Gamerch
『NBA 2K23』攻略Wiki

『NBA 2K23』The Wで選択出来るタイプ一覧

最終更新日時 :
1人が閲覧中

※当Wikiでは、以下の表記を用いています。

表記該当機種
次世代版PS5 / XBOX X|S
現世代版PS4 / XBOX ONE / Nintendo Switch / STEAM

『NBA 2K23』のThe Wで選択出来るタイプ一覧を掲載しています。どんなタイプであるか、またどんなタイプが良いかも紹介しているので、The Wを始める際の参考にしてください。

選手タイプ一覧

選手解説の上にある「18/30/14/15」などの数字は、「フィニッシュ/シュート/プレイメイキング/ディフェンス」のポテンシャルバッジポイントの総数を指します。

また同じ選手タイプであっても、ポジションによって若干バッジポイントの内訳が変化します。

オススメのスタイルは赤字で掲載

中でもオススメのタイプに関しては赤字で選手タイプを掲載しています。

迷った場合は赤字のタイプを選んでみると良いでしょう。

ポイントガード

選手タイプ各種ポテンシャルポイント
タイプ解説
スラッシュプレイメーカー21/14/22/13
フィニッシュ、プレイメイキングに長けた型。
ポイントガードの中では最もバランスが良く、得点も狙いやすい型。
インサイドアウトプレイメーカー19/19/21/11
ディフェンス以外バランスよく高い。
攻守兼備型スラッシャー22/13/19/16
スラッシュプレイメーカーより若干ディフェンスが堅い型。
3&Dポイント14/23/16/17
シュートが最も高く、それ以外は平均的。
万能スコアラー20/22/16/12
平均的に能力が高いが、ディフェンス面がやや低め。
オフェンススレット21/22/21/6
攻めに特化した選手。
分かりやすく得点しやすい型。
シャープシューター14/29/17/10
シュート能力が最もポイントガードで高い。
シュートを狙いたい場合はオススメ。
プレイメイキングシュートクリエイター20/21/22/7
オフェンススレットに近いが、少しプレイメイキングとディフェンスが固い。
ロックダウンディフェンダー17/12/16/25
ディフェンスに特化したポイントガードタイプ。
攻守兼備型プレイメーカー15/14/23/18
プレイメイキングとディフェンスが高めのタイプ。

シューティングガード

選手タイプ各種ポテンシャルポイント
タイプ解説
インサイドアウトプレイメーカー21/19/19/11
ディフェンスが少し低めで、それ以外バランスの良い型。
攻守兼備型スラッシャー23/13/17/17
シュートが少し低めで、それ以外はバランスよく高い型。
割と扱いやすく、得点を狙いやすいタイプ。
3&Dガード15/22/15/18
シュート、ディフェンスが高めの型。
3ポイントを狙いながらディフェンスもこなしたい場合向き。
万能スコアラー21/21/14/14
シュート、フィニッシュが高い。
オフェンススレット23/21/19/7
攻めに特化したタイプ。
他のポジションのオフェンススレットよりディフェンスが高めなのが特徴
シャープシューター16/28/15/11
シュートを狙いたい場合はオススメの型。
フィニッシュも高めなので得点を狙いやすい。
プレイメイキングシュートクリエイター23/20/20/7
オフェンススレットにかなり近い型。
微妙にでもプレイメイキングが欲しい場合向き。
ロックダウンディフェンダー18/12/14/26
得点を狙える程度のフィニッシュと、高いディフェンス値が特徴。
手堅く活躍しやすいビルド。
攻守兼備型プレイメーカー17/14/20/19
総じて平均的なビルド。
スラッシュプレイメーカー22/13/20/15
フィニッシュ、プレイメイキングが高い。
フェイクムーブでのワンマンプレイを強化したい場合はこれ。

スモールフォワード

選手タイプ各種ポテンシャルポイント
タイプ解説
オフェンススレット26/20/17/7
フィニッシュ、シュートが高め。
他ポジションよりややプレイメイキングが低め。
シャープシューター18/26/14/12
パワーフォワードでシュートを狙いたい場合向き。
中々バランスの良い性能なので、シュート狙いをしながら守ったり、レイアップを狙ったりすることも可能。
プレイメイキングシュートクリエイター25/18/20/7
オフェンススレットをプレイメイキングに傾けた型。
ロックダウンディフェンダー22/10/13/25
ディフェンス、フィニッシュに特化した型。
ペイントビースト28/11/12/19
ポストで特に強くなれるビルド。
ガンガンレイアップ、ダンクを狙いたい場合はオススメ。
攻守兼備型ポイントフォワード18/13/20/19
いずれの値も平均的なビルド。
スラッシュポイントフォワード24/12/19/15
フィニッシュ能力が高く、それ以外が平均的なビルド。
インサイドアウトポイントフォワード22/18/18/12
ディフェンス以外バランスよく高い型。
攻守兼備型スラッシャー25/11/16/18
ディフェンス、フィニッシュ、プレイメイキングが高い型。
3&Dウィング16/22/14/18
シュート、ディフェンスの高い型。
万能スコアラー24/19/13/14
フィニッシュ、シュートの高い型。
レイアップだけでなくシュートも狙ってみたい場合はオススメ。

パワーフォワード

選手タイプ各種ポテンシャルポイント
タイプ解説
シャープシューター17/27/12/14
シュート性能が高く、他の性能もバランスよく高いタイプ。
プレイメイキングシュートクリエイター24/18/19/9
フィニッシュが高く、シュート、プレイメイキングもそれなりに高いタイプ。
ポストスコアラー31/6/11/22
全タイプでも特にフィニッシュが高い型。
フィニッシュが高いタイプが欲しい場合はオススメ。
ロックダウンディフェンダー21/9/12/28
ディフェンスが高く、フィニッシュが高い型。
出来るだけペイントエリアで得点を狙いたい場合向き。
ペイントビースト28/10/11/21
ポストスコアラーよりもシュートを少し高めたタイプ。
攻守兼備型ポイントフォワード14/13/19/24
ディフェンスが高く、それ以外もバランスよく高いビルド。
スラッシュポイントフォワード19/12/20/19
シュートを除く全ステータスが平均的なビルド。
インサイドアウトポイントフォワード19/18/18/15
少しシュート、プレイメイキングを下げてさらに平均的に整ったビルド。
どんなプレイをしたいか分からない場合はこれを選んで適性を探すと良い。
攻守兼備型スラッシュフォー19/12/17/22
ディフェンスとフィニッシュが高い型。
万能スコアラー23/19/11/17
プレイメイキング以外のステータスが高い型。

センター

選手タイプ各種ポテンシャルポイント
タイプ解説
ポストスコアラー31/5/9/25
こちらもポストでの得点に特化したビルド。
背を最も高く出来るセンターとポストスコアラーの噛み合いも良い
ディフェンシブアンカー20/8/10/32
最もディフェンスの固いビルド。
ディフェンスを高めたい場合はこれがオススメ。
ペイントビースト27/10/9/24
ポストスコアラーよりもシュート、プレイメイキングが高め。
攻守兼備型スラッシュファイブ18/10/16/26
ディフェンスが固く、フィニッシュが高い型。
万能スコアラー23/18/10/19
プレイメイキング以外バランスの良い型。
バランスの良いセンターにしたい場合はオススメ
シャープシューター15/27/11/17
シュートが最も高いタイプ。
シュートを狙いたい場合はこれ。


NBA攻略Wikiのトップに戻る

コメント (The Wで選択出来るタイプ一覧)

新着スレッド(『NBA 2K23』攻略Wiki)

注目記事
ページトップへ
閉じる