Gamerch
『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K22』チームメイトの評価の上げ方とメリット【マイキャリア】

最終更新日時 :
1人が閲覧中

【お知らせ】

本Wiki内の『NBA 2K22』の記事を『NBA 2K23』の記事に更新しています。

『NBA 2K22』のマイキャリアモードでチームメイトの評価を上げるメリット、その上げ方を掲載しています。マイキャリアでチームメイトの評価を上げたい方は参考にしてください。

チームメイトからの評価を上げるメリット

チームメイトからの評価とは、マイキャリア中に自分の作成した選手が活躍すればするほど上昇し、失敗すると低下していく要素です。

チームメイトの評価が上がると試合に出られる時間が増えていき、試合に出ている間さらに活躍すればファンも増えて、スポンサー契約も取れて、獲得出来るVCも増えていく……と雪だるま式に上手くいくようになっています。


逆に評価が低下してしまうと試合に出られる時間が減ってしまいますし、試合中にパス要求をしても無視されてしまうなど対戦中も上手くいかなくなってしまいます。

試合ではなるべく評価が下がる行動を避け、評価の上がる行動を積み重ねていくことが重要になります。

チームメイトからの評価の上げ方

チームメイトからの評価を上げるには試合で活躍する必要があります。

試合での活躍とはシュートを決める以外にもパスを繋ぐこと、リバウンドを取ることなど、様々な要素から判断されます。


対してミスをすると評価が下がってしまいます。いくら上手いプレイをして評価を上げても、ミスが多く評価を落としていては結局それほど高評価にならなかった、ということになってしまいます。

細かなプレイで評価は少しずつ上げていけるので、派手なプレイで目立とうとするよりは地道に良いプレイを積み重ね、ミスで評価を落とさないことが重要です。

シュートを決める

シュートは決まりそうな時以外避ける

シュート

チームメイトからの評価を上げるには良いプレイをする必要がありますが、何もシュートを決めることばかりが評価を上げる方法ではありません。

シュートを狙いに行って失敗すると「悪いシュート選択」という低評価を受けることもあるので、シュートは確実に決まりそうな時以外は避ける方が効率よく評価を上げられます。

シュートを入れるメリット

シュートは外れると評価が落ちてしまうリスクがあるものの、一度シュートが決まるだけでも評価は一気に上昇します。

さらにシュートが決まるとその場でファンが増えるので、スポンサーを獲得するまでの道のりを短縮出来ます。

出来ればダンク、3ptシュートなど派手なシュートを決められると、「ハイライトプレイ」となり評価はさらに上昇します。

パスを回す

パス

マイキャリアではパスを回して獲得出来る評価が多いので、もしシュートが出来ないなと感じたらすぐに味方に回してしまった方が無難です。

効果的なパスを狙う

中でも「効果的なパス」という高評価は狙いやすく、マークの緩い選手に向けてパスをしたり、少し離れた選手に向けてパスをするとこの高評価をもらいやすくなっています。

もし効果的なパスの評価が貰えなかったり、ゴールが取れなかったとしても「ボール回しが上手い」という高評価だけもらえる場合もあります。

アシストも高評価になる

自分で点数を取れていなくても、自分が出したパスによって味方選手がゴールを入れたらアシスト点として高評価が入ります。

アシストが決まるとプレイメイキングのバッジをアップグレードするポイントも手に入るので、プレイメイキングを育成したい場合はアシストも積極的に狙いましょう。

ディフェンスをしっかり行う

マッチアップ

ディフェンスでの活躍はリバウンドやボックスアウトなどが挙げられますが、ここで注意すべきはディフェンスの失敗です。

ディフェンスでの失敗で評価が落ちてしまう場合が多いので、ディフェンスでは自分のマークしなければならないプレイヤーにきちんと張り付くことを目標にしましょう。

マークマンは常時変化する

マークマン

マークするべき相手は常時変化しています。そのため途中まで追っていた選手が突然マークマンで無くなり、気が付いたら「マークマンから離れる」という低評価を受けていた、ということがあります。

マークすべき選手を示す矢印が二つ出て来た場合は味方選手がどの相手選手をマークしに向かっているかを判断し、味方のついていない方に行きましょう。

「ディフェンスが崩れた」に注意

どんなに防御をしていたとしても、自分のマークマンが点を取ってしまうとその時点で「ディフェンスが崩れた」という低評価を受けてしまう場合が多いです。

そのため、自分のマークしている選手からは点を取られないように、より注意する必要があります。

高評価はボックスアウトを狙おう

ボックスアウト

ディフェンスで高評価を一番狙いやすいのはボックスアウトです。相手がシュートしてきたタイミングでL2ボタンを押し続けると行えます。

これが成功すると高評価を簡単に取れますので、シュートが出たタイミングでゴールから少し離れている場合は忘れずに行っておきましょう。

ディフェンスリバウンドも出来るとベスト

ゴールから近い状況であれば、△を押してディフェンスリバウンドに挑戦するべきです。

ディフェンスリバウンドが成功するだけでも高評価ですし、そこから味方にパスを繋げたり、自分で走り込んでシュートを打ったりするとさらなる高評価を得られるチャンスになります。

オフボール時のオフェンス

スクリーンを行う

スクリーンは〇ボタンを押し続けると行える行動で、味方オフェンスにマークしてくる選手を守るように自分の身体で壁を作れます。

この行動はすぐできる割に評価が上がりやすく、ボールを持っていないからこそ出来る行動です。効果的なスペーシングと組み合わせて効率よく高評価を稼ぎましょう。

効果的なスペーシング

ボールを持っていない間でも評価を稼ぐ方法があり、上手くスペースを作ると「効果的なスペーシング」という好評価をもらえます。

この評価はボールを持っていない状態で積極的に動きまわり、相手の選手を翻弄することが獲得の条件です。

一見難しそうですがとりあえず動き回るだけでも高評価に繋がることがあるので、味方がボールを持って立ち往生しているようなら動き回ってみましょう。

オフェンスでもリバウンドを狙う

ディフェンス時同様、オフェンスでもリバウンドを狙うことは重要です。

リバウンドを取れるということはゴール下にいるので、リバウンド直後はシュートを決めるチャンスであることを忘れないようにしましょう。

もちろんゴール下に選手が密集している状況なら、ゴールから離れた位置にいる味方にパスを出せばアシストでの評価上昇も狙えます。

反則をしない

反則をすると「バイオレーションコミット」という形で評価が落ちてしまいます。

ディフェンス中にやむを得ずファールを取られてしまった程度ならこの評価は取られませんが、自らファールを取られるようなプレイをしてしまうと大きく評価が落ちてしまうので、極力避けましょう。

3秒ルールに注意

中でも注意したいのが3秒ルールで、コート上の赤く塗られた場所「ペイントエリア」にオフェンスが3秒以上留まると反則を取られてしまいます。

プレイに熱中しているとペイントエリアで3秒留まってしまい、この反則を取られることがよくあります。注意して動きましょう。

ファウルについて詳しくはこちら

NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (チームメイトの評価の上げ方)

新着スレッド(『NBA 2K22』/『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる