Gamerch
NBA2K21攻略Wiki

【NBA2K21】マイキャリアで自分の顔をスキャンする方法

最終更新日時 :
1人が閲覧中

NBA2K21のマイキャリアで自分の顔をスキャンして作成した選手に反映する方法を掲載しています。スキャンの手順やエラーが起きた時の対処法を紹介しているので、是非ご覧ください。

My NBA 2K21アプリをダウンロードする

自分の顔をスキャンするには、「My NBA 2K21」というアプリをダウンロードする必要があります。

このアプリは「Google Play」でも「App Store」でもダウンロードする事が出来るので、使用している端末に合わせてアプリをインストールしましょう。

アプリの表記を日本語にする事は出来ない

アプリは全て英語表記となっています。日本語に表記を変える事は出来ません。

スキャンの手順

スキャンの手順は以下の通りです。

  1. インカメラ、アウトカメラを選択する
  2. 帽子やサングラスを外す
  3. 光っているエリアに顔を合わせる
  4. 画面の指示に合わせてゆっくり顔を左右に回す
    (撮影している端末自体は動かさない)
  5. 画像をNBA2K21にアップロードして、本体で調整を行う

1人で撮るならインカメラがオススメ

最初に「Front-Facing Camera(インカメラ)」か「Rear-Facing Camera(アウトカメラ)」を使用するかを選ぶ選択肢が出ますが、1人で撮影する場合は「Front-Facing Camera」の方が撮影しやすいでしょう。


端末にアウトカメラしかない場合は、スマホスタンドなどで端末を固定してから撮影する事で1人で撮影する事が出来ます。

この場合は椅子に座り、体全体を回すように撮影するとブレを少なくして撮影出来ます。

顔を動かして撮影する

カメラを設定したら、端末の前で顔を動かして撮影していきます。

撮影が完了した箇所は緑色のマークが点灯するので、まだ灰色になっている角度に顔の角度を調整しましょう。


シャッター音が連続で鳴り始めた時は画面を確認しましょう。

カメラに顔が充分に写っていないか、右端、もしくは左端まで顔を撮影し終えた事を示しています。

なるべく明るい場所で撮影するとベスト

暗い場所で撮影すると顔に影が入ってしまい上手くスキャンされない事があるので、なるべく明るい場所で撮影しましょう。

もしうまく照明を調整出来るのであれば、顔全体が明るく照らされるようにするとキレイな写真を撮影出来ます。

NBA2K21に画像をアップロードする

撮影が成功したら撮影した写真と一緒に「RETAKE IMAGES」と「UPLOAD IMAGES」の二つの選択肢が出てきます。

撮影した写真に問題が無ければ「UPLOAD IMAGES」をタップしましょう。NBA2K21本編に撮影した顔のデータが送信されます。

もし撮影した写真に不満がある場合は、「RETAKE IMAGES」を選ぶ事で最初から撮影をやり直せます。

MyPLAYER外見からスキャンした顔を確認

撮影が完了したら、NBA2K21を起動してスキャンした外見を確認しましょう。

マイキャリアを開始後、「MyPLAYER外見」を選択します。

MyPLAYER外見に移動したら□ボタンを押して、「顔をスキャン」を選びます。

その後に〇ボタンを押して「スキャンデータの確認」を行いましょう。この時に撮影した顔をゲーム上に再現します。

エラーが出た時の対処方法

撮影した後に上の画面が出た場合は、顔を動かす速度が速すぎてうまくスキャンが出来なかったことを意味しています。

この画面が出た時は、さらにゆっくりと顔を動かす事を意識すると成功しやすくなります。

撮影時はスタンドがあった方が良い

手で端末を持った状態でも顔を撮影する事は出来ますが、顔を動かしながら端末を持っていると勝手に端末もズレてしまう事があります。

端末がズレて顔の動きが速いと上手く認識しない事が多いので、もしスマホスタンド等があるのであればスタンドで固定して撮影した方が安定して撮影できるでしょう。


スタンドが無い場合は両手で端末を持つ事で比較的ブレが少なくなります。

それでも首を大きく動かす事からブレが発生しやすいので、何度か試す必要が出てくる場合があります。



NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (自分の顔をスキャンする方法)

新着スレッド(NBA2K21攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ