手の活躍に応じて上昇します。そのテイクオーバーによって強化される性能に応じた活躍をすると、さらにゲージの伸びがよくなります。

たとえばスラッシャーであればでゴール付近でのシュートが決まった際に大きくゲージが伸びますし、ロックダウンディフェンダーはシュートブロックが成功した時に大きくゲージが伸びます。

現世代機版のテイクオーバー一覧

テイクオーバー効果内容

スラッシャー
アスレチックフィニッシャー
スラッシャーとアスレチック フィニッシャーはゴール付近でのフィニッシュに優れる。
テイクオーバーは限定のコンタクトダンクをアンロックし、スピン、ユーロステップ、クレイドル、ホップステップレイアップをブーストして、ドリブルで抜きやすくなり、普通はできないコンタクトシュートが決まる。

シュートクリエイター
シュートクリエイターはドリブルから素晴らしいプルアップのチャンスを作れる。
テイクオーバー中はスピンジャンプシュートやステップバックなど、上級のジャンプシュートを使用出来る。
シュートチェックをされていても脅威になれるのが強みだ。

シャープシューター
ストレッチビッグ
シャープシューターとストレッチビッグは、ゲーム中最高のロングレンジジャンプシューターである。
キャッチ&シュートを最も得意としており、テイクオーバーでは信じ難いほどの精度で3ポイントシュートを決められる。

プレイメーカー
ポイントフォワード
プレイメーカーとポイントフォワードはチームを指揮する。
優れたボール保持者であり、ピンポイントのパスを出せる。テイクオーバーが発動されると、アンクルブレーカームーブで相手を転がし、より抜きやすくなる。
完璧なパスにより、チームメイトのシュート成功率も高められる。

ロックダウンディフェンダー
ロックダウンディフェンダーは最高のディフェンダーでも抑え込める。スティール能力が特に優れた、素晴らしいオンボールディフェンダーだ。
テイクオーバー中、ロックダウンディフェンダーはペリメーターのオフェンス選手によるテイクオーバースキルをキャンセルし、ピックアップとスティールをより多く決められる。
シュートチェックにも大きなブーストを得る。

リムプロテクター
リムプロテクターはゴールを守る最後の砦で、あらゆるディフェンスの要となる。
テイクオーバー中、リムプロテクターはキャッチ/スナッチブロックのアニメーションがアンロックされ、ペイントで得点するオフェンスの選手のテイクオーバースキルをキャンセルし、シュートチェックとブロックスキルに大きなブーストを得る。

ポストスコアラー
ポストスコアラーは、ペイント内で最高のフットワークと様々な武器を駆使できる。
テイクオーバーはポストスコアラーに、ディフェンダーをリムへのフィニッシュ間にボックスアウトする能力を与える。
限定のドライブ、スピン、ホップステップ、ドロップステップムーブもあり、その中にはディフェンダーを破壊するパワーバックダウンも含まれる。

グラスクリーナー
グラスクリーナーはハードワーカーで、休みなく動き回ってゴール周辺でのきつい仕事を全てこなす。
テイクオーバーを発動すると、グラスクリーナーはゴールに当たって跳ね返ったシュートがどこに落ちるか見えるようになり、オフェンスリバウンドを取りにくる相手をボックスアウトできる。

次世代機版のテイクオーバーの仕様

PS5

次世代機版『NBA 2K22』ではテイクオーバーの種類が細分化され、「プライマリテイクオーバー」と「セカンダリテイクオーバー」の二種を使えるようになりました。

テイクオーバーは「プライマリテイクオーバー」だけを使うか、「セカンダリテイクオーバー」が溜まるまで待ってから両方一気に使うかを選ぶことができます。

チームテイクオーバーは2種溜めてからさらに溜める

次世代機版でのチームテイクオーバーは「セカンダリテイクオーバー」が溜まった後さらにテイクオーバーメーターを溜めると使用出来ます。

次世代機版テイクオーバーの一覧

アイコンは現世代機版と同じものが使われており、枠の色の違いで種類を判別出来ます。

もし現世代機版、あるいは前作をプレイ済みである場合はアイコンも参考にしてテイクオーバーを選ぶと分かりやすいでしょう。

スラッシャー系
スラッシャー
テイクオーバー効果内容
高度なギャザーさらに効率的なユーロ、スピン、ホップ、クレイドルギャザーをアンロックして、詰まることを避ける。
フィニッシュムーブレイアップ、ダンク、アリウープでコンタクトを受けても吸収してフィニッシュするのに役立つ。
簡単な抜き去りディフェンダーを抜き去る能力が上昇し、リングに切り込みやすくなる。

シュートクリエイター系
シュートクリエイター
テイクオーバー効果内容
プルアップの正確さタイミングが良いドリブルからのジャンプシュートに大きなブーストを与える。
アンクルブレイクシュートディフェンダーを振り切り、ステップバックやスピンジャンプシュートを決める可能性が上がる。
マイナス影響プルアップ、ステップバック、スピンシュートに対するシュートチェックの影響力が低下する。

シャープシューター系
シャープシューター
テイクオーバー効果内容
無限レンジシュート能力が3ポイントラインをはるかに超えるようになる。
スポットアップの正確さタイミングが良い静止状態からのジャンプシュートに大きなブーストを与える。

プレイメーカー系
プレイメーカー
テイクオーバー効果内容
チーム評価ブースト一定時間、チームメイトのオフェンス能力に大きなブーストを与える。
チーム テイクオーバー ブースト発動すると各チームメイトのテイクオーバーメーターの進行状況をブーストする。
チームバッジ ブーストチームメイトにボールをパスしたあと、一定時間そのチームメイトのオフェンスバッジの効果を上げる。

ロックダウンディフェンダー系
ロックダウンディフェンダー
テイクオーバー効果内容
エクストリームクランプボディアップ時にボール保持者を妨害し、強制ストップ、ピックアップ、ファンブルを多くさせる。
ペリメーター バッジドロップペリメーターで対戦相手に近づくと相手のオフェンスバッジのランクを1つ下げる。
強化ジャンプシュートコンテストペリメーターでのジャンプシュートに対するシュートチェックに大きなブーストを与える。

リムプロテクター系
リムプロテクター
テイクオーバー効果内容
スタッフブロックグラブ/スワットブロックやバックボードピンを実行できるようになり、また、その能力が強化される。
ペイントインティミデーションペイント内でマークされた状態からのシュート全てが大きなペナルティを受ける。
インテリア バッジドロップペイントで対戦相手に近づくと相手のオフェンスバッジのランクを1つ下げる。

ポストスコアラー系
ポストスコアラー
テイクオーバー効果内容
パワーバックダウンポストで最強のディフェンダーでさえバックダウンさせる能力が強化される。
ポストプレイメイキングポストからパスを出すとき、チームメイトのオフェンス能力をブーストする。
高度なポストムーブポストスピン、フェイク、ドライブ、クリアアウトでディフェンダーを抜きやすくなる。
ポストシュート ダガーポストフック、フェード、アップ&アンダー、シミー、ホップシュートが大きなブーストを得る。

グラスクリーナー系
グラスクリーナー
テイクオーバー効果内容
ボックスアウト ウォールより強い選手をブロックアウトしたり通り抜けたりして、さらに多くのリバウンドを確保できるようになる。
未来予知外れたシュートがどこに着地するかを事前に見せ、リバウンド獲得が有利になる。
リバウンドというアシストキックアウト時のチームメイトのオフェンス能力をブーストし、リバウンド時にアウトレットパスを成功させるのに役立つ。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (テイクオーバーとは?効果一覧)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる