Gamerch
『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K23』テイクオーバーとは?効果一覧

最終更新日時 :
1人が閲覧中

※当Wikiでは、以下の表記を用いています。

表記該当機種
次世代版PS5 / XBOX X|S
現世代版PS4 / XBOX ONE / Nintendo Switch / STEAM

『NBA 2K23』におけるテイクオーバーの仕様と効果の一覧を掲載しています。テイクオーバーの発動方法などもまとめているのでぜひご覧ください。

テイクオーバーとは?

テイクオーバーとは、テイクオーバーメーターが最大になった時に発動出来る「選手の性能が強化された状態」です。


テイクオーバー状態になると通常時とは比べ物にならないほどのポテンシャルを発揮できます。自分がテイクオーバー状態になるように、相手はならないようにすることを心がけると試合を有利に運べます。

テイクオーバーの発動方法

マイキャリアの場合はテイクオーバーメーターが溜まった状態でR3ボタンを押すと発動できます。


クイックプレイやブラックトップといったNBA選手を使用する試合の場合は、テイクオーバーはメーターが溜まり次第自動的に発動します。

テイクオーバーメーターの増やし方

テイクオーバーメーターはコート上の選手の活躍に応じて上昇します。そのテイクオーバーによって強化される性能に応じた活躍をすると、さらにゲージの伸びがよくなります。


例えば、スラッシャーならゴール付近でのシュートが決まったとき、ロックダウンディフェンダーであればシュートブロックが成功したときに大きくゲージが伸びるといった具合です。

チームテイクオーバーは2種溜めてからさらに溜める

チームテイクオーバーは「セカンダリテイクオーバー」が溜まった後、さらにテイクオーバーメーターを溜めると自動で発動します。

テイクオーバー一覧

スラッシャー系

テイクオーバー効果内容
高度なギャザーさらに効率的なユーロ、スピン、ホップ、クレイドルギャザーをアンロックして、詰まることを避ける。
フィニッシュムーブレイアップ、ダンク、アリウープでコンタクトを受けても吸収してフィニッシュするのに役立つ。
簡単な抜き去りディフェンダーを抜き去る能力が上昇し、リングに切り込みやすくなる。
テイクオーバー効果内容
スラッシャースラッシャーは接触の多いゴール付近でのフィニッシュと、ディフェンスを抜く能力に優れている。





シュートクリエイター系

テイクオーバー効果内容
プルアップの正確さタイミングが良いドリブルからのジャンプシュートに大きなブーストを与える。
アンクルブレイクシュートディフェンダーを振り切り、ステップバックやスピンジャンプシュートを決める可能性が上がる。
マイナス影響プルアップ、ステップバック、スピンシュートに対するシュートチェックの影響力が低下する。
テイクオーバー効果内容
シュートクリエイターシュートクリエイターはステップバックやスピンギャザーを駆使してディフェンダーたちをいつでも振り払い、ドリブルからシュートを決める。




シャープシューター系

テイクオーバー効果内容
無限レンジシュート能力が3ポイントラインをはるかに超えるようになる。
スポットアップの正確さタイミングが良い静止状態からのジャンプシュートに大きなブーストを与える。
テイクオーバー効果内容
スポットアップシュータースポットアップシューターは特にキャッチ&シュート時に、素晴らしい精度で3PTを決められる。


プレイメーカー系

テイクオーバー効果内容
チーム評価ブースト一定時間、チームメイトのオフェンス能力に大きなブーストを与える。
チーム テイクオーバー ブースト発動すると各チームメイトのテイクオーバーメーターの進行状況をブーストする。
チームバッジ ブーストチームメイトにボールをパスしたあと、一定時間そのチームメイトのオフェンスバッジの効果を上げる。
テイクオーバー効果内容
プレイメーカープレイメーカーは優れたボールハンドリングによってディフェンダーの動きを止めることができ、完璧なアシストでチームメイトのシュート成功率も高められる。



ロックダウンディフェンダー系

テイクオーバー効果内容
エクストリームクランプボディアップ時にボール保持者を妨害し、強制ストップ、ピックアップ、ファンブルを多くさせる。
ペリメーター バッジドロップペリメーターで対戦相手に近づくと相手のオフェンスバッジのランクを1つ下げる。
強化ジャンプシュートコンテストペリメーターでのジャンプシュートに対するシュートチェックに大きなブーストを与える。
テイクオーバー効果内容
ロックダウンディフェンダーロックダウンディフェンダーは、スティールやシュートチェックに大きなブーストを得ることで、ゲーム中、最高のスコアラーさえをも押さえ込める。




リムプロテクター系

テイクオーバー効果内容
スタッフブロックグラブ/スワットブロックやバックボードピンを実行できるようになり、また、その能力が強化される。
ペイントインティミデーションペイント内でマークされた状態からのシュート全てが大きなペナルティを受ける。
インテリア バッジドロップペイントで対戦相手に近づくと相手のオフェンスバッジのランクを1つ下げる。
テイクオーバー効果内容
リムプロテクターリムプロテクターはシュートチェックとブロックスキルに大きなブーストを得ることで、あらゆるディフェンスの要となる。




ポストスコアラー系

テイクオーバー効果内容
パワーバックダウンポストで最強のディフェンダーでさえバックダウンさせる能力が強化される。
ポストプレイメイキングポストからパスを出すとき、チームメイトのオフェンス能力をブーストする。
高度なポストムーブポストスピン、フェイク、ドライブ、クリアアウトでディフェンダーを抜きやすくなる。
ポストシュート ダガーポストフック、フェード、アップ&アンダー、シミー、ホップシュートが大きなブーストを得る。
テイクオーバー効果内容
ポストスコアラーポストスコアラーは、強力なバックダウンや最高のムーブやシュート能力を持ち、ペイントエリア内を支配することができる。







グラスクリーナー系

テイクオーバー効果内容
ボックスアウト ウォールより強い選手をブロックアウトしたり通り抜けたりして、さらに多くのリバウンドを確保できるようになる。
未来予知外れたシュートがどこに着地するかを事前に見せ、リバウンド獲得が有利になる。
リバウンドというアシストキックアウト時のチームメイトのオフェンス能力をブーストし、リバウンド時にアウトレットパスを成功させるのに役立つ。
テイクオーバー効果内容
ガラスクリーナーグラスクリーナーは、シュートミスの察知能力、ボックスアウト争いでの強さ、リバウンド力、プットバックからの安定した得点力を持っている。






NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (テイクオーバーとは?効果一覧)

新着スレッド(『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる