Gamerch
『NBA 2K22』攻略Wiki

『NBA 2K22』ダンクのやり方~ダンクが出来ない時の対処法も掲載~

最終更新日時 :
1人が閲覧中

『NBA 2K22』のダンクのやり方をまとめています。基本的なダンクのやり方や、ダンクが出来ない原因もまとめていますので、ダンクのコツを知りたい方はご覧ください。

ダンクのやり方

主なダンクのコマンド
ツーハンドダンクショートレンジでドライブ中にR2を押しながらRスティックを上に押し続ける。
ワンハンドダンクショートレンジでR2を押しながら、Rスティックを左か右に倒したままにする。Rスティックの方向でダンクする手が決まる。

ダンクはゴール付近で、ゴールに接近しながらRスティックを倒し続けるとダンクになります。

レイアップシュートと違い直接ゴールにボールを叩きつけるようなシュートになるので、シュート動作に入った後は比較的妨害されづらいのが特徴です。


しかしそもそもゴール付近まで接近しないとダンクは出来ない点、またゴール付近でもマークされている場合は妨害される場合もある点から、レイアップとは一長一短と言えます。

アグレッシブスキルダンク

ダンク

コマンドR2+移動を押してドライブ中にRスティックを下に倒し続け、ダンクメーターがいっぱいになったときにRスティックを離してダンクを完了する。

次世代機版『NBA 2K22』から追加されたアグレッシブスキルダンクは、通常のダンクと異なりダンクメーターのタイミングに合わせてRスティックを離す必要があります。

通常のダンクと違いタイミングを図る必要があるので、もしこれを実戦で使いたい場合は『2KU』でタイミングやダンクの感覚を摑んでから使うべきでしょう。

上手くダンクが出来ない選手

選手のダンクのステータスが低い

選手のダンクのステータスが低い場合、ゴール付近でダンクをしようとしても必要以上にスタミナを使ってしまったり、出来なかったりする場合があります。

ステータスが低い選手でもダンクは出来ますが、そのような選手は無理にダンクを狙うよりもレイアップを狙った方が安定して得点できるでしょう。

選手の身長が低い

身長が低い選手の場合、ダンクのコマンドを入れてもレイアップになる場合があります。

主に身長が190センチ以下で、「STDUNK」、「DUNK」の性能が30以下の場合はダンクが出来ない可能性が高いです。


マイキャリアで低身長の選手を作る際は、ダンクが出来なくなる可能性があることを留意して作成した方が良いでしょう。

身長が低くてもダンクは可能

身長が低くても、ジャンプ力が高ければダンクが出来る、あるいは得意な場合があります。

例えばZACH LAVINE選手が身長1.96mと低めながらダンクのステータスが高く、積極的にダンクを決めに行ける選手になっています。


低身長でもダンクを決めたい場合はジャンプ力を高め、ダンクのステータスを上げましょう。

マイキャリアでダンクの見た目を変更する方法

マイキャリアでは「ダンクスタイルクリエイター」からダンクの見た目を調整出来ます。派手なダンクをしてみたい場合はここで変更しましょう。

「MyPLAYER」メニューの「アニメーション」からダンクの種類を変更出来ます。


マイアニメーションについて詳しくはこちら

NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (初心者必見!ダンク講座)

新着スレッド(『NBA 2K22』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる