Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』フェイクムーブのやり方

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』のフェイクムーブをまとめています。状況別にどんなフェイクムーブがあるか、またどんな時に使えば良いかを紹介しているので、各種操作を知りたい方はご覧ください。

ポンプフェイク

ポンプフェイクとは、シュートを打つフリをする行動のことを指します。

もし相手がシュートを防ぐためにブロックなど大きなスキが出来る行動をしたら、そこから簡単に得点できます。

ポンプフェイクには以下の3種類があります。

トリプルスレットポンプフェイク

コマンド
トリプルスレット
ポンプフェイク
Rスティックを下に弾く。

パス、シュート、ドリブルいずれの行動にも移れる状態で行うポンプフェイクを指します。

相手からするとこのポンプフェイクにどう対応した場合でも裏目に出るリスクが発生するので、強力なテクニックになります。

ドリブルで抜いても、そのままシュートを打つことも出来ます。


ポンプフェイク以外に行えるトリプルスレットムーブに関しては以下のページをご覧ください。

トリプルスレットムーブについて詳しくはこちら

通常のポンプフェイク

コマンド
ポンプフェイク□を押す。
ステップスルーショートレンジで、ポンプフェイクをしてから、□を長押しする。もしくはポンプフェイク開始から終了までにもう一度Rスティックを任意の方向に倒して長押しする。

ドリブルして一旦停止し、シュートを狙う際にフェイントを入れることも出来ます。

この場合はその後に出来る行動がパス、シュートの二択になるので読まれてしまうと大きく選択肢が狭まってしまいます。

リスクは大きいですが、相手のスキを作れる行動として試してみましょう。

ポストで行うポンプフェイク

コマンド
ポストポンプフェイクL2を長押しでポストアップ。ボールを保持しながらRスティックをいずれかの方向に動かし、すぐに離す。
ポストでアップ
&アンダー
L2を長押ししてポストアップ。Rスティックでポンプフェイク。その後L2を離してフェイクが終わる前にもう一度Rスティックを倒し続ける。

ポストプレーでもポンプフェイクは行えます。

ポストまで接近している時点でスピンムーブやポストフェイダウェイなど他の脅威となる行動もあるので、このタイミングでポンプフェイクを行うのも効果的です。


他のポストプレーについて詳しくはこちら

フェイクパス

コマンド
フェイクパス立っているかゴールへのドライブ中に△と○を押す。

パスを出すフェイントを入れます。相手がスティールしようとした所をドリブルで抜いたり、シュートを狙ったりしましょう。

上手く相手がフェイクパスに釣られれば、自分以外にフリーの選手を作るチャンスにもなります。

フェイクムーブの注意点

フェイクムーブのやり過ぎに注意

ポンプフェイクやフェイクパスは時々使う分には相手も釣られてくれますが、あまり多用すると相手も警戒するので効果的に使いづらくなります。

そのため、基本的にはここぞという場面でのみ使うことをおすすめします。


もしどうしてもやり過ぎてしまうという場合は、1クォーターにつき1回だけなど回数を自分で制限してみても良いでしょう。

時間のかけ過ぎは避ける

フェイクムーブを行うまでに時間をかけ過ぎると、いざ相手を抜いても余裕をもってシュート出来ないことがあります。

フェイクムーブをする場合は残り時間に気を使い、抜いた後にシュートが出来るくらいの余裕をもって立ち回りましょう。

フェイクムーブを強化するバッジ

フェイクムーブを強化するバッジには「ドリームシェイク」が存在します。

もしフェイクムーブを確実に決めたい場合は獲得を検討しましょう。

コマンド
ドリームシェイク
ドリームシェイク
ポストでのフェイクムーブは、ディフェンダーの動きを止める確率が上昇させる。さらに、ポストムーブ後のシュートおよびフェイクシュートの成功率が上昇する。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (フェイクムーブのやり方)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる