Gamerch
『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K23』ダンクのやり方~ダンクが出来ない時の対処法も掲載~

最終更新日時 :
1人が閲覧中

※当Wikiでは、以下の表記を用いています。

表記該当機種
次世代版PS5 / XBOX X|S
現世代版PS4 / XBOX ONE / Nintendo Switch / STEAM

『NBA 2K23』のダンクのやり方をまとめています。基本的なダンクのやり方や、ダンクが出来ない原因もまとめていますので、ダンクのコツを知りたい方はご覧ください。

ダンクのやり方

ダンクのやり方

主なダンクのコマンド
ツーハンドダンクショートレンジでドライブ中に、R2を押しながらRスティックを上に倒し続ける。
ワンハンドダンクショートレンジでR2を押しながら、Rスティックを右か左に倒したままにする。Rスティックの方向でダンクする手が決まる。

ダンクはゴール付近で、ゴールに接近しながら□ボタンまたはRスティックを倒し続けるとダンクになります。


レイアップシュートと違い直接ゴールにボールを叩きつけるようなシュートになるので、シュート動作に入った後は比較的妨害されづらいのが特徴です。


しかしそもそもゴール付近まで接近しないとダンクは出来ない点、またゴール付近でもマークされているときは妨害される場合もある点から、レイアップとは一長一短と言えます。

演出に拘ったダンクも可能

ダンクは上記以外も存在しています。それらのダンクはリムハングが行える、動きが派手といった特徴があり、決めることができれば試合の見所にもなるでしょう。なお、リムハング中はぶら下がっている選手を操作することも可能です。


リムハングのやり方

また、派手なダンクはツーハンド/ワンハンドよりも操作が少し難しいです。基本のダンクに慣れてから狙いましょう。


特殊なダンクのコマンド
リムハングダンクドライブ中にR2を押しながらRスティックを下に倒し続ける。R2を押したままにするとぶら下がり続け、Lスティックでスイングをコントロールし、Rスティックを上に倒してリムまで懸垂する。
片手の派手なダンクR2を押しながらRスティックを下に倒し、その後すぐに、Rスティックを上に倒したままにする。
両手の派手なダンクR2を押しながらRスティックを上に弾き、もう一度Rスティックを上に倒したままにする。

ダンクが出来ない理由

ダンクのステータスが低い

選手のダンクのステータスが低い場合、ゴール付近でダンクをしようとしても必要以上にスタミナを使ってしまったり、出来なかったりする場合があります。


ステータスが低い選手でもダンクは出来ますが、そのような選手は無理にダンクを狙うよりもレイアップを狙った方が安定して得点できるでしょう。

身長が低い

身長が低い選手の場合、ダンクのコマンドを入れてもレイアップになる場合があります。


主に「ドライブダンク」「スタンディングダンク」の数値が低い場合はダンクが出来ない可能性が高いです。


マイキャリアで低身長の選手を作る際は、ダンクが出来なくなる可能性があることを留意して作成した方が良いでしょう。

身長が低くてもダンクは可能

身長が低くても、ジャンプ力が高ければダンクが出来る、あるいは得意な場合があります。


低身長でもダンクを決めたい場合はジャンプ力を高め、ダンクのステータスを上げましょう。

マイキャリアでダンクの見た目を変更する方法

ダンクスタイル

マイキャリアでは「ダンクスタイルクリエイター」からダンクの見た目を調整出来ます。派手なダンクをしてみたい場合はここで変更しましょう。


ダンクスタイルは、「MyPLAYER」メニューの「アニメーション」から、「アニメーションストア」でダンクのシグネチャーアニメーションを購入すると変更できます。


マイアニメーションについて詳しくはこちら

ダンクのアニメーション一覧と取得条件

技名取得条件
Giannis Antetokounmpo・スタンディングダンク 75以上
・ドライブダンク 75以上
・身長1.96m以上
Kobe Bryant・ドライブダンク 82以上
・身長2.08m以下
Vince Carter・ドライブダンク 86以上
・身長2.08m以下
Darryl Dawkins・スタンディングダンク 75以上
・ドライブダンク 75以上
・身長2.08m以上
DeMar DeRozan・ドライブダンク 75以上
・身長2.08m以下
Luka Doncic・ドライブダンク 70以上
・身長2.08m以下
Clyde Drexler・ドライブダンク 80以上
・身長2.08m以下
Julius Erving・ドライブダンク 84以上
・身長2.08m以下
Paul George・ドライブダンク 80以上
・身長1.96m以上2.08m以下
Manu ginobili・ドライブダンク 50以上
・身長2.08m以下
Draymond Green・スタンディングダンク 50以上
・ドライブダンク 50以上
・身長1.96m以上
Blake Griffin・スタンディングダンク 70以上
・ドライブダンク 82以上
・身長1.96m以上
James Harden・ドライブダンク 80以上
・身長2.08m以下
Dwight Howard・スタンディングダンク 75以上
・ドライブダンク 65以上
・身長2.08m以上
LeBron James・ドライブダンク 84以上
・身長2.08m以下
Michael Jordan・ドライブダンク 88以上
・身長2.08m以下
Zach LaVine・ドライブダンク 84以上
・身長2.08m以下
Karl Malone・スタンディングダンク 50以上
・ドライブダンク 75以上
・身長1.96m以上
C.J. McCollum・ドライブダンク 40以上
・身長2.08m以下
Tracy McGrady・ドライブダンク 84以上
・身長2.08m以下
Ja Morant・ドライブダンク 82以上
・身長2.08m以下
Shawn Kemp・スタンディングダンク 70以上
・ドライブダンク 82以上
・身長2.08m以上
Shaquille O'Neal・スタンディングダンク 80以上
・ドライブダンク 55以上
・身長2.08m以上
Scottie Pippen・ドライブダンク 80以上
・身長1.96m以上2.08m以下
Ben Simmons・スタンディングダンク 65以上
・ドライブダンク 75以上
・身長1.96m以上
Klay Thompson・ドライブダンク 55以上
・身長2.08m以下
Karl-Anthony Towns・スタンディングダンク 75以上
・ドライブダンク 55以上
・身長2.08m以上
Russell Westbrook・ドライブダンク 85以上
・身長2.08m以下
Dominique Wikins・ドライブダンク 84以上
・身長1.96m以上2.08m以下
リムグレイザーオフワン・ドライブダンク 36以上
リムグレイザーオフツー・ドライブダンク 36以上
ベーシックワンハンドオフワン・ドライブダンク 50以上
ベーシックツーハンドオフワン・ドライブダンク 50以上
ベーシックワンハンドオフツー・ドライブダンク 45以上
ベーシックツーハンドオフツー・ドライブダンク 45以上
ハングオフワン・ドライブダンク 55以上
ベーシックハングオフツー・ドライブダンク 40以上
ビッグマン オフワン・ドライブダンク 40以上
・身長2.08m以上
ビッグマン ハングズオフワン・ドライブダンク 50以上
・身長2.08m以上
ワンハンドアンダーバスケットレギュラー・スタンディングダンク 45以上
ツーハンドアンダーバスケットレギュラー・スタンディングダンク 40以上
プロアンダーバスケットリムプル・スタンディングダンク 65以上
エリートバスケットリムプル・スタンディングダンク 70以上
ワンハンドアンダーバスケットアスレチック・スタンディングダンク 85以上
ツーハンドアンダーバスケットアスレチック・スタンディングダンク 80以上
ビッグマン オフツー・ドライブダンク 36以上
・身長2.08m以上
アスレチックワンハンドオフワン・ドライブダンク 75以上
アスレチックワンハンドオフツー・ドライブダンク 70以上
アスレチックハングスオフワン・ドライブダンク 65以上
アスレチックハングスオフツー・ドライブダンク 60以上
クイックドロップオフワン・ドライブダンク 80以上
クイックドロップオフツー・ドライブダンク 65以上
フロントクラッチ・ドライブダンク 78以上
フロントクラッチオフツー・ドライブダンク 75以上
サイドクラッチオフワン・ドライブダンク 85以上
ビッグマンサイドクラッチオフワン・ドライブダンク 50以上
・身長2.08m以上
サイドクラッチオフツー・ドライブダンク 75以上
バックスクラッチャーオフワン・ドライブダンク 75以上
バックスクラッチャーオフツー・ドライブダンク 70以上
バックスクラッチングリムハング・ドライブダンク 70以上
ビッグマンバックスクラッチャー・ドライブダンク 60以上
・身長2.08m以上
クイックドロップインバックスクラッチャーオフツー・ドライブダンク 75以上
フィストポンプリムプル・ドライブダンク 60以上
リバースオフワン・ドライブダンク 75以上
リバースオフツー・ドライブダンク 70以上
ワンハンドクラッチリバース・ドライブダンク 85以上
クラッチリバースオフワン・ドライブダンク 80以上
クラッチリバースオフツー・ドライブダンク 75以上
ベースラインクラッチリバース・ドライブダンク 80以上
ベースラインリバースオフワン・ドライブダンク 80以上
ベースラインリバースオフツー・ドライブダンク 75以上
ウィンドミルベースラインリバース・ドライブダンク 80以上
クラッチベースラインリバース・ドライブダンク 80以上
ビッグマンベースラインリバースオフワン・ドライブダンク 65以上
・身長2.08m以上
ビッグマンベースラインリバースオフツー・ドライブダンク 65以上
・身長2.08m以上
スイッチルーオフワン・ドライブダンク 85以上
ビッグマンハングズオフワン・ドライブダンク 55以上
・身長2.08m以上
ビッグマントマホークオフツー・ドライブダンク 50以上
・身長2.08m以上
サイドアームトマホーク・ドライブダンク 80以上
ストレートアームトマホーク・ドライブダンク 80以上
アスレチックサイドトマホーク・ドライブダンク 80以上
アスレチックフロントトマホーク・ドライブダンク 80以上
コックバックトマホーク・ドライブダンク 85以上
スーパートマホークオフワン・ドライブダンク 90以上
スーパートマホークオフツー・ドライブダンク 85以上
ウィンドミルリバース・ドライブダンク 80以上
ウィンドミルオフワン・ドライブダンク 85以上
リーニングウィンドミル・ドライブダンク 85以上
ビッグマンウィンドミル・ドライブダンク 70以上
・身長2.08m以上
フロントウィンドミル・ドライブダンク 85以上
サイドウィンドミル・ドライブダンク 90以上
アスレチックウインドミル・ドライブダンク 90以上
クレードルダンクオフワン・ドライブダンク 80以上
リーニングスラム・ドライブダンク 80以上
ベーシック 360s・ドライブダンク 85以上
アスレティック 360s・ドライブダンク 90以上

ダンクのコマンド一覧

コマンド
ツーハンドダンクショートレンジでドライブ中に、R2を押しながらRスティックを上に倒し続ける。
ワンハンドダンクショートレンジでR2を押しながら、Rスティックを右か左に倒したままにする。Rスティックの方向でダンクする手が決まる。
ノーマルスキル
ダンク
R2を押しながらRスティックを上に弾き、その後Rスティックを下に倒し続ける。Rスティックをニュートラルな状態まで離してダンクのタイミングを合わせる。
リムハングダンクドライブ中にR2を押しながらRスティックを下に倒し続ける。R2を押したままにするとぶら下がり続け、Lスティックでスイングをコントロールし、Rスティックを上に倒してリムまで懸垂する。
リムハング
スキルダンク
R2を押しながらRスティックを下に弾き、もう一度Rスティックを下に倒し続ける。Rスティックをニュートラルな状態まで離してダンクのタイミングを合わせる。R2を押したままにするとぶら下がり続け、Lスティックでスイングをコントロールできる。
片手の派手なダンクR2を押しながらRスティックを下に倒し、その後すぐに、Rスティックを上に倒したままにする。
両手の派手なダンクR2を押しながらRスティックを上に弾き、もう一度Rスティックを上に倒したままにする。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (初心者必見!ダンク講座)

  • 総コメント数2
  • 最終投稿日時 2022/06/22 01:09
  • 表示設定

新着スレッド(『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる