Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』プットバックシュートのやり方とリバウンドとの使い分け

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』でのプットバックシュートのやり方を紹介しています。プットバックシュートのやり方やメリット、デメリットも説明しているのでプレイ時の参考にしてください。

目次 (プットバックシュートのやり方)

プットバックシュートのやり方

プットバックシュートとは、シュートに失敗してリングに弾かれたボールをそのままゴールに押し戻すようなシュートを指します。


成功すればストレートにセカンドチャンス得点を狙えるので、出来れば強力なシュートだと言えます。

プットバックシュートとリバウンドの使い分け

プットバックシュートは即座にセカンドチャンス得点を狙えますが、もしボールが遠くに弾かれてしまった場合は使えないという難点があります。


普通にリバウンドすれば得点出来たかもしれないチャンスを逃してしまうこともあり得るので、ハイリスクハイリターンの技だと言えるでしょう。

リバウンド

ゴールからこぼれたボールを獲得する手段としてしばしば使われるのはリバウンドですが、リバウンドのメリットはプットバックより安定してこぼれ球を獲得出来ることです。


特にリバウンドでボールを獲得すると他の選手にパスを回すことも出来るので、結果としてプットバックシュートよりも安定して点を獲得出来る場合もあります。


オフボールプレイについて詳しくはこちら

プットバックシュートのコツ

選手の身長、ジャンプ力を確認

そもそもプットバックシュートは身長が低い選手、ジャンプ力の低い選手の場合は出来ないことがあります。

センターなど長身の選手が多いポジションの選手の場合はプットバックを狙えます。


積極的にプットバックをしたい場合は長身のセンターや、パワーフォワードを選びましょう。

ポストの下に立つ

プットバックシュートはシュートの性質上、ポストの下に立っていないと行えません。

ペイントエリアから出てしまっている場合は素直にリバウンドを狙いましょう。

プットバックボスのバッジを獲得する

プットバックシュートを積極的に狙いたい場合は、是非「プットバックボス」のバッジを獲得してください。

プットバックボスを持つとプットバックダンクも出来るようになるので、プットバック時の成功率、見た目の良さも上がります。


バッジ名効果
プットバックボス
プットバックボス
プットバックダンクができる。それに、選手のオフェンスリバウンドが成功した後、プットバックダンク/レイアップのシュートスキルにブーストが付与される


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (プットバックシュートのやり方)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる