Gamerch
『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K22』低レア選手カードが被ったときの対処方法

最終更新日時 :
1人が閲覧中

【お知らせ】

本Wiki内の『NBA 2K22』の記事を『NBA 2K23』の記事に更新しています。

『NBA 2K22』での低レア選手カードが被った時の対処方法を紹介しています。低レアカードがたくさん被ってしまった方、エクスチェンジの仕様が分からない方は是非ご覧ください。

目次 (低レア選手カードが被ったときの対処方法)

エクスチェンジでトレードする

パックから出た低レアの被りカードは、エクスチェンジで交換するのがオススメです。

エクスチェンジでは選手やダイヤモンド契約など、ここでしか手に入らないカードを入手することが出来ます。

オリジナルオーナーカードは大切に保持

自分でパックから当てたカードはオリジナルオーナーカードという扱いになり、エクスチェンジやリミテッドの試合の際に要求される場合があります。

オークションで獲得した高レアカードにはオリジナルオーナーカードになりません。自分でパックから当てたカードはよく考えて売却、エクスチェンジに使いましょう。

ウィークリー、時間制報酬も要チェック

時間限定で入手出来る報酬は、交換できる時間が限られている代わりに普通の交換よりも安いレートで強力な報酬に交換することが出来ます。

1日でたくさんパックを引いた場合は、必要に応じてウィークリー報酬、時間制報酬のエクスチェンジに交換すると良いでしょう。

売却する

エクスチェンジ出来るアイテムが無かった場合は、売却してMTに換えてしまっても良いでしょう。

MTを持っておけば後々欲しい選手カードが登場した際にオークションで競り落とすことも狙えるようになりますし、新たにパックを購入することも出来ます。

高レア選手が被ったら売却は避けよう

高レア選手が被った場合はすぐに売却せず、まずはエクスチェンジかオークションでの出品を検討しましょう。


ダイヤモンド、ピンクダイヤモンドなどの高レア選手が被った場合は、オークションで売る方が普通に売却するよりも大量のMTを稼ぐチャンスになります。

また、エクスチェンジでも高レア選手と交換したい場合はレア度の高い選手を要求されます。

オークションで売る

低レアカードの中でも、ホロカードと呼ばれる特殊仕様のカードや、イラスト違いのカードはオークションで高額取引される傾向があります。

ホロカードは低レアでもオークションに出しても売れる可能性のあるカードなので、普通に売却せずオークションに出してみましょう。


オークションについて詳しくはこちら

高レアのイラスト違いは要注意

もちろん高レアカードのイラスト違い、ホロ仕様ともなれば10万MT、選手自身の人気が高ければ100万MTなどの高額で取引される場合もあります。

不要なイラスト違い高レアカードはなおさら売却やエクスチェンジに出さず、オークションで高値で売るのがオススメです。

イラスト違い高レアカードはすぐに売るべき

カードの高騰は主にパックのリリース直後に起きやすい傾向があります。リリース直後ならオークションの価格を見つつ、多少高めに開始価格をつけても売れる可能性が高いです。


どのカードも少し時間が経つと安くなる傾向があるので、もし安価でイラスト違いのカードが欲しい場合は少し待ってみても良いでしょう。

その分オークションにも出回りづらくなるというデメリットはありますが、少し待つと比較的安価にオークションで落とせます。

試合で活躍させる

低レアのカードだからと言って、完全に試合で活躍出来ないわけではありません。

試合で低レア選手を運用したい場合は以下のページをご覧ください。

低レア選手の効率的な運用方法

NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (低レア選手カードが被ったときの対処方法)

新着スレッド(『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる