Gamerch
NBA2K21攻略Wiki

【NBA2K21】チーム練習のやり方と練習一覧

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21のマイキャリアモードでチーム練習を行う方法と、その一覧をまとめています。選べる練習メニュー一覧を掲載していますので、選手の育成時にご活用ください。

目次 (チーム練習一覧)

チーム練習とは?

チーム練習とはマイキャリアの試合と試合の間に発生するイベントで、チーム内で行われる練習に参加する事で自分の選手を強化する事が出来ます。

チーム練習を始めたばかりの間はコーチから提示されたドリルを行う事しか出来ませんが、何度かチーム練習に参加していると自分で練習ドリルを選べるようになります。

ボーナスが発生する場合がある

チーム練習でコーチが提示した練習を行うと練習後にもらえるバッジポイントが2倍になります。

NBAのレジェンド選手が練習を見に来る事もあり、この場合は練習後にもらえるバッジポイントが3倍になります。

レジェンド選手が練習を見に来た場合は、普段から安定して★3でクリア出来る練習を選ぶと効率よく育成を進められます。

獲得出来るポイントは決まっている

獲得出来るバッジポイントは難易度によって決まっています。

難易度が低い練習は高評価を取りやすい代わりにもらえるポイントが少なく、難易度が高い練習は高評価を取りづらい代わりにポイントが多くなっています。


難易度の高い練習を安定して高評価でクリアするのがベストですが、効率よくポイントを取りたい場合は難しい練習を低評価で終えるよりは簡単な練習を高評価で繰り返した方が効率が良いです。

最初はイージーの★3クリアの安定を目指して、慣れてきたら難易度ハードを安定して★3でクリア出来るようにすると効率よく育成を進められます。


バッジとは?特徴を解説

各難易度ごとに獲得出来るポイント一覧

難度\評価★★★★★
イージー50350650
ノーマル75400700
ハード100450750

操作の練習にもオススメ

特定のシュートの方法でしか得点にならない練習や、特定の行動を行わないと得点にならない練習が存在します。

違う操作を行うと失敗した事になるので、これらの練習で操作の練習を行えばきちんとそのアクションが出来ているかの確認作業が行えます。

バッジポイントは効率的に貯まりませんが、新しい操作を覚える為にチーム練習を使うとゲーム中の動きの幅が広がるので結果としては勝ちやすくなります。

チーム練習一覧

フィニッシュ

練習名・難易度練習内容
無慈悲なフィニッシュ

ノーマル
・ボールをキャッチして、インサイドにディフェンダーがいる状態で得点する
・合計10ポゼッション*1
競り合いながらのフィニッシュ

ハード
・得点はアクロバットフィニッシュのみ
・10ポゼッション
フローター

イージー
・得点はフローターシュートのみ
・10ポゼッション
プットバック*2でのフィニッシュ

イージー
・矢印に従い、できるだけ早くコーンに到達する
・失敗したシュートをプットバックダンクかレイアップで入れる
・合計10ポゼッション
疲労フィニッシュ

ノーマル
・3ポイントラインの外側にボールが9つ
・1分間でゴール下からできるだけ多くの得点を決める
ロブフィニッシュ

イージー
・2on1の速攻の状況で、チームメイトからのパスでアリウープ*3を10回狙う
コンタクトフィニッシュ

ノーマル
・リング下でディフェンダーに10回ダンクを試みる
・合計10ポゼッション
ポストムーブ:アップ&アンダー*4

イージー
・ディフェンダーを付けて、ポストからアップ&アンダームーブを10回行う
・1回につき7秒
・成功=+1
・アップ&アンダーポストシュートで得点するとボーナス
ピック&ロール*5

イージー
・ディフェンダーに10回ピックをセットして、ロールからレイアップでシュートを狙う

シュート

練習名・難易度練習内容
競り合いながらのロングレンジ

ハード
・所定の位置からチェック*6されたシュートを10回打つ
・1回につき5秒
・シュートが連続成功するとボーナス
競り合いながらのミッドレンジ

ノーマル
・所定の位置からチェックされたシュートを10回打つ
・1回につき5秒
・シュートが連続成功するとボーナス
ワーク オン ユア ゲーム:コーナー3

イージー
・コーナーから3ポイントシュートを20本打ち、できるだけ多く決める
ワーク オン ユア ゲーム:3PT トップ

ノーマル
・トップから3ポイントシュートを20本打ち、できるだけ多く決める
ワーク オン ユア ゲーム:3PT ディープ

ハード
・トップからディープ3ポイントシュートを20本打ち、できるだけ多く決める
フリースロー ゴルフ

ハード
・シュート10本で、できるだけ得点を決める
・スウィッシュ*7=+3
・リングに当たってシュート成功=+2
・バックボードに当たってシュート成功=+1
・失敗=0
35

ノーマル
・3ポイントライン外の5ヶ所から3本ずつシュートを行う
・最初は右前方に1ドリブルプルアップ
・次に左前方に1ドリブルプルアップ
・最後に3ポイントのキャッチ&シュート
・プルアップ=+1
・3ポイント=+2
ピック&ポップ

イージー
・ディフェンダーに10回ピックをセットして、目標のマーカーにポップしてシュートを打つ
・ピックのセットに成功=+1
・シュートが成功するか、連続成功するとボーナス

プレイメイキング

練習名・難易度練習内容
ラックアタック

ノーマル
・トップ・オブ・ザ・キー*8から10ポゼッション
・ポゼッションごとに10秒
・得点はペイント内からのシュートのみ
マジックパス

イージー
・3on2と2on1の速攻の状況で、派手なパスを10回狙う
・ターンオーバー*9=-2
ワンマン

ハード
・リバウンドを取ってディフェンダーを抜く
・3on2の速攻で切り替える
・アシスト=+1
・ユーザーの得点=+2
・ターンオーバー=-2
・計10ポゼッション
アリウープパス

イージー
・2on1の速攻の状況で、チームメイトへのパスでアリウープを10回狙う
アウトレットパス

ハード
・リバウンドを10回確保してアウトレットパス*10を出す
・パスからの得点ゾーンが3つある
・ゾーン1=+1
・ゾーン2=+3
・ゾーン3=+5
・ターンオーバー=-5
ハイピック&ロール

ハード
・3on3の状況で10回オフェンスを行う
・先にピック&ロールしなければシュートを決めても得点にならない
ピック&ロール:2on2パス

ノーマル
・2on2のハーフコートの状況
各種類のパスを2回行うとドリル完了
・各種類のパスを最小の試行数で実行する
・試行数はパス1種類につき最大5回

ディフェンス/リバウンド

練習名・難易度練習内容
ロックダウン

ノーマル
・オンボールディフェンダー*11役を務める
・5つの状況で、オフェンス選手の得点を防ぐ
・計10ポゼッション
ピックへの反応

ノーマル
・オンボールディフェンダー役を務める
・制限時間内に点滅するサークルに到達する
チャージ*12

ノーマル
・ゴールへ向かう選手の前に10回立って、チャージを取ろうとする
・チャージを取る=+1
ゴールを守れ

ノーマル
・ゴールへ向かう選手の目に10回立って、相手を阻止する
・アタッカーの阻止=+1
・シュートブロック=+2
ガントレットリバウンド

イージー
・10回ボックスアウトして、シュート後のリバウンドを取る
・チャレンジが進むと、相手のリバウンダーはより手強くなる
・できるだけ多くリバウンドを取る
ガントレットピックポケット

ハード
・5人の異なるチームメイトに対し、合計10回のポゼッション
・チャレンジが進むと相手はより手強くなる
・できるだけ多くスティールする
チェイスダウン

ハード
・ボール保持者を10回チェイスダウンして、ディフェンスストップを狙う
・ディフェンスストップ=+1
・シュートブロック=+2

脚注
  • *1 合計10回
  • *2 シュートが外れた時、ジャンプして外れたシュートをゴールに押し込むシュート
  • *3 味方のパスを空中で受けてそのままシュートを打つ
  • *4 シュートを行うフェイントをしてからシュートを行うプレイ。詳しくはこちら
  • *5 マークしているディフェンダーにスクリーンをかけて、ディフェンダーの行動を妨害した後にスクリーンをした選手がパスを受けてシュートをするプレイ
  • *6 シュートをブロックする行為
  • *7 タイミング「最高」でのシュート成功
  • *8 ペイントエリアの半円上部
  • *9 ボールを取られて攻守が交代する事
  • *10 リバウンドを取った直後、ゴール下からアウトサイドへ出すパス
  • *11 ボールを持っている選手に対する守備を行う選手
  • *12 選手同士の衝突によるファウル


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (チーム練習一覧)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ