Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』スティールのコツ

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』のスティールのコツについて記載しています。スティールをする際のポイントや、相手のスティールの対策なども記載しています。『NBA 2K22』でスティールをする際にお役立てください。

スティールのコツ

スティールのコマンド

コマンドドリブラーの近くかパスコース上にいる時に□を押す。

スティールはドリブラーの近くかパスコース上にいる時に□を押すと使用できます。


オフェンスの選手が持っているボールを奪うスティールは、パスが出た時やドリブルをしている時など様々な場面で活用されるディフェンステクニックです。

ディフェンス講座はこちら

ボールハンド側に移動する

ドリブル中の相手にスティールをするコツとして、ドリブラーがボールを持っている方向に選手を移動させましょう。

ボールハンド側にプレイヤーがいると、スティールの成功率が上がります。

この時にL2ボタンを押しながら、ドリブラーに近づいていきドリブラーのボールハンド側になった瞬間に□ボタンを押しましょう。

この時に□ボタンを連打してしまうとファールを取られてしまう可能性が高まります。ボタンは連打せず、1回だけ押すようにしましょう。

バッジを装備してスティールの成功率を上げる

スティールの成功率を上げるバッジを装備すると、スティールの成功率が上がります。

主なバッジとしてはピックポケットがあります。パスカットを重点的に行いたい場合はインターセプターというバッジもあります。


相手選手にスティールをされたくない場合は、対策バッジとしてアンプラッカブルを装備しておきましょう。

バッジ名効果
ピックポケット
ピックポケット
ボール保持者からボールを奪おうとする際、スティールの成功率が上昇し、ファウルの確率が減少する。さらに、レイアップの成功率も上昇する
インターセプター
インターセプター
パスティップまたはパスカットの成功率が大きく上昇する。
アンプラッカブル
アンプラッカブル
対策バッジ
ドリブルムーブを行う際、ディフェンダーはボールをフリーにするため、スティールを試みるのがより難しくなる。
バッジ一覧と有名選手のバッジ構成はこちら

スティールの対策

無理に切り込まないようにする

スティールされてしまう原因として挙げられるのは、相手ディフェンダーを無理に抜こうとしている場合が多いです。

時間がある場合は無理矢理ディフェンダーをかわして得点しに行こうとするよりも、落ち着いて一度パスを回したり、セットプレーを試したりして相手ディフェンスをチーム全体で崩しに行く方が得点しやすくなります。

無茶なパスを控える

ディフェンダーがいる所に無理にパスを出そうとすると、パスカットやスティールをされてしまうリスクが高まります。

時々狙う分には得点のチャンスにもなりますが、無茶なパスばかりしているとかえって得点されてしまうリスクを増やしてしまうので注意しましょう。

スティールとは?

ドリブラーからボールを奪う技

スティール

スティールは相手が持っているボールを奪うことを指します。

ボールを奪うことができれば、攻守が逆転するので守備が手薄な所を一気に攻め込むことができます。

ただし、スティールは失敗するとファールを取られる可能性が高いため、ハイリスク・ハイリターンの技となっています。

『NBA 2K22』の操作にある程度慣れたら、スティールを試してみましょう。



NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (スティールのコツ)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる