Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』1on1での勝ち方と守り方

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』で1on1の勝つ方法を紹介しています。単純な1on1の勝ち方だけでなく、1on1になった際のディフェンスのポイントなども掲載しているので、プレイ時の参考にしてください。

オフェンス、ディフェンスのポイント

ステータスの高い選手で1on1を挑む

レブロン15

そもそも1on1で勝ちたいのであれば、ステータスの高い選手によるステータス差で強引に突破するのが一番楽で確実な方法です。

逆にステータスの低い選手を使用しなければならない場合はパスを回してフリーのタイミングを作る、あるいはダブルチームを活かして止めるなど、工夫をする必要があります。

1on1をする目的を決める

1on1と言うと「得点を狙う為にワンマンプレイをする」という印象が強いですが、残り時間も少なくリードしている状況なら相手に得点のチャンスを渡さないように時間を稼ぐためにする場合もあります。

無理に得点を狙いにいくだけでなく、時間を稼ぐために1on1をするのも選択肢に入れると、点差を広げた状態から逆転される試合が減ります。


時間稼ぎで1on1をする場合は無理な突破や下手なパスを狙わず、スティールだけされないようにドリブルやステップをしてギリギリまで時間を稼ぐのがオススメです。

相手が次に何をするか予測しながら動く

対人戦の場合、次に相手がどんな行動を狙っているか常に考えながら1on1をすると勝率が上がります。

3ポイントよりもインサイドで狙ってきやすいか、あるいは3ポイント偏重かが分かるだけでもかなり話が変わってくるので、相手の動きをよく観察しながら試合をしてみましょう。

もし相手に特定の行動を頻繁に狙う手癖がある場合、それを見抜けるとかなり勝ちやすくなります。

オフェンスのポイント

ステップで抜き去る

色々なドリブルムーブが出来るようになると、直接フリーのタイミングを作ってゴールを狙いにいきやすくなります。

1on1での勝ち方の王道としてはスピンやヘジテーションなどの動きを活用して相手を抜き去ることでしょう。ステップムーブは常に練習しましょう。


ドリブルに関して詳しくはこちら

足の速い選手が特にオススメ

足が速い選手の場合特別な操作をしなくても単純な足の速さで相手をかわせる場合もあるので、特に1on1での勝利を狙いやすいです。

足が速い選手なら強気に走り込んでみるのも一つの手です。

フェードシュートを狙う

相手が厳しくゴールを守るようなら、マークしている相手から離れるように打つ「フェードシュート」を狙いましょう。

ゴール付近のマークが厳しい場合は少しゴールから離れるようにシュートを打つと、ノーマークでシュートを決められます。

コマンド
ポストフェードL2を長押ししてポストアップ。Rスティックをゴールと違う方向に左か右に倒し続ける。
ポストシミーフェードL2を長押しでポストアップ。Lスティックは動かさずに、R2を押しながらRスティックを左下か右下に倒し続ける。

トリプルスレットムーブを活用する

パス、ドリブル、シュートいずれの行動にも行ける状態は攻める上で選択肢が多く、相手にとっても大きなプレッシャーです。

トリプルスレットから攻める手段を多く知っている、使えるだけでかなり立ち回りの幅が広がるので、是非意識してみましょう。


トリプルスレットについて詳しくはこちら

フェイクムーブで相手を出し抜く

ポンプフェイクやフェイクパスなど、フェイクムーブで相手を上手く出し抜くことが出来ると簡単に1on1に勝つことが出来ます。

とはいえあまりフェイクムーブを多用すると相手にもバレてしまい、効果的に使いづらくなってきます。絶対に1on1に勝ちたい場面に絞って使いましょう。


フェイクムーブについて詳しくはこちら

1on1にこだわりすぎない

1on1で試合している場合を除き、基本的にバスケットボールには味方がいます。

どうしても1on1で抜けない場合は1on1にこだわらず、味方にパスを出し、味方と協働して得点を狙いに行く方が結果として勝ちやすくなる場合が多いです。

無理に1on1ばかり狙うのは避け、状況を見て最適な得点方法を考えながらプレイしましょう。

ディフェンスのポイント

絶対に止める手を決めよう

1on1は攻める側の取れる手が多い勝負ではありますが、逆に相手の行動を読んでブロックさえ出来れば高確率で相手のシュートを止められます。

先述したオフェンスのポイントで選んで来るディフェンスを抜く手段のうち、絶対に止めたい一手を意識して厳しいディフェンスにつきましょう。

一番止めるべきはシュート

ステップでの抜き去りや、フェイクムーブでのフェイントなども厄介ではありますが、結局最後のシュートさえ止めてしまえば得点にはなりません。

基本的にはブロックは絶対に止められるタイミングでのみ行い、それ以外は地上で相手の行動を制限するように立ち回っていくのがオススメです。

リスクのあるディフェンスを避ける

ジャンプして相手のシュートをブロックするのは、決まれば相手のシュートを止められますが、失敗すると大きなスキを晒します。

もしブロックを失敗して失点するケースが多いなら、ハンズアップをしながら相手の様子を見る方がリスクを低くしつつ相手のシュートを止めやすくなる一手になります。

時間稼ぎも考える

当たり前ではありますが、相手の得点数よりもこちらの得点数が高ければ1on1で読み負けていても試合には勝てます。

最終的に読み負けて得点されたとしても、1on1で相手の攻めのテンポを落として大量失点を抑えることが出来れば試合に勝つチャンスは残せることを意識しましょう。



NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (1on1での勝ち方)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる